佐伯文(流浪の月)ふみの病名・病気は?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

佐伯文(ふみ)「流浪の月」に登場する人物で映画では松坂桃李さんが演じていました。

広瀬すずさん演じる事情を抱えた少女・更紗(さらさ)を家に招き入れたことから誘拐犯とされる孤独な大学生でしたが、佐伯文(ふみ)の病気の病名は?

■流浪の月あらすじ
雨の公園で、10歳の少女・家内更紗がびしょ濡れになっているのを目にした19歳の大学生・佐伯文。更紗に傘を差し出した文は、引き取られている伯母の家に帰りたくないという彼女の気持ちを知り、自分の部屋に入れる。そのまま更紗は文のもとで2か月を過ごし、そのことで文は誘拐犯として逮捕されてしまう。被害女児、加害者というらく印を押された更紗と文は、15年後に思わぬ再会を果たす。

スポンサーリンク

佐伯文(流浪の月)ふみの病名・病気は?

【映画評】李相日監督「流浪の月」…広瀬すずと松坂桃李、瞳に映る絶望と諦念と一筋の希望

目の前にある人やものごとを、まっすぐに見ることは難しい。シーザーも言ったように、多くの人は自分が見たいと思うものしか見ない。よく見ないまま目をそらすか、乱暴にレッテルを貼るかして思考停止、というのが大方の現実だろう。でも、物語の力を借りれば――。本屋大賞を受賞した凪良(なぎら)ゆうの同名小説をもとにした本作で、李(リ)相日(サンイル)監督は世の中を覆う思考停止にあらがう。俳優の力、映像の力、物語の力を総動員して、文字通り、凝視を誘う。見る者の目をまっすぐスクリーンにひきつける。

https://news.yahoo.co.jp/articles/51052c3fae13b7594de37e489d3a93668bae0455

「流浪の月」に登場する佐伯文(ふみ)は、第二次性徴に問題がありました。

周囲からはロリコンだと見られていましたが、実際には「ロリコンだと思わせていた」だけで、その理由が、自分は周りの子たちとの違って二次性徴が現れないことに気づいたことから。

本の中で病名は出てきませんが、調べてみると、性腺機能低下症の中の一部に分類される、

類宦官症(るいかんがんしょう)

カルマン症候群

などが該当しそうです。

ただカルマン症候群の条件の一つに嗅覚異常があるとされます。

コーヒーの専門知識を得ることが出来た文の病気の病名は、類宦官症の可能性が高そうです。

■カルマン症候群
本疾患では嗅覚の低下が見られ、剖検例では嗅球形成不全が認められる。また、第二次性徴はほとんど見られない。本疾患は、性腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH)が遺伝子異常により合成されないためにおこる。成長ホルモンは正常に分泌されるため身長などの発育は正常であり、そのため病識がない患者も多い。
出典:Wikipedia

佐伯文(流浪の月)ふみの病名・病気にネットの反応は?

タイトルとURLをコピーしました