敷根崇裕の高校や身長をwiki調査!成績や東京五輪は?#フェンシング

スポンサーリンク
未分類

敷根崇裕さんはフェンシング選手で、国際大会では11年ぶりとなるメダルを獲得。

東京五輪出場も内定しメダル獲得の期待も背負う敷根崇裕さんの気になるプロフィールをまとめています。

スポンサーリンク

敷根崇裕wikiプロフィール

名前:敷根崇裕(しきね たかひろ)

生年月日:1997年12月7日

年齢:23歳

競技:フェンシング

出身地:大分県大分市

小学校:甲府市立石田小学校

中学校:北区立稲付中学校

出身高校:東亜学園高等学校

最終学歴:法政大学法学部法律学科

身長:180㎝

体重:70kg

所属:NEXUS

出身地は大分県大分市となっていますが、どうやら幼い頃にすぐに山梨県に引っ越しをしたようです。

もともとフェンシング選手だった父親・裕一の影響で敷根崇裕さんも幼稚園のときにフェンシングを始めています。

敷根崇裕の成績

敷根崇裕選手は2015年11月、高校3年のときにフェンシング・ワールドカップで男子フルーレ団体メンバーとして日本代表デビューを果たします。

その後、さまざな国際大会で上位入賞・メダル獲得していますが、2021年3月にはフェンシング男子フルーレ グランプリ ドーハ大会で銀メダルを獲得。

決勝では世界ランキング3位のMEINHARDT選手を相手に11-15で敗れたものの、見事準優勝に輝き、
2010年日本大会の太田雄貴・現日本フェンシング協会(以後FJE)会長以来、実に11年ぶりとなるグランプリ大会でのメダル獲得となりました。

■敷根崇裕選手選手の主な成績(国際大会)
2017年 フェンシング世界選手権(ライプチヒ) – 男子フルーレ個人 銅メダル
2017年 夏季ユニバーシアード – 男子フルーレ団体 金メダル
2018年 アジア競技大会(ジャカルタ)男子フルーレ団体 銅メダル
2019年 アジア選手権(千葉)男子フルーレ個人 金メダル
2019年 アジア選手権(千葉)男子フルーレ団体 金メダル

敷根崇裕の東京五輪は?

敷根崇裕選手が、日本男子フルーレで11年ぶりにメダル獲得したフェンシング男子フルーレ グランプリ ドーハ大会は、東京2020オリンピックに向けた選考レースも兼ねていました。

大会開催前、敷根崇裕選手のランキングは日本人選手トップの世界ランク20位、オリンピックランキング23位でしえたが、
試合後に更新された国際連盟のランキングで日本人最上位の12位に浮上。

敷根崇裕選手は団体戦で出場権を得ている国や地域の選手を除いて個人ランキングでアジア・オセアニア地区の上位2位以内入ったため、初の五輪代表に内定しました。

個人戦で東京オリンピックの出場権を満たし、日本代表入りを確実にしました。

最終結果として日本は女子フルーレで団体枠を、その他の男女全種目でそれぞれ個人枠1を獲得しました。

開催国枠も含めて全部で8人の選手が出場できるようになりましたが、
敷根崇裕選手に加えて女子の上野優佳、東晟良の2名がフェンシングの東京五輪代表に決まっています。

現時点で有力候補とされるのは、2020年1月の女子フルーレ団体W杯で優勝した時のメンバー

東晟良
東莉央
辻すみれ
菊池小巻

などがいます。

他の有力候補としては、父親がフェンシング協会の幹部を務めている宮脇花綸選手がいます。

引用:【フェンシング】フルーレGPドーハ大会:敷根崇裕が銀メダル獲得…東京五輪予選期間が終了

■男子フルーレ日本人結果
2位:敷根崇裕
24位:大石利樹
41位:松山恭助
47位 :伊藤拓真
59位 :永野雄大
62位:西藤俊哉
64位:鈴村健太
67位:安部慶輝
68位:上野優斗
70位:三宅諒
72位:藤野大樹
85位:飯村一輝

■女子フルーレ日本人結果
10位:東晟良
22位:狩野愛巳
45位:辻すみれ
52位:菊池小巻
67位:西岡詩穂
79位:柳岡はるか
85位:東莉央
99位:狩野央梨沙 
103位:久良知美帆 
113位:森千絢
117位:宮脇花綸
139位:梅津春香

敷根崇裕のツイッターやインスタグラム

敷根崇裕のツイッター
@st_fencing

敷根崇裕のインスタグラム
@shikine_fencing

敷根崇裕の高校や大学など学歴は?

敷根崇裕さんの通っていた高校は、フェンシングの強豪校で、全国制覇を10回を誇る東亜学園高等学校です。

高校時代、敷根崇裕選手は国内の大会で次のような成績を残しています。

■2014年(高校2年)
インターハイ 団体 優勝、個人フルーレ 3位、
高校総体   エペ 優勝

■2015年(高校3年)
高校総体   団体3位、個人フルーレ 2位、個人エペ 2位

大学は法政大学法学部法律学科です。

敷根崇裕の身長・体重は?

敷根崇裕さんの体重については具体的な数字は公表されていないものの身長は182cmです。

敷根崇裕の父親や兄弟は?

敷根崇裕選手の父親は敷根裕一(ゆういいち)という名前で、元フェンシング選手です。

鹿児島県立南高校、法政大学でフェンシングしていて、全日本選手権2位入賞という成績を残しています。

指導者としてかつては大分県津久見高校でフェンシング部の監督をしていましたが現在は拠点を東京に移して日本代表候補が数多く在籍するNEXUSフェンシングチームでフルーレのコーチをしているようです。

母親の直子さんも元フェンシング選手でどうやら国体にも出場したことがあるほどの実力者。

そして、兄の章裕さんもフェンシング選手で法政大学フェンシング部の主将を務めていたという、敷根崇裕さんはフェンシング一家で育っています。

敷根崇裕のスポンサーは?

敷根崇裕選手は現在、NEXUSという会社に所属し、フェンシングクラブで腕を磨いています。

NEXUSの社会人フェンシングチームは名門中の名門で、これまでに4大会連続のオリンピック出場を果たしています。

リオ五輪フェンシング日本代表の男子エペ・見延和靖選手、女子フルーレ西岡詩穂選手、女子サーブル青木千佳選手が所属しています。

タイトルとURLをコピーしました