平原敏英の経歴をwiki調査!大学の学歴や結婚は?#横浜副市長

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

平原敏英さんは2016年に横浜市の林文子市長から副市長に初選任されると2020年(令和2年)4月1日再任。

任期満了日は2024年となっていましたが、2021年8月にカジノIR業者から接待を受けていた疑惑が報道されています。

平原敏英さんの気になるプロフィールをまとめています。

スポンサーリンク

平原敏英wikiプロフィール

名前:平原敏英(ひらはら としひで)

出身地:東京都

生年月日:1958年12月12日

年齢:63歳

出身大学:武蔵工業大学(現・東京都市大学)工学部土木工学科

職業:横浜副市長、土木技術者

平原敏英の経歴

平原敏英さんは昭和56年に横浜市役所に入ると、土木技術者として一貫して都市整備畑を歩んだが、「影の横浜市長」と呼ばれた菅義偉官房長官(当時)に課長時代に見出されるると、戸塚駅周辺再開発事務所長や都市整備局副局長を歴任。

平成25年から都市整備局長に就任すると横浜市都市整備局長兼横浜高速鉄道取締役を経て、2016年3月31日に任期満了退任する鈴木伸哉副市長の後任に「菅人事」により副市長に抜擢されています。

建築局、都市整備局、道路局、港湾局、横浜市交通局、旭区、戸塚区、栄区、泉区、瀬谷区を担当するとともに、横浜新都市センター取締役を兼務しています。

平原敏英副市長はカジノを含む統合型リゾート施設(IR)誘致に関して

「訪日外国人の宿泊数の伸び率が全国的に見て低く、8割以上が日帰りである」
「人口減少や税収減」
「市が管理している道路の修繕や小中学校の建替え、災害対策費用で2.5兆円が必要」

など横浜市が現在直面している課題を挙げ、IRが問題解決の一助となることを説明するなどIRは肯定的な立場を示していました。

誘致の是非を問う住民投票に関しても条例案が正式に市会に提出されれば、「市もきちんと議論していきたい」と話しています。

平原敏英の高校や大学など学歴は?

平原敏英さんの通っていた高校については学校名は明らかになっていないものの、出身大学は武蔵工業大学(現・東京都市大学)工学部土木工学科です。

平原敏英の結婚した嫁や子供は?

調査中
平原敏英さんのプライベートについて調べられる範囲では結婚に関する情報は見当たりませんでした。

タイトルとURLをコピーしました