瀬﨑祐介のwikiプロフ調査!クラシック節(本枯節の鰹節)通販お取り寄せは?

スポンサーリンク
未分類

瀬﨑祐介さんは昔ながらの製法で鰹節を生産する職人で、クラシック音楽を聞かせるという独特の手法で「クラシック節」というブランドを確立。

「プロフェッショナル 仕事の流儀」でも紹介された瀬﨑祐介さんの気になるプロフィールをまとめています。

スポンサーリンク

瀬﨑祐介の鰹節・クラシック節を通販お取り寄せ

鰹節は世界一かたい発酵食品。

かつお節には大きく分けて「荒節」と「枯節」の2種類があります。

荒節:かつおを煮詰めて煙でいぶしただけのもの

枯節:荒節にかつお節菌を発酵させたもの

枯節の中でも更に天日干し、カビ付けを3~4回以上繰り返して熟成させ、出荷までにさらに1年以上を費やすものを「本枯節」と呼びます。

日本では焼津(静岡)、指宿(鹿児島)、枕崎(鹿児島)の3箇所がかつお節の三大産地とされていて、

鰹節の枯節(カビ付節)を作る作業で最も重要なのがカビ付け作業とされていて、
瀬﨑祐介さんの手掛けるクラシック節は、カビ付け工程中の倉庫内でモーツアルト作曲の「クラシック音楽」を流すことで、カビが鰹節に与える効果の活性化させています。

クラシック音楽を音楽を植物の栽培や食品加工に活かすアイデアは以前から日本酒などでも用いられていて、
ある日本酒にモーツアルトを聴かせると酵母が一番密度が高く、最高で十倍になるという事例もあるそうです。

瀬﨑祐介さんもそこで、クラシック音楽が鰹節に聴かせないか?とひらめきます。

実は鰹節の熟成に必要なカビと、酒造りや味噌造りにも使われる麹菌と同じ種属のカビ。

鰹節に最初に生えてくるカビは、ペニシリウム属というパンに生えるのと同じ系統のアオカビなんですが、天日干しを繰り返していくうちに、アスペルギルス属という別の種類のカビに変わってきます。

このアスペルギルス属という別の種類のカビと麹菌が同じ種属のカビであることから、瀬﨑祐介さんは同じモーツアルトの曲をカビ付け行程中に流すことにしたそうです。

ちなみに、クラシック節の製造過程は次のようになっています。

引用:http://kaneshichi.co.jp/

一、生切り
頭落とし→腹皮切り→内臓取り→背皮
突き→中通し→三枚卸→合断ち

二、籠立て
切り分けられたカツオを煮カゴに並べます。

三、煮塾
カツオを煮ます。

四、骨抜き
骨を抜きます。

五、修繕
カツオのすり身を亀裂に埋め込みます。

六、焙乾
※急造庫で燻します。

七、表面削り
表面を削り、整形を行います。

八、カビ付け
カビ付けと天日干しを三~四回繰り返し行います。

九、製品
本枯節は、生切りから製品になるまで約半年かかります。

こうして手間暇をかけて作られたクラシック節は、もちろん流通量はそれほど多くはありませんが、運が良ければネット通販でもお取り寄せは可能です。

クラシック節にこだわらず、通常の本枯れ節の鰹節であれば、ネット通販でもほぼ年間を通じて安定して通販お取り寄せが可能です。

枕崎鰹節 マルチョウ 鰹本枯節 女節 1箱(5本ー6本)

本枯節 雄節雌節セット 合計約350g前後 かつおぶし 鰹節 本枯れ節

瀬﨑祐介wikiプロフィール

金七商店の本枯節 (クラシック節) Dried bonito in japan~"honkarebushi"

名前:瀬﨑祐介

生年月日:1980年3月26日

年齢:31歳

瀬﨑祐介さんが、家業の鰹節づくりに取り組むようになったのは大学卒業後。

実家の金七商店は、曾祖父の初代・瀬崎清さんが1955年、熊本県天草で創業すると、鮮魚等で仕事を広げる為に鹿児島県枕崎市に移転。

祖父が鯖節と鰹節製造に力を入れ始めそして、父親が社長に就任すると鰹節メインに切り替えたそうです。

HOME | クラシック節 -金七商店-
クラシック節は、倉庫内にモーツアルト作曲の「クラシック音楽」を流し、カビが鰹節に与える効果の活性化を願い、製造した鰹枯れ節です。

■株式会社 金七商店
〒898 0018 鹿児島県枕崎市桜木町382
電 話 : 0993-72-1894
メール : info@kaneshichi.co.jp
フェイスブック:@kaneshichisyoten

瀬﨑祐介の経歴

4代目となる瀬崎祐介さんは、

「もっと鰹節を知ってもらいたい」、
「もっと美味しい鰹節を作りたい」

という思いから、鰹節『クラシック節』の製造を開始すると、2016年全国鰹節類品評会、通称・鰹節オリンピックにて農林水産大臣賞を受賞。

瀬﨑祐介さんの働きぶりはNHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」でも紹介されました。

■放送内容
「一節入魂、己を込める?鰹(かつお)節職人・瀬﨑祐介?」
キロ3万3千円、史上最高額の値が付いたかつお節の作り手が鹿児島県枕崎にいる。瀬﨑祐介(40)が生み出すその味は国内はおろか世界の名だたる三つ星シェフをも魅了してきた。手がけるのは日本古来の本枯節。半年近い時間をかけうまみを凝縮したその節には宝石のような光沢が宿り、ひとたび出汁(だし)をひけば食材の魅力を何倍にも引き立てる。かつて己の弱さと向き合えず逃げ出そうとした過去。若き求道者の迷いと成長の物語

引用:https://www.nhk.jp/p/professional/ts/8X88ZVMGV5/episode/te/X4J8MVY211/

瀬﨑祐介のツイッターやインスタグラム

瀬﨑祐介のツイッター

瀬﨑祐介のインスタグラム

瀬﨑祐介のフェイスブック

瀬﨑祐介の高校や大学など学歴は?

瀬﨑祐介さんの通っていた高校については学校名は明らかになっていないものの福岡の大学は美術系の学校だったようです。

クレイアートを学び、仕事は映像関係をしたいと就職活動で内定ももらっていたそうですが、「自分が本当にやりたいのはかつお節を作りだ」と気づき内定を辞退して家業を継ぐ決意をしたそうです。

瀬﨑祐介の結婚した嫁や子供は?

瀬﨑祐介さんには4歳から家業を手伝う稜空(りく)君という息子がいるので、結婚はしていると思われます。

瀬﨑祐介の年収は?

調査中

タイトルとURLをコピーしました