ピクミンgo(ピクミンブルーム)格安simおすすめは楽天?UQ?mineo?ワイモバイル?

スポンサーリンク
デフォルト ピクミンブルーム(pikmin bloom)攻略

ピクミンgo(ピクミンブルーム)を快適にプレーするのにおすすめの格安simは?

通信量を元にピクミンgo(ピクミンブルーム)にぴったりの格安simはどこになるんでしょうか?

ピクミンgo(ピクミンブルーム)でたくさん遊びたい人は通信量で考えて格安SIMを選び格安でピクミンgo(ピクミンブルーム)を楽しみましょう。

スポンサーリンク

ピクミンgo(ピクミンブルーム)格安simおすすめは楽天?UQ?mineo?ワイモバイル?

まず、ピクミンgo(ピクミンブルーム)はをインストール後、チュートリアルをプレイしてすぐにゲーム本番を開始できます。このとき約50MBほどの通信量を消費することがあります。

ある程度、ピクミンgo(ピクミンブルーム)をプレイすると通信量が落ち着いてきます。通信量が一定となると1時間のプレイで通信量は6MB~10MB程度となります。

1日平均1時間(月間30時間)ほどピクミンgo(ピクミンブルーム)をした場合に月に使う通信量は300MBくらいで済みます。

仮に月間100時間(1日平均約3時間)遊んでようやくピクミンgo(ピクミンブルーム)は1GBを超えるかどうかといった通信量になってきます。

下記のようにピクミンgo(ピクミンブルーム)に人生をささげるくらいプレーをしても、1か月の通信量は2GBに行くかどうかといった感じです。

平日5日×5時間=25時間
休日2日×10時間=20時間
平日25時間+休日20時間=45時間
1時間10MB×45時間=450MB

1か月:4週間×450MB=1,800MB

ちなみに、格安SIMには「低速モード」と呼べる通信速度を落とした状態では通信量が発生しない無制限となる会社もあります。

■格安SIMごとの低速モードの速度
1Mbps UQ mobileのスマホプランR、ワイモバイルのスマホベーシックプランR、楽天アンリミットのパートナーエリア
500kbps mineoのパケット放題オプション
300kbps UQ mobileのスマホプランS、ワイモバイルのスマホベーシックプランS
240kbps OCNモバイルONE
200kbps IIJmio、mineoのパケットオプションなし、エキサイトモバイル、イオンモバイル、楽天モバイル、UQ mobileのデータ高速プラン、LINEモバイル(ドコモ回線とau回線(?))、LIBMOのライトプラン
128kbps LIBMOの通常プラン
100kbps ロケットモバイル、nuroモバイル、LINEモバイルのソフトバンク回線

200kbpsを下回る低速モードでもピクミンgo(ピクミンブルーム)は遊べるには遊べますが、地図上にピクミンが出ても反応が遅くなったり動作がカクカクして、だんだんイラついてくること必至。

だんだんとウザくなってくるし、そもそもピクミンgo(ピクミンブルーム)はデータ消費が少ないゲームので基本的には高速データ通信でピクミンgo(ピクミンブルーム)をするのがオススメです。

以上を踏まえて、ピクミンgo(ピクミンブルーム)で最もおススメの格安SIMはやはり楽天モバイルです。

楽天モバイルは月間の通信量が1GBまでなら無料という他の追随を許さない低価格を実現。

仮に楽天モバイルでピクミンgo(ピクミンブルーム)を遊びすぎてしまったとしても月額は約3300円を超えることはありません。

業界最安値を誇る格安SIMで楽天モバイルは2020年4月から自社回線サービスを開始し、ドコモ・au・ソフトバンクに次ぐ「第4のキャリア」となりました。

これにより、楽天モバイルは、以前の格安SIMサービスにおける回線混雑時に通信速度が遅くなるというデメリットを解消し安定した通信速度も保っています。

楽天モバイルの0円プラン詳細を見てみる&申し込みはこちら

第二位はワイモバイルです。

ワイモバイルはSoftbankのサブブランド的立ち位置の、Softbank回線を利用した格安SIM会社です。

通信速度は大手キャリアにひけ劣らない位安定しており、ピクミンgo(ピクミンブルーム)も動作が重くなるようなことはなくサクサクプレイすることができます。

ワイモバイルの特徴としては基本料金に1回10分までなら通話無料になるオプションが含まれていることで、通話頻度が高い方におすすめの格安SIM会社です!

しかし、料金プランが格安SIMの中では特に安くない・UQモバイルほど割引やキャンペーンが充実していないという理由から第二位です!

タイトルとURLをコピーしました