DIVER-特殊潜入班-(ドラマ)の相関図や原作あらすじは?最終回の結末ネタバレ

スポンサーリンク
未分類

ドラマ「DIVER-特殊潜入班-」は福士蒼汰とともに危険な潜入捜査に挑むライバル役に野村周平が出演する2020年9月22日(火)放送のドラマ

引用:https://www.ktv.jp/diver/

スポンサーリンク

DIVER(特殊潜入班)のあらすじ

舞台は兵庫県神戸市。急増する犯罪組織に対抗するため兵庫県警に秘密裏に設けられた潜入捜査チームがあった。通称「D班」と呼ばれ、悪の組織に潜入する“DIVER(ダイバー)”たち。命を落とす危険と隣り合わせの仕事だ。
「最強で最凶の潜入官」と呼ばれる捜査官・黒沢兵悟(福士蒼汰)は、犯罪者を逮捕するためには仲間をもだまし、多少の犠牲もいとわない冷酷非道な「最凶の男」。七変化しながら悪に近づき、悪に手を染めながらも、自身の正義で悪を駆逐する。
佐根村将(野村周平)は、元海上自衛隊のエリートだったが、ある真相をつかむため、D班の一員になる道を選ぶ。そんなD班の指揮をとるのは、伊達直哉(安藤政信)。特殊潜入捜査チーム「D班」を招集した県警本部長・阿久津洋子(りょう)の指示を受け、様々なミッションに挑む。

【主演・福士蒼汰9/22(火)よる9時スタート!】DIVER-特殊潜入班-

DIVER(特殊潜入班)の原作

ドラマ「DIVER-特殊潜入班-」の原作は集英社が発行するコミック雑誌「グランドジャンプ」で連載されていた漫画家・大沢俊太郎さんの同名作品「DIVER-組対潜入班-」です。

脚本を務めている宇田学さんは、

ORANGE ~1.17 命懸けで闘った消防士の魂の物語~
4号警備
99.9 -刑事専門弁護士- I
探偵が早すぎる
おしい刑事
金魚姫
映画「ぐらんぶる」

といった映画やドラマで脚本を務めています。

DIVER(特殊潜入班)のキャスト相関図

福士蒼汰 黒沢兵悟
野村周平 佐根村将
安藤政信 伊達直哉
りょう 阿久津洋子
片瀬那奈 皆本麗子
浜野謙太 宮永壮一
正名僕蔵 鏡光一
中山義紘 大山崇
正門良規(Aぇ! group) 上島哲也

福士蒼汰 黒沢兵悟

黒沢兵悟(くろさわ・ひょうご)は、かつては警察も手を焼くほど巧妙な手口を考え出す犯罪者だったが、その異常なIQ・判断力・身体能力が認められ、
極秘で結成された「潜入捜査チーム(通称D班)」の一員となる。

その仕事は、悪の組織に潜入して情報や証拠をつかみとる、ともすれば命を落としかねない特殊捜査

兵悟の中にある“闇”をどう表現するか考えながら撮影に臨んでいます。潜入捜査官なので、いろんなキャラクターを演じる感覚でお芝居をしています
お互い少し大人になった今、また共演できるのがうれしいです。軸の部分は変わらず、安心感や安定感も味わっています。野村くんとは、今までは同級生の役での共演でしたが、『DIVER』では、野村くんが年下の役で僕に敬語を使うのが新鮮で、楽しみながら演じています

野村周平 佐根村将

佐根村将(さねむら・しょう)は元海上自衛官で優秀な成績をおさめたエリートでありながら、黒沢とぶつかっていくライバル的存在のD班のメンバーのひとり
ある真相を確かめるべく自衛隊を辞めD班の一員となる。

久しぶりにセリフを覚えたり、現場の空気を感じたりして、初心に戻った感覚になりました。僕のことを覚えていてくれて、今回お声がけいただいたということがすごくありがたいですし、その期待に応えるべく頑張らないと、と気が引き締まる思いです
学生の頃、友達とよく遊んでいた場所やなじみのある風景が撮影現場になっているのがうれしいですね

安藤政信 伊達直哉

D班の班長
兵庫県警組織犯罪対策課で事件現場の指揮をとりながら、裏では黒沢や佐根村ら個性的なD班メンバーを束ね、潜入捜査に挑む

変わり者が集まったチームの班長ということで、とにかく強くいるということ、どんなことでもぶれないということ。さらに、人間らしく温かさを持ち続けたいなと思っています
兵庫県警にいても、D班にいても、変わらずに1本の筋が通った伊達という人間である、という太い幹でありたいと思います

片瀬那奈 皆本麗子

神戸・元町の開業医。しかし診療所には看板もなく、診察を行うのも深夜。その患者のほとんどが裏社会の人間で闇医者で組織犯罪対策課(D班)メンバーの協力者

D班は、命の危険と隣り合わせの捜査ばかりなので、D班の医者としての役割として、負傷したときの治療はもちろん、心のケアもするようなチームのお母さんでいようと心がけています
縫合の所作が難しくて何度も練習しました。先生にもとても熱心に教えていただいて、本番もしっかりできましたし、今では手が覚えています

浜野謙太 宮永壮一

組織犯罪対策課(D班)に協力するITや機械に強く、ハッキングを得意とするホワイトハッカーの超理系男子

兵悟とはノリも育ちも性格も違いますが、ポリシーや自負を超えた、ただただ集中した地点=“ゾーン”で一緒になれる仲間だと思います。一部、D班のメンバーと結託するところはあったとしても、それ以外のノリが合わない、どこかウザい感じが出たらなと思っています

正名僕蔵 鏡光一

女性初の兵庫県警本部長・阿久津洋子こびを売り、部下である伊達直哉には強気にふるまう組織犯罪対策課課長

今回のドラマでは、私が一番ガチャガチャした役かもしれないですね。手のひら返しをする中間管理職のズルさ、そうせざるを得ない悲哀みたいなものを面白がっていただければと思います

中山義紘 大山崇

黒沢兵悟・佐根村将と共に潜入捜査に挑む組織犯罪対策課(D班)メンバーで課長・鏡の下で犯人逮捕のため現場を走り回る若手刑事

火9ドラマに出演できることが本当にうれしいです!安藤さんも正名さんも、すごく熱のある方々ばかりで、刺激を受けています
僕は大人計画の大ファンで、役者になりたいと思うようになったきっかけでもあるので、正名さんとご一緒できるということがとてもありがたいです。休憩時間にも、『あの舞台の時、どうだったんですか?』と、舞台の裏側を教えてもらったりしています

りょう 阿久津洋子

D班を極秘に結集させ影でD班を操る頭脳明せき、常に冷静で、一歩も二歩も先を読むクールな兵庫県警本部長
男社会の警察組織の中で、県警初の女性本部長というトップの座に立つキャリア幹部

使える武器はすべて使うしたたかさがあって、冷徹な人。男社会の中で押しつぶされたりもしながら、内部にはびこる悪をみて、本当の正義とは何かを追及している強い女性だという感じがしています
自分の武器をすべて使う、という意味で、女性であることも武器にしていると感じ、衣装さんとも相談して柔らかい素材だったり、レースを入れてみたり、フェミニンな要素も入れてみました

正門良規(Aぇ! group) 上島哲也

D班の存在を知らず、さまざまな事件現場に駆け付ける兵庫県警組織犯罪対策課の若手刑事

いきなり事件に立ち向かう警察官の演技をするのは、すごくドキドキしました。『少年たち』という舞台で囚人役をやっていたんですが、取り押さえる看守役の人たちのしぐさを見ていたので今回のドラマに少しは活かせたかな。捕まえられる側から捕まえる側になりました

DIVER(特殊潜入班)の主題歌は?

 コブクロが主題歌「灯ル祈リ」の書き下ろしをすることになりました。

「灯ル祈リ」は、コブクロが原作と台本を読み込み、主人公の生き様と、今伝えたい想いを重ね合わせ書き下ろした重厚なパワーバラード

■コブクロ(小渕健太郎 黒田俊介)コメント
ドラマ『DIVER -特殊潜入班-』は、特殊潜入班である主人公とその仲間たちが、犯罪と向き合うというよりも、その一番底まで自ら潜り込み、染まりきり、やがてその底から一網打尽にする命がけのストーリーです。主人公の生き様と、今伝えたい想いを重ね合わせ「灯ル祈リ」が生まれました。

DIVER(特殊潜入班)の最終回・結末をネタバレ

1話・2話・3話に散りばめられたエピソードが4話・5話でどんどん回収されていきます。いろんなことを見逃さず、何度も見返して楽しんでいただければと思います

ドラマ原作では詐欺集団への潜入捜査などの他、順番で行くとカルト教団の摘発が最終回の結末となっています。

DIVER(特殊潜入班)の感想

タイトルとURLをコピーしました