カマヴィンガの歴代背番号や守備をwiki調査!移籍はpsg?レアル?

スポンサーリンク
0未分類

カマヴィンガは所属チームであるレンヌとの契約が2021年シーズンの1年となっていて、2022年シーズンの移籍が話題となっています。

PSG、リバプール、チェルシー、マンチェスター・ユナイテッド、ボルシア・ドルトムントなどがカマヴィンガに興味を示していたとされる中、レアル・マドリードがエドゥアルド・カマヴィンガを3000万ユーロで獲得することを目指していると報道されています。

スポンサーリンク

カマヴィンガの歴代背番号をwiki調査!

カマヴィンガの歴代の背番号・所属チームは次のとおり

シーズン クラブ 背番号
21/22 スタッド・レンヌ 10
20/21 スタッド・レンヌ 10
20/21 スタッド・レンヌ 14
19/20 スタッド・レンヌ 6
19/20 スタッド・レンヌ 15
19/20 スタッド・レンヌ 18
18/19 スタッド・レンヌ 12
18/19 スタッド・レンヌ 33
18/19 スタッド・レンヌ 39

■フランス代表での背番号

シーズン カテゴリー 背番号
21/22 フランスU21 17
20/21 フランスU21 17
20/21 フランス 6
20/21 フランス 14
19/20 フランスU21 15

レンヌ所属でフランス代表のエドゥアルド・カマヴィンガは、チームのために厳しい仕事をこなして名を馳せている若手注目のボランチの選手。

ボランチは攻撃を破壊する責任があり、しばしば相手のチャンスメーカーをマンマークし、通常は味方のカウンター攻撃の起点ともなります。

当然のことながら、ボランチはフィールドのほぼ全域を休むことなく走り抜けるための異常なまでのスタミナが要求されるポジション。

チームの中で最もハードワークするポジションであり、最近では、ゴロ・カンテ、ファビーニョ、カゼミロなどの台頭もあって、ボランチというポジションの認知度が高まっている。

カマヴィンガは2019年のパリ・サンジェルマン戦では、爆発的なパフォーマンスで一躍、注目を集めた若手選手。

シーズンを通して無敗、ムバッペ、ディ・マリア、ヴェッラッティ、カバーニを擁するリーグ1ディフェンディングチャンピオンであるPSGは、当時まだ無名の16歳だったカマヴィンガの前に苦戦を強いられることになりました。

PSGはヴェッラッティとマルキーニョスという経験豊富な中盤コンビがいながら、中盤で暴れまわるカマヴィンガを抑えることができず、カマヴィンガはレンヌがPSGに逆転勝利する立役者の一人となりました。

ロマン・デル・カスティージョの試合を決めるゴールをアシストしたほか、パスの成功率は98%、タックルも3回成功させています。

フランスのトップリーグでアシストを記録した最年少の選手となったカマヴィンガはマン・オブ・ザ・マッチにも輝いています。

カマヴィンガの守備をwiki調査!

カマヴィンガが所属していたレンヌのプレースタイルは、一般的にポゼッションベースの守備的なサッカーである。

自身も守備的MFであったジュリアン・ステファンが監督を務め、通常は4-4-2のハイブリッドで2人の守備的MFを起用しているが、状況に応じて4-1-4-1、4-2-3-1、4-3-3と使い分ける。

レンヌでは、エドゥアルド・カマヴィンガとベンジャミン・ブリゴーがボランチでペアを形成している。

しかし、最近、経験豊富なフランス人選手、スティーブン・ゾンジがレンタルでレンヌにやってきたことで、カマヴィンガら2人はウイングかやや前よりの守備位置に移され、ゾンジがボランチのポジションを占めるようになった。

カマヴィンガは、相手のアタッカーがディフェンスサードに入ってくる前に、最初の防御ラインとして機能します。スタミナがあるので、奪われてもチームのプレッシングを支えることができる。

驚異的なスピードで、短時間で広範囲をカバーすることができ、相手がレンヌのプレスを回避した場合でも、執拗に追いかけることができる。

また、1対1の競り合いでも優れた能力を発揮し、チームのためにボールを奪うことにも長けている。カマヴィンガは90分あたり4.2回のタックルを記録し、成功率は79%、2019/2020年のリーグ1シーズンで100回以上のタックルを行った唯一の選手であり、17歳としては驚異的な数字である。

守備的な選手は、年齢によるスピードや敏捷性の低下を補うために、キャリアの後半でビジョンやポジショニングを改善する傾向があります。

ポジショニングは、経験を積むことで成長する重要なスキルであり、20年以上にわたってトップリーグで活躍したパオロ・マルディーニは、キャリアの後半で驚異的なポジショニングと視野の広さを発揮し、35歳を超えても守備力を維持していました。

カマヴィンガは、若くして優れたポジショニング能力を持ち、並外れたスピードとフィジカルの強さを兼ね備えており、どのチームにとっても貴重な戦力となっている。

これらのスキルは、効率的にパスレーンをカットするのに役立ち、ボールの優れたインターセプターでもある。昨シーズンは90分あたり1.4回のインターセプトを記録しました。

また、相手の動きを事前に察知する能力に長けており、相手からボールを奪い返すためにロングランすることも躊躇しない。

タイトルとURLをコピーしました