povoとahamoの違いを比較!どっちがお得?

スポンサーリンク
未分類

au(KDDI)によるpovoと、ドコモによるahamo(アハモ)の違いを比較しわかりやすくまとめています。

povoとahamoはどっちがお得なんでしょうか?

スポンサーリンク

povoとahamoの違いを比較

povoとahamoに加えて、ソフトバンクの格安プラン「Softbank on LINE」もまじえた比較表がこちら

auNTTドコモソフトバンク
プラン名povo(ポヴォ)ahamo(アハモ)Softbank on LINE
利用開始2021年3月~2021年3月~2021年3月~
月額料金2480円2980円2980円
データ容量20GB20GB20GB
かけ放題(1回5分まで)500円無料無料
国内かけ放題1500円1000円1000円
キャリアメールなしなしなし
家族割・光回線割引なしなしなし
eSIM対応未定対応
テザリング対応対応対応
申込先オンラインオンラインオンライン
特徴200円で24時間データ使い放題などをトッピングできる。与えられたデータ容量は、世界82の国と地域でも使用できる。LINEのデータ通信については使い放題になっている。

月間のデータ容量の上限は3社ともに横並びの20GBと差はありませんが、月額料金はpovoが500円ほど安くなっています。

年間だと6000円もの差になりますが、povoではその代わりに5分間以内の無料通話(かけ放題)はついていません。

かけ放題(1回5分まで)を加えるには+500円の追加料金が必要で、そうなると合計金額は2980円となりドコモ・ソフトバンクとは差がつかなくなります。

月額料金はpovoとahamoのどっちがお得?

povoとahamoを月額料金だけで比較をした場合、povoの方が500円ほど安いのでコストパフォーマンスは高いと言えるでしょう。

ここ1年程のスマホの利用方法を振り返ってみて、LINE通話ではなく電話での通話をした記憶がないのであれば、「かけ放題」のないpovoを選んだほうが間違いなくahamoよりもコストパフォーマンスは高くなります。

またpovoでうれしいのは200円で24時間データ使い放題のトッピングができること。

例えばZoomなどを利用したオンラインミーティングやオンラインセミナーを不定期で受講している場合にも、やはりpovoを利用したほうが良いといえるでしょう。

povoとahamoの違いに関するネットの反応

タイトルとURLをコピーしました