スネルビル2009ヘザー殺人事件の犯人・動機は?衝撃ファイル

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

2009年4月26日にスネルビルのショッピングモール駐車場でヘザー・ストルービー(Heather Strube)が何者かに殺害された事件が「世界が騒然!本当にあった(秘)衝撃ファイル」で紹介されました。

■放送内容
2009年、アメリカ・ジョージア州スネルビル。買い物客で賑わうショッピングセンターで殺人事件が発生!被害者は2歳の息子を育てる25歳の美しき女性。離婚した夫と駐車場で待ち合わせをしていたのだが、突如銃撃されてしまったのだった。現場から急いで立ち去る不審人物を多くの客が目撃、すぐに犯人が見つかると思われたのだが…犯人が仕込んだ大胆かつ巧妙なトリックに翻弄され捜査は難航。はたして、犯人は誰なのか?

スポンサーリンク

スネルビル2009ヘザー殺人事件の犯人・動機は?衝撃ファイル

ジョアンナ・ヘイズは、2009年4月26日にスネルヴィルのショッピングモール、ターゲットの駐車場で義理の娘ヘザー・ストルービー(Heather Strube)を射殺した件で、グウィネット郡の陪審員に有罪判決を受け、終身刑が言い渡されました。

彼女の控訴は全会一致で却下された。

高等裁判所のウォーレン・デイビス判事は、ジョアンナ・ヘイズに5年間の保護観察処分を下し、最初の数年は集中保護観察としました。

また、孫を含むこの事件の被害者の親族と接触しないよう命じられました。

ジョアンナ・ヘイズは自分が無罪であることを繰り返し、裁判官に義理の娘を大切に思っており、決して傷つけたりしないと話した。

ヘイズさんの母親も、判決後、裁判所の外で同じようなことを言った。

夫のロイス・ハンズは「今日、重大な不公平が行われた」「ジョアンナはこんなことはしていない。彼女はヘザーを傷つけたりしません」とコメント。

ジョージア州ラザーズヴィル出身のヘイズ(45歳)は,スネルビルのシーニック・ハイウェイ・ノースにあるショッピングモールターゲット店の駐車場で義理の娘を銃殺した罪で有罪判決を受けた。

複数の目撃者が裁判で、犯人は「ソニーとシェール」風の男のカツラと付け髭を付けて歩いてきて、ヘザー・ストルービーの頭を至近距離から撃った、と証言しました。

ストルービーと彼女の夫スティーブンは、2009年4月に彼女が撃たれたとき、離婚の真っ最中でした。当時、検察は、夫婦が子供の親権の交換を終えたばかりで、ヘイズが嫁に親権を取られるのを嫌がったとみています。

2人はターゲット店の駐車場で会うことに合意し、スティーブンはカーソンをヘザーに引き渡した。

引き渡し後、スティーブンが車を走らせ、ヘザーが男の子をチャイルドシートに縛り付けていた時、犯人はヘザー・ストルービーの車に到着し、彼女の頭に銃を突きつけ、彼女を撃ち殺したのです。少年は無傷だった。

警察は、ヘイズが男装していたのは、野次馬や自分の孫である18ヶ月のカーソン・ストルービーに気づかれないようにするためであったと述べている。

母親が車の外で殺害されたとき、2歳の子供はチャイルドシートに座っていました。

タイトルとURLをコピーしました