宮脇花綸(フェンシング)の実家の父親を調査?かわいい画像もチェック!

スポンサーリンク
未分類

宮脇花綸さんは東京オリンピックでもメダルの期待のかかるフェンシング選手の一人で、小学生の頃から全国大会での優勝を何度も果たしています。

父親の経歴もすさまじいものがあり、親子一丸となってフェンシングに取り組んでいる宮脇花綸さんの気になるプロフィールをまとめています。

スポンサーリンク

宮脇花綸wikiプロフィール

名前:宮脇花綸(みやわき かりん)
出身地:東京都
生年月日:1997年2月4日
年齢:23歳
血液型:O型
身長:161cm
体重:54kg
小学校:東洋英和女学院小学部
中学校:東洋英和女学院中学部
出身高校:慶應義塾女子高等学校
最終学歴:慶應義塾大学 経済学部
趣味:お菓子づくり
所属:マイナビ

宮脇花綸さんは5歳上の姉が自宅近くの東京フェンシングスクールでフェンシングを始めたことに影響を受けて、
小学校入学前の5歳・幼稚園児時代からフェンシングを習い始め、小学校年代からフェンシングの年代別の全国大会で何度も優勝を果たしています。

■宮脇花綸の戦績

宮脇花綸さんにとって全国大会初優勝となったのは小学校4年の時に出場した第19回全国少年フェンシング大会(小学3~4年生の部女子)

2012年の中学3年時からはナショナルトレーニングセンターで練習に励むようになり、
同年にはフェンシングの世界高い「マラソン・フルーレ(フランス)」の女子U-17カデットで優勝。

2014年の南京ユースオリンピックではフルーレ日本代表に選出されると、
個人女子フルーレで銀メダルを獲得
ユースオリンピック大陸別団体戦では江村美咲とペアを組み金メダルを獲得しています。

個人女子フルーレでは決勝でSabrina Massialas(USA)と対戦し延長戦にもつれ込む熱戦を見せ、
ユースオリンピック大陸別団体戦では、江村美咲と共にアジア&オセアニア連合軍のメンバーとして活躍しています。

■宮脇花綸の入賞歴
2010年 フランス・マラソンフルーレ ミニム/U-14準優勝
2011年 フランス・マラソンフルーレ カデ/U-17優勝
2012年 ヨーロッパ・カデ・サーキット(ドイツ) 準優勝
2013年 ヨーロッパ・カデ・サーキット(オーストリア) 優勝
2014年 ジュニアワールドカップ(ハンガリー) 3位
2014年 世界ジュニア選手権 3位
2014年 IOC南京ユースオリンピック 準優勝
2014年 アジア大会 団体3位、個人6位
2014年 ジュニアワールドカップ(グアテマラ) 3位
2015年 アジア選手権 個人15位、団体4位
2015年 世界選手権 団体7位
2015年 関東学生フェンシング選手権 優勝
2016年 ジュニアワールドカップ(ルーマニア) 個人優勝
2016年 ジュニアワールドカップ(フランス) 個人2位
2016年 世界選手権 団体12位
2017年 世界ジュニア選手権 個人10位 団体7位
2017年 世界選手権 団体8位
2018年 グランプリ中国大会 個人準優勝
2018年 アジア大会 団体優勝 ※史上初

2018年5月に上海で行われた「ワールドカップグランプリ大会」で準優勝は日本人として10年ぶり3人目の快挙を達成し、
2019年は女子フルーレの国内ランク1位に記録されています。

■宮脇花綸の受賞
文部科学省 国際競技大会優秀者表彰
東京都 東京スポーツ奨励賞
読売新聞・日本学生科学賞 努力賞
慶應義塾 塾長賞

■フェンシングとは?
ヨーロッパ発祥の剣を用いる競技。第1回大会から実施されている競技の一つ。男子が正式採用されて以来欠かすことなく続き、女子は1924年パリ大会から実施。使用する剣の形状や得点となる有効面などによって、フルーレ、エペ、サーブルの3種目がある。それぞれの種目で男女の個人戦と団体戦が実施される。目にも留まらない瞬時の技の応酬が魅力。このため相手に触れた際にブザーが鳴ったりランプが点灯したりして一瞬の勝負を伝える。
引用:https://sports.nhk.or.jp/olympic/sports/fencing/

宮脇花綸の東京オリンピック出場は?

宮脇花綸選手は、小学生時代から積んできた国内外での経験に基づく的確な「読み」で冷静な判断力と攻守に安定感のあるフェンシングが持ち味。

どの技にもムラがなく、安定して剣を繰り出せることから相手との体格差をものともしない立ち回りに定評があり、
東京オリンピックでは女子フルーレ日本代表のエースとして、そして日本代表チームのリーダーとして期待がかかっています。

宮脇花綸のツイッターやインスタグラム

宮脇花綸のツイッター
@karinmiyawaki

宮脇花綸のインスタグラム
@karinmiyawaki

宮脇花綸の高校や大学など学歴は?

宮脇花綸選手は、小学校から中学校まで東洋英和女学院で学んでいて、
高校から大学卒業までは慶應義塾に在籍していました。

学歴を見ればわかる通り、宮脇花綸選手はかなり学業優秀なようで、
フェンシングの練習ではフランス人コーチの通訳もこなしているそうです。

宮脇花綸の身長・体重は?

宮脇花綸さんの身長体重は次のようになっています。

身長:160cm
体重:56kg

宮脇花綸の実家の父親は?

宮脇花綸選手の父親は日本フェンシング協会の常務理事を務めている宮脇信介さんです。

東京大学経済学部卒業後に日本興業銀行、興銀第一ライフ・アセットマネージメントに勤務。

米国でMBAを取得し、長く外資系運用会社に勤務した経験もあるといういわゆるバリキャリ・ハイキャリアの人で、
宮脇花綸選手も勉強熱心な父親の影響で理数系が得意なことから、薬剤師を志していた時期まったそうです。

父親の宮脇信介さんがなぜ日本フェンシング協会の常務理事に就任することになったのかというと、
2013年に架空の領収書で日本スポーツ振興センター(JSC)から海外遠征の助成金を不正受給していたことが発覚し、理事20名全員が退任した事件が背景にあります。

もともと宮脇花綸さんら娘たちの影響を受けてフェンシング競技を始めていたこともあり、
大学のテニスサークルの後輩だった山本正秀副会長に「フェンシング協会を立て直してほしい」と請われ、2014年6月に常務理事として協会運営に参加。

2017年には太田雄貴さん(日本フェンシング史上初の五輪で銀メダル獲得者)が31歳で会長に就任した際には太田会長に請われて常駐の専務理事に就任しています。

宮脇花綸の彼氏は?

調査中
宮脇花綸さんのプライベートについて調べられる範囲では彼氏に関する情報は一切ありませんでした。

宮脇花綸の年収は?

宮脇花綸さんは現在、マイナビと専属契約を結んでいるほか、様々な企業・ブランドとスポンサー契約を結んでいます。

SEIKO
NIKE
PBT
ダイワMT
ハリウッド化粧品

こうした背景から、宮脇花綸選手はフェンシングに打ち込めるだけの十分な活動資金を得ているとみられ、年収は少なく見積もっても1000万円以上になりそうですね。

宮脇花綸のかわいい画像

この投稿をInstagramで見る

. メロメロ???? #miel

?宮脇花綸 MIYAWAKI KARIN?(@karinmiyawaki)がシェアした投稿 –

この投稿をInstagramで見る

. 私は王女ではないけれど、 #icecream #summer

?宮脇花綸 MIYAWAKI KARIN?(@karinmiyawaki)がシェアした投稿 –

タイトルとURLをコピーしました