35歳の少女(ドラマ)のwiki!相関図や原作あらすじは?最終回の結末ネタバレ

スポンサーリンク
未分類

ドラマ「35歳の少女」は柴咲コウが5年ぶりに民放連続ドラマ主演となる2020年10月スタートの日本テレビ系10月期土曜ドラマ

引用:https://www.ntv.co.jp/shojo35/

スポンサーリンク

35歳の少女(ドラマ)のあらすじ

物語の舞台は1995年と2020年
この25年間の時間は、私たちにどんな変化をもたらしたのか?

1995年。
不慮の事故で突然、長い眠りについた10歳の少女、今村望美。
家族は、バラバラになり、
初恋の少年は夢をあきらめ、それぞれに孤独な“今”を生きていた…。
ただ一人、母親だけは、娘の奇跡の生還を信じ、見守り続けた。

そして、2020年。
心は10歳、だけど体は35歳。
25年ぶりに少女が目覚めた!

すべてが変わってしまった世界に戸惑いながらも未来を生きる、主人公の“時をこえた”成長物語。

35歳の少女(ドラマ)の原作

ドラマ「35歳の少女」は5年ぶりに柴咲コウと脚本家・遊川和彦がタッグを組んでお届けするオリジナルドラマ。

つまり原作のないオリジナル脚本のドラマです。

遊川和彦さんがこれまでに手掛けてきたドラマには、

金太十番勝負!
ママハハ・ブギ
禁断の果実
人生は上々だ
GTO
魔女の条件
オヤジぃ。
純と愛(NHK連続テレビ小説)
過保護のカホコ
ハケン占い師アタル

などがあり、ドラマ「35歳の少女」では『家政婦のミタ』『同期のサクラ』の制作チームが集結し、柴咲コウさんは『〇〇妻』に出演していました。

35歳の少女(ドラマ)のキャスト相関図

柴咲コウ 今村望美役
坂口健太郎 広瀬結人役
橋本愛 時岡愛美役
田中哲司 今村進次役
富田靖子 今村加奈役
竜星涼 今村達也役
鈴木保奈美 今村多恵役

柴咲コウ 今村望美役

1995年に不慮の事故により昏睡状態に陥ったが、2020年に25年ぶりに覚醒する。
体は自分と同じ35歳、しかし、心は10歳のままの望美に戸惑いながらも向き合っていく

■柴咲コウコメント
等身大の自分とは違う人物を演じられるのが楽しみです。
1話の台本を読み、自然と感情が揺れ動きました。
望美が、望美の周りの人達がどうなっていくのか、毎回次の台本が届くのをワクワクしながら待っています。
脚本の遊川さん、プロデューサーの大平さんとは「〇〇妻」の時にご一緒しておりますが、この作品では皆で奇譚なく意見を言い合ってより良い作品を作り上げていきたいです。
たくさんの方に見ていただき、皆様の心に残る作品になれば嬉しく存じます。

坂口健太郎 広瀬結人役

広瀬結人(ひろせゆうと)は今村望美の初恋の相手。

一度小学校の教師となったが、ある事件をきっかけに退職。
自信のなさを隠すために、他人を批判と上から目線でなんとか自分を守っていたが、望美との“再会”で、そんな自分を見直していく。

■坂口健太郎コメント
この度、望美の幼なじみ、結人役を演じさせていただきます、坂口健太郎です。
初の遊川作品、そして初めて柴咲コウさんとご一緒させていただけることが、今からとても楽しみです。
最初に台本を読ませていただいた時の高揚感を大切にしながら、望美の周りで起こる様々な出来事を、結人として見守り、時には望美に気づかされ、一緒に成長していけたら嬉しいです。

橋本愛 時岡愛美役

時岡愛美は今村望美の妹で年齢は32歳。
姉の事故後、家族を取り巻く環境は激変。次第に「自分は姉の代わりになれない」と自分の存在意義に苦しむようになり、姉の目覚めにも素直に喜べない
大手広告代理店の営業部に勤務。仕事ができるしっかり者だが、恋には不器用。

■橋本愛コメント
柴咲さん演じる、自分より歳下のお姉ちゃん。どんな心のやり取りが生まれるのか、楽しみです。遊川さんの作品の真ん中にあるのは前回の作品と変わらないな、と思いました。
信念とはそういうもの、素晴らしい景色をテレビの向こうに咲かせられるように頑張ります。

田中哲司 今村進次役

娘の事故後、徐々に狂っていく夫婦の歯車、壊れていく家族を前に優しいがゆえに何もできずに背を向けてしまった父親
かつては大手ハウスメーカーの営業マンで成績も優秀だったが、望美の事故をきっかけに離婚。加奈と再婚したが、前の家族に未練があり家族関係は上手くいっていない

■田中哲司コメント
コメディタッチの中に、ピリッと、そしてさりげなく『皆さんならどうしますか?』と言う問いかけが沢山詰まった、とても素敵な物語です。遊川さんの脚本を読んで『自分ならどうだろうか?』と何度も考えました。大人になる事とは?家族とは?親とは?命とは?そして、人生とは?僕たちがいつの間にか忘れてしまった何か大切な物を、54歳の自分にも思い起こさせてくれるのではないかと、期待させる作品です。

富田靖子 今村加奈役

望美の父・今村進次(田中哲司)の再婚相手
前夫と離婚後に進次と再婚したが、進次が前の家族に未練があることに薄々気づいており、自分たちと向き合ってくれないことに不満を抱く。

■富田靖子コメント
先日、衣装合わせを終えて、ワクワクが止まりません。衣装の柄、生地の質感、丈の長さ、そして髪型の打ち合わせ。加奈という女性が息づいているのを感じます。遊川さんから、私の役名の加奈の名前の意味をお聞きしました。奈という漢字には、優しさ、華やかさという意味があること。それらを、人に与えられる人だそうです。優しさの中の脆さ、華やかさの足元にある闇を感じながら、加奈に向き合っていきたいと思います。

竜星涼 今村達也役

今村加奈の連れ子で引きこもり
就職先でいじめに遭い2年足らずで退職。それ以降、部屋に引きこもってしまい、両親とも顔を合わさないようにメールでやり取りしている。

■竜星涼コメント
希望と絶望を巧みに操る遊川さんのオリジナル脚本は、いつも新しい台本を開くたびに世の中に大きな疑問を投げかけ役者に演じる喜びをくれます。
こんなにも早く、またこのチームに参加できるとは…この作品が持っているキセキを信じて、自分の役割を全うしたいと思います。どうぞお楽しみに!!

鈴木保奈美 今村多恵役

望美の母で事故後に夫の進次と離婚。25年間眠り続ける娘の望美の意識回復を信じ献身的に介護してきた。
娘の目覚めを機に、母としての関係性も変わっていく

■鈴木保奈美コメント
大好きなドラマがいくつもある、遊川作品。お話をいただいたときは本当にうれしかったのです。
が、観ると演るとは大違い。大変です。自分を鍛え直す場を与えられたことに感謝して、まっさらな気持ちで挑みます。
柴咲さんと共演させていただくのは初めてです。望美ちゃんは、こりゃまた大変な難役です。けれど疑いようもなく、柴咲さんは見事に演じ切られることでしょう。
彼女のその過程を一番近くで見ることができるなんて、なんという幸せ。
バラバラになってしまった家族がどう向き合い、どう再生していくのか。フィナーレを迎える頃、役の上でも、キャスト、スタッフの皆さんとも、戦友のようになっていられたらいいな、と思います。

35歳の少女(ドラマ)の最終回・結末をネタバレ

【コメント初公開】主演・柴咲コウ×脚本・遊川和彦!新土曜ドラマ「35歳の少女」 10月10日(土)よる10時 スタート!!

25年ぶりに帰ってきた娘は、10歳の子供だった―

このコピーの意味するものは?柴咲が演じるのは、“35歳の少女”
名前は「今村望美(のぞみ)」物語の内容は、短い一文以外明かされていない。不可解なタイトルは、何を表現しているか?

35歳の少女(ドラマ)の感想

タイトルとURLをコピーしました