レジ圧とは?レジ袋有料化でエコバッグの袋詰め時間が話題に#グッとラック

スポンサーリンク
未分類

エコバッグで新たな問題?“レジ圧”・袋詰めで時間かかり無言の圧力
レジ袋有料化をめぐる様々な問題。レジハラ、エコバッグ万引き、ポリ袋ハンターを紹介してきたが、今回は「レジ圧」について紹介。レジに居る時に圧力を感じる..

スポンサーリンク

レジ圧とは?

レジ圧については、朝の情報番組「グッとラック」では次のように紹介されていました。

「客自らがエコバッグに袋詰めする間、ほかの客が並んでしまうことで感じる無言の圧力」

実際にレジ袋有料化に伴ってレジに要する時間が、

有料化前 1分6秒
有料化後 1分38秒

といった感じでレジ業務の平均時間が長くなっていることも紹介されて、エコバッグ施策でコンビニレジの流れが悪くなっていることも明らかにされています。

ネットでは「レジ圧」について肯定的に共感する人が多く「確かにレジ圧を感じるわ」という声も多くみられますが、
「店員が会計している間、客はぼっーと見ていないで精算した商品を袋詰めすれば良い」という考え方もあります。

つまりエコバッグ持参で買い物をすることが奨励されている現在は、従来のように「購入したものは店員さんが詰めてくれるもの」という考え方をきっぱり捨てて、

購入したものは自分で詰める
レジ圧を感じないために会計が終わったものからどんどんエコバッグに詰める

といった心がけというか工夫が必要になりそうですね。

レジ圧に関するツイッターの反応

タイトルとURLをコピーしました