NYでピザもらったホームレスの正体はリチャードギアだった?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

ニューヨーク、マンハッタンの路上に立つホームレスの男性にフランスから旅行に来ていた女性が持っていたピザを差し出しました。

ところがこのホームレスの正体が意外な人物だったことで話題となりました。

スポンサーリンク

NYでピザもらったホームレスの正体はリチャードギアだった?

あるフランス人観光客の心優しい行動が、非常にユニークな理由で世界の注目を集めました。

「ホームレスの男性にピザをあげたら、そのホームレスがリチャード・ギアだったんです」と、その行動が話題となったンはカリーヌ・ゴンボーさん。

パリ出身のゴンボーさんは先週、ニューヨークの有名なリトル・イタリー地区を訪れた際、ゴミをあさっている男性を見かけたという。

ホームレスだと思った彼女は、食べ残しのピザを渡したのですが、その男性がハリウッドの大スター、リチャード・ギアだとは思いもしなかったそうです。

「彼はゴミ箱をあさっていて、私は食べ物を持っていたんです。」と自分のピザを食べるべきだと思ったそうです。

「彼はキャップをかぶって、髭を剃っていないような格好をしていた」「荒れた時間を過ごしている男のように見えた」とカリーヌ・ゴンボーさんは話しています。

ピザを手渡す際、ホームレスにふんしていたリチャード・ギアは、「これは何?」と尋ねられると、カリーヌ・ゴンボーさんは「バーベキューチキンのピザだ」と回答。

リチャードギアは「神のご加護を」とお礼を言い、決して自分が俳優であることを明かさなかったとそうです。

カリーヌ・ゴンボーさんが事情を知ったのは翌朝、朝食を食べているときのこと。

新聞で自分まさに遭遇した写真を見るまで、全く知らなかったという。

ホテルのウェイターが気を利かせて、その日の新聞に掲載された写真をわざわざ持ってきてくれたそうです。

「突然、ニュースを見て顔を上げると、そこには自分が写っていたのよ。」とカリーヌ・ゴンボーさんはは振り返っっています。

カリーヌ・ゴンボーさんはリチャードギアが2002年に出演した映画『シカゴ』のファンだという。「彼はいい役者よ」

の記事を読むと、昨日出会った浮浪者が、実は○○○万元を超えるハリウッドのスーパースターであることがわかったのです。リチャード・ギア(Richard Gere)である。

当時66歳のリチャード・ギアは新作映画「Time Out of Mind」でホームレスを演じていました。

ボロボロの服を着てニューヨークの路上でゴミ箱を回していているシーンを撮影したところ、たまたまカリーヌ・ゴンボーさんが話しかけてしまったというわけです。

リチャード・ギアが演じていたジョージは死別した妻との間に娘が居るものの、職に就かず、女に捨てられ、契約の切れたアパートも追い出された男、疎遠な関係だったためホームレスの生活を選択したという設定でした。

「タイム・アウト・オブ・マインド」の撮影隊が一部始終を撮影していたので、この心温まるシーンも全て記録されていたのでした。

Time Out of Mind Official Trailer #1 (2015) – Jena Malone, Richard Gere Movie HD

<あらすじ>
ニューヨークで学生時代から付き合っていたウィル(オスカー・アイザック)とアビー(オリヴィア・ワイルド)は、第一子の誕生を間近に控え幸せに満ちあふれていたが、悲惨な事故に巻き込まれる。

一方、旅先のニューヨークで偶然その事故に深く関わってしまった少年は、その出来事をきっかけに、スペインで両親と父の雇い主であるオリーブ園のオーナー(アントニオ・バンデラス)の人生を変えることになる。

タイトルとURLをコピーしました