年に1度のビッグセール!amazonブラックマンデー

2021年11月26日(金)~12月2日(金)ポイント最大8%還元

amazonブラックマンデーの詳細&エントリー方法こちら

ピクミンgo(ピクミンブルーム)歩数稼ぎ!家は振り子で降る?

スポンサーリンク
デフォルト ピクミンブルーム(pikmin bloom)攻略

ピクミンgo(ピクミンブルーム)は歩いてなんぼのゲームアプリとなっていますが、歩かないでレベル上げが可能です。

結果から言えばスマホスインガーを使うと手っ取り早く家(自宅)で振り子を自動で振ることでピクミンgo(ピクミンブルーム)の歩数稼ぎができます。

スポンサーリンク

ピクミンgo(ピクミンブルーム)歩数稼ぎ!家は振り子で振る?

ピクミンgo(ピクミンブルーム)で歩数稼ぎするにはスマホを上下に振る必要があります。

「スマホスインガー」とか「回転スイング」といった名前で販売されている道具を使うと自動でスマホを振ることができます。

だいたい、1時間当たり8,000~10,000歩の歩数、4~6kmの距離を稼ぐことが出来ます。

iPhoneなら「ヘルスケア」で歩数・距離が増えていることを確認しましょう。

スマホスインガーはサイト内に組み立て動画があるので、説明書見て万が一わからないことがあったら、動画を見ながら組み立てをすればちゃんと動かすことが出来ます。

心配なのは、スマホスインガーのような道具を使っていることがバレるとアカウント削除(垢BAN)される心配がないのかどうかですが、今のところピクミンgo(ピクミンブルーム)公式サイトでは禁止されていないようです。

注意点としては、スマホを充電しながら振り子はできない(充電コードの重さで振り子が止まりやすくなるため)ので歩数稼ぎする前に十分に充電しておく必要があります。ただモバイルバッテリーにつなげておけば歩数稼ぎ中にバッテリー切れを起こす

ちなみに、ピクミンgo(ピクミンブルーム)でカウントされる移動距離にはGPSの移動距離を計測以外にもポケモンGOのような「いつでも冒険モード」でスマホの振動(歩数)から歩数を計測できるようになるとみられます。

ピクミンgo(ピクミンブルーム)を起動しているときは、実際にGPSが移動した距離を計測しているのに対し、スマホの機能と連動したモードでは、歩数(スマホの振動)を移動距離に換算して計測しています。

ポケモンGOでは「いつでも冒険モード」がONの状態でも、ポケモンGOアプリを起動しているときはGPSの移動距離が計測されるので、利用シーンによって使い分けると便利でした。

タイトルとURLをコピーしました