オルガリパコワ(カザフスタン騎手)プロフをwiki調査!種目は三段跳び

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

オルガ・リパコワ(オリガ・ルイパコワ)は2021年の東京オリンピック開会しでは、ウズベキスタン旗手を務めていました。

ファイナルファンタジーのゲーム音楽というBGMに合わせドレスをまとった姿がまさに「ゲームからそのまま出てきたようだ」と絶賛。

オルガ・リパコワ(オリガ・ルイパコワ)の気になるプロフィールをまとめています。

スポンサーリンク

オルガ・リパコワ(オリガ・ルイパコワ)wikiプロフィール

名前:オルガ・リパコワ(RYPAKOVA Olga、オリガ・ルイパコワ)

生年月日:1984年11月30日

年齢:36歳

身長:183㎝

体重:62㎏

出身国:カザフスタン

出身地:ウスチ・カメノゴルスク

オルガ・リパコワ(ロシア語:Ольга Сергеевна Рыпакова、旧姓:アレクセーワ)は、カザフスタンの陸上競技選手です。元々は七種競技の選手でしたが、走り幅跳びに専念するようになり、2007年以降は三段跳びにも出場するようになりました。2005年のアジアインドアゲームズでは女子五種競技で優勝し、翌年の2006年アジアゲームズでは七種競技で金メダルを獲得しました。

2008年の北京オリンピックでは両ジャンプ種目に出場し、三段跳びで15.11メートルのアジア記録を出して4位に入賞しました。リパコワ選手は、2007年と2009年の世界陸上にカザフスタン代表として出場しています。2010年のIAAF世界室内選手権では、アジア室内記録の15.14mのジャンプで金メダルを獲得し、初めて世界の表彰台に立ちました。

16歳で初めて世界ジュニア大会に出場し、2000年の世界ジュニア選手権陸上競技大会の走幅跳予選で11位に入賞した。2001年の世界ユース選手権では4位、翌年の世界ジュニア選手権では新進気鋭のカロリナ・クルフトに次いで銀メダルを獲得するなど、七種競技での活躍が目立った。2001年の世界ユース陸上で4位、翌年の世界ジュニア陸上ではカロリナ・クルフト選手に次ぐ銀メダルを獲得し、その年のカザフスタンの七種競技チャンピオンとなりました[2]。 複合種目にこだわり、国際大会にも出場するようになり、2003年のマルチスターズではシーズンベストの5位[3]、2004年には女子五種競技のインドアチャンピオンとなりました[2]。

9月に仁川で開催された2005年アジア陸上競技選手権大会の走幅跳に出場し、4位入賞を果たしました。9月に仁川で開催された2005年アジア陸上競技選手権大会の走り幅跳びに出場し、4位に入賞しました。2006年のアジア室内陸上競技選手権大会では、五種競技を続けて金メダルを獲得し、4582点のアジア記録と選手権記録を樹立しました。2006年IAAF世界インドア選手権では、初めてインドアの世界の舞台に立ったが、4368点で7位と振るわなかった。

2006年のIAAFワールドカップでは、アジア代表として初めて団体戦に出場しましたが、走幅跳では6.21mにとどまり、8位に終わりました。2006年のアジア大会では、七種競技で5955点を獲得して金メダルを獲得した後、走り幅跳びの個人戦に出場し、通常の7種目の枠を超えて活躍した[5]。

オルガ・リパコワ(オリガ・ルイパコワ)の経歴

2007年シーズンは、次々と大きな大会に出場しました。7月に開催された2007年アジア陸上競技選手権大会では、三段跳びで14.69mの大会記録と日本記録を含む水平跳びで2つの金メダルを獲得した[7]。 8月に開催された2007年夏季ユニバーシアード大会では、走幅跳びで6.85mの自己ベストを記録し、自国の陸上競技史上初の金メダルをもたらした。

その3週間後には、世界陸上に初出場し、三段跳びを選択して予選を4位で通過しました。三段跳びを選択した彼女は、予選を4位で通過しましたが、決勝ではその成績に及ばず、11位に終わりました。この年の締めくくりとして、2007年のアジアインドアゲームズに出場する予定でしたが、出場を辞退しました。

2008年には、アジアインドア陸上競技選手権大会の三段跳びで14.23mを記録し、2度目の金メダルと2度目の大会記録を達成しました。 しかし、14.58mの三段跳びはインドアのアジア記録を樹立したものの、マリヤ・シェスタクを銅メダルに押しやるには至らなかった[9]。 同じような苦い結果が、カザフスタン代表として初めて夏季オリンピックに出場したときにも待っていた。彼女は水平跳びの両種目に出場し、オリンピックの三段跳びコンテストでは15.11mのアジア新記録を達成した。しかし、銅メダルを獲得したギリシャのHrysopiyi Devetzi選手とは約10cmの差がありました。走り幅跳びの予選では、控えめなジャンプで決勝進出を逃し、オリンピックは幕を閉じました。

翌年、2度目の屋外世界選手権に参加しましたが、2009年の女子三段跳びでは13.91mのベストマークを出して総合10位に終わり、以前のような活躍はできませんでした。このように世界では不振だったものの、大陸では圧倒的な強さを発揮し、2009年のアジアインドアゲームズでは走り幅跳びと三段跳びの両方で金メダルを獲得した(2つの大会記録を樹立し、カザフスタンの陸上競技メダルランキングのトップに立った)[10]。 この年の最後の大会となった2009年のアジア陸上競技選手権では、三段跳びのタイトルを保持し、14.53mのジャンプでシュー・ティンティンとイリーナ・リトビネンコを破った。

2012年11月8日 カザフスタン ロンドンオリンピック代表のオルガ・リパコワが、ズルフィヤ・チンシャンロ、イリヤ・イリインとともに、アジアの最優秀アスリートとして、オリンピック評議会アジア賞を受賞。

世界室内選手権優勝
2010年初め、彼女は走り幅跳びと三段跳びの国内インドアチャンピオンになり[2]、2010年IAAF世界インドア選手権では三段跳びでの出場を選択しました。決勝では自己ベストを連発し、ディフェンディングチャンピオンのヤルゲリス・サヴィーンと金メダルをかけて戦いました。第4ラウンドで14.93mを跳んで1位を決め、競争のプレッシャーから解放された彼女は、最後のジャンプで15.14mを跳び、元世界チャンピオンのアシア・ハンセンとタチアナ・レベデワに次いで、室内での3番目の長さのジャンパーになるという新たなレベルに到達しました[12]。

オルガ・リパコワ(オリガ・ルイパコワ)の戦績

■自己ベスト
走幅跳の自己ベストは、2007年のユニバーシアード・バンコク大会で記録した6.85メートルです。三段跳びでは、2010年にスプリットで開催されたIAAFコンチネンタルカップで記録した15.25メートルが最高で、この種目のアジア記録となっています。また、三段跳びでは、2010年IAAF世界室内選手権で記録した15.14mが、現在のアジア室内記録となっています。室内五種競技のベストスコア4582点もアジア室内記録です。七種競技のベストは、2006年のアルマトイ大会で記録した6113点です。

■オリンピック
金メダル 2012 London 三段跳び
銀メダル 2008 Beijing 三段跳び
銅メダル 2016 Rio de Janeiro 三段跳び

■世界選手権
銀メダル 2011 Daegu 三段跳び
銅メダル 2015 Beijing 三段跳び
銅メダル 2017 London 三段跳び

■世界室内選手権
金メダル 2010 Doha 三段跳び
銀メダル 2012 Istanbul 三段跳び
第3位 2008 Valencia 三段跳び

■アジア大会
金メダル 2006 Doha 七種競技
金メダル 2010 Guangzhou 三段跳び
金メダル 2014 Incheon 三段跳び
金メダル 2018 Jakarta-Palembang 三段跳び
銀メダル 2010 Guangzhou 走り幅跳び
第3位 2006 Doha 走り幅跳び

■アジア室内選手権
金メダル 2005 Pattaya 五種競技
金メダル 2009 Hanoi 走り幅跳び
金メダル 2009 Hanoi 三段跳び

■Asian Indoor and Martial Arts Games
金メダル 2017 Ashgabat 走り幅跳び
金メダル 2017 Ashgabat 三段跳び

オルガ・リパコワ(オリガ・ルイパコワ)のツイッターやインスタグラム

オルガ・リパコワ(オリガ・ルイパコワ)のツイッター

オルガ・リパコワ(オリガ・ルイパコワ)のインスタグラム
@olgarypakova_official

オルガ・リパコワ(オリガ・ルイパコワ)のフェイスブック

オルガ・リパコワ(オリガ・ルイパコワ)の身長・体重は?

オルガ・リパコワ(オリガ・ルイパコワ)さんの身長体重は次のとおりです。

身長:183㎝

体重:62㎏

オルガ・リパコワ(オリガ・ルイパコワ)の結婚した旦那は?

オルガ・リパコワ(オリガ・ルイパコワ)は旧姓が「アレクセーワ」ということなので、どうやら結婚をしているようです。

タイトルとURLをコピーしました