シマダ タモツwiki経歴やプロフ!2025大阪万博ロゴの作者!

スポンサーリンク
未分類

シマダ タモツさんは2025年に開催される大阪万博の万博ロゴをデザインしたTEAM INARI(チーム イナリ)の代表者。

発表されるや否や、その斬新な(?)デザインがネットで話題となりましたが、シマダ タモツさんの気になる経歴やプロフィールをまとめています。

スポンサーリンク

シマダ タモツの顔画像

アートディレクターのシマダタモツ
https://www.fashion-headline.com/article/6217/63301

シマダ タモツの作品

引用:http://tdctokyo.org/

■焼肉ノ、シアン 2007年

■FRANCK MULLER PREMIUM PARTY 艶舞 2007年

■純粋なる形象  ディーター・ラムスの時代 -機能主義デザイン再考 2008年

■純粋なる形象 ディーター・ラムスの時代 -機能主義デザイン再考(大阪展)2008年

■純粋なる形象  ディーター・ラムスの時代 -機能主義デザイン再考(東京展)2009年

■純粋なる形象  ディーター・ラムスの時代 -機能主義デザイン再考(フランクフルト展) 201年

シマダ タモツwikiプロフィール

本名:嶋田 保
生年月日:1965年
年齢:55歳
職業:アートディレクター、グラフィックデザイナー

松江寛之デザイン事務所などを経て、1992年に嶋田デザイン事務所として独立。
2004年に有限会社シマダデザインを設立。

Shimada Design Inc. シマダデザイン - シマダ タモツ主宰のデザイン事務所
シマダ タモツ主宰のデザイン事務所のサイト。作品紹介、プロフィール、コンタクト

朝日放送株式会社のロゴデザインもシマダ タモツさんが手掛けていますがデザイナーになるきっかけは母親だったそうです。

父親を早くに亡くし、喫茶店を営んでいた母親が女手一つで育ててくれていたものの、子どものころは母親は何度も学校に呼び出されるほどヤンチャぶり。

そんなシマダ タモツさんが18歳の時に母親の紹介でグラフィックデザイナーをしている人を紹介してもらい、アートの世界に身を置くようになったそうです。

■シマダ タモツの受賞歴
2001年 全日本DM大賞金賞、
2002年 日本産業広告総合展銀賞、
2003年 ディスプレイデザイン大賞/朝日新聞社賞、
2004年 NYfestival金賞、
2009年 全国カタログ・ポスター展カタログ部門経済大臣賞/金賞/審査員特別賞、NYADCポスター金賞、NYADC図録金賞
2010年 NYADCポスター銅賞、竹尾賞審査員賞

シマダ タモツの経歴

2025年の大阪万博の万博ロゴは建築家の安藤忠雄氏を座長とする選考委員会が審査。

応募総数5894件の中から5作品に絞られた中、
シマダ タモツさんが代表を務める「TEAM INARI(チーム イナリ)」がデザインを手掛けた作品が見事に採用。

メンバーには、下記のような方々がいます。

雨宮 深雪(あめみや みゆき)
大亦 伸彦(おおまた のぶひこ)上
村 慎也(かみむら しんや)
布川 侑己(ぬのかわ ゆうこ)
藤澤 勇佑(ふじさわ ゆうすけ)

デザインコンセプト
踊っている。跳ねている。弾んでいる。だから生きている。大阪・関西万博。1970年のデザインエレメントをDNAとして宿したCELLたちが、2025年の夢洲でこれからの未来を共創する。関西とも、大阪府ともとれるフォルムを囲んだメインシンボルだけでなく、CELLたちは、文字や数字を描きだし、キャラクターとしてコミュニケーションする。自由に。有機的に。発展的に。いのちの輝きを表現していく。

https://logo.expo2025.or.jp/logo_announcement.html

シマダ タモツの大阪万博ロゴに関するネットの反応

シマダ タモツさんは受賞のスピーチで「本当にびっくりした。まさかこれが、万博の顔になるとは」と話しています。

タイトルとURLをコピーしました