履正社高校サッカー部メンバー2020|出身中学や進路は?監督は?

スポンサーリンク
0未分類

履正社高校が2020年の第99回全国高校サッカー選手権大会に出場し、初戦は新潟県代表の帝京長岡高校と対戦します。

スポンサーリンク

履正社高校サッカー部メンバー2020

履正社高校は大阪高校総合体育大会兼全国高校サッカー選手権大阪大会決勝で金光大阪高校と対戦。

履正社は両サイドバックが度々攻撃参加しチャンスを作る戦術で31分に右CKが起点となりFW神田がヘディングシュートを決めて先制

4試合連続ゴールを決めたFW神田の1点を守り切り、6年ぶり3度目の優勝・全国大会出場を決めました。

1 GK 杉村斗磨 3年 ヴィッセル神戸U-15
21 GK 平尾駿輝 2年 五領中
2 DF 寺本悠晟 3年 ガンバ大阪Jrユース
3 DF 李泰河 3年 セレッソ大阪西U-15
4 DF 船田陸人 3年 千里丘FC
5 DF 前田寛太 3年 Avenidasol FC
6 DF 菅澤烈 3年 ガンバ大阪Jrユース
17 DF 向晃生 3年 岩出FCAZUL
23 DF 村木健斗 3年 千里丘FC
7 MF 竹腰智也 2年 京都サンガF.C.U-15
8 MF 平岡太陽 3年 セレッソ大阪西U-15
11 MF 井谷洸一郎 3年 千里丘FC
14 MF 山口奏七 3年 千里丘FC
15 MF 池田喜晴 3年 ガンバ大阪Jrユース
16 MF 赤井瞭太 3年 Avenidasol FC
22 MF 浅野大生 3年 SC大阪エルマーノ
9 FW 神田拓海 3年 ガンバ大阪Jrユース
19 FW 李晃輝 3年 SC大阪エルマーノ
18 FW 宮路峻輔 2年 ガンバ大阪Jrユース
20 FW 廣野大河 2年 LEO SC

履正社高校サッカー部の注目選手は?

平岡大陽

ボランチの位置で履正社の中盤を支える平岡大陽選手はJ1湘南ベルマーレに内定。

左利きで技術とボール奪取能力に優れた豊富な運動量で常にボールに関わり続けることができ、攻守において存在感を発揮できる選手

中学時代はセレッソ大阪西U15に在籍し上位のカテゴリーを目指していたたものの、昇格できなかったことから履正社高校に進学。

高校卒業後はプロ入りするよりも大学進学を考えていたそうですが、湘南ベルマーレから声がかかったことからプロの道に進むことを決断。

「自身の実力のうち才能は40パーセント以下で、残りは努力、人間性」と謙虚な姿勢も評価されているようです。

神田拓海

2020年の選手権・大阪予選で6回戦から決勝まで4試合連続ゴールを決める活躍を見せているのが神田拓海。

チームの絶対的エースで準決勝では阪南大高に先制された後での貴重な同点ゴールを決めています。

履正社高校サッカー部の監督は?

名前:平野直樹
生年月日:1965年11月2日
年齢:55歳
出身地:三重県

平野直樹さんは2003年に履正社高校サッカー部が創設されると同時に監督に就任しています。

現役時代は四日市中央工業高校から順天堂大学、そして松下電器でプレーしていて、

高校3年時の1983年に高校総体に出場し決勝の水戸商業高校戦では決勝点をあげて初優勝に貢献したほか、
冬の高校選手権ではベスト4進出[4]。大会優秀選手に選出されています。

松下電器では1988年からプレーしており1991年の天皇杯優勝に貢献するなど、1部通算28試合に出場し1得点1アシストを記録。

1992年現役引退すると

G大阪ユース コーチ
G大阪ジュニアユース 監督
ベガルタ仙台 トップチーム コーチ、ユース監督
星稜高校 監督

などを歴任しています。

2018年1月には日本高校サッカー選抜の監督に就任するとデュッセルドルフ国際ユースサッカー大会ではチームを優勝に導いています。

履正社高校の歴代成績

全国高校選手権出場:2回(いずれも8強進出)
全国高校総体出場:3回(8強2回)

タイトルとURLをコピーしました