プライバシーレポートでトラッカーを阻止しましたとは?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

iphoneのsafariでプライバシーレポートというのが表示されるようになりました。

「○件のトラッカーを阻止しました」といったメッセージが表示されるようになりましたがトラッカーとは?

スポンサーリンク

プライバシーレポートでトラッカーを阻止しましたとは?

iphoneをiOS15にアップデートするとsafariのプライバシーレポートで

「○件のトラッカーを阻止しました」
「過去7日間に〇〇件のトラッカーによるプロファイリングが阻止されあなたのIPアドレスは既知のトラッカーに対して非公開になりました」

として表示されるトラッカーはウイルスやフィッシング詐欺・ランサムウェアなどではありません。

プライバシーレポートとはiOS15に追加した新しいプライバシー機能です。Safariブラウザでのみ利用できます。

トラッカーとは閲覧データを収集したりするものです。

ただ最近は、プライバシーに関する事なのでSafariなどでは、ブロックできるようになりました。

ウェブサイトを閲覧しているときに、サイトがあなたの情報を追跡するボットを用意しています。主にCookieです。

Cookieにはユーザーにメリットがあるやつとメリットが全くないやつがあります。Safariはユーザーにメリットがあるやつ以外を自動でブロックしてくれるようです。

WEBにおいてトラッカーとは追跡者を意味し、どのようなWEBサイトを閲覧したかのアクセス解析に用いられるプログラムの総称です。その目的はさまざまですが、閲覧したWEBサイトの傾向からユーザの関心事項や興味がある製品を割り出し、広告の表示に役立てることが広く行われています。たとえば、オンラインショッピングで見た商品がやたらと広告に表示されるようになるのは、トラッカーが収集した情報によるものです。そのトラッカーをしプロファイリングIPアドレスを非表示する事により防ぐものです。
そのIPアドレスが非表示になっていないということだと思います。

非表示のやり方としては、

①まず、iPhoneまたはiPadで設定アプリを開きます。

②設定で、下にスクロールして「Safari」をタップします。

③次のページで下にスクロールして、「プライバシーとセキュリティ」セクションを見つけます。 オプションを見つける必要があります‘IPアドレスを非表示にします。

④次のページには、3つのオプションがあります。トラッカーとウェブサイトトラッカーのみオフ

⑤トラッカーとウェブサイトの両方からIPアドレスを非表示にする場合は、 [トラッカーとウェブサイト] オプションを選択します。

以上です!これで完了です。これにより、ウェブサイトがユーザーの閲覧習慣を追跡できなくなります。

タイトルとURLをコピーしました