相馬勇紀の身長やプレースタイルをwiki調査!高校や年俸もチェック!

スポンサーリンク
0未分類

相馬勇紀選手は名古屋グランパスエイトに所属するサッカー選手で、U22から年代別代表にも選ばれています。

A代表にも出場経験があり、東京五輪でも活躍も期待される相馬勇紀さんの気になるプロフィールをまとめています。

スポンサーリンク

相馬勇紀の年俸は?

相馬勇紀選手の推定年俸は次のようになっています。

西暦 チーム名 年齢 年俸
2021年 名古屋グランパス 24歳 2000万円
2020年 名古屋グランパス 23歳 700万円
2019年 名古屋グランパス 22歳 480万円

Jリーガーの初年度の年俸は、A、B、Cのランク分けされてJリーグ規約・規程集で厳しく制限されています。

プロC契約:年俸の上限は480万円(最長3年まで)

プロB契約:年俸の上限は480万円

プロA契約:年俸上限なし

新卒入団選手は一般的にC契約からスタートし、一定の出場時間(J1は450分など)の条件を満たすとB契約となります。

プロA契約では年俸上限なしとされているものの、新卒選手が初年度の契約更新でA契約に移項できた場合は、2年目の年俸は700万円が上限となっています。

相馬勇紀のプレースタイルは?

相馬勇紀選手のポジションはMFで、サイドハーフが主戦場となっています。

サイドのスペシャリストでで、ポジションは両サイドのハーフ、ウイングバック、ウイングそして、サイドバックまでこなすことができるユーティリティプレーヤー。

小柄ながら対人能力の強さとスピードを武器としていて、縦への突進力、そして初速の速さには目を暇るものがあります。

相馬勇紀選手も「50mの速さよりも0m~20mでマックススピードに到達できる初速のスピードでは誰にも負けない」と話しています。

得点につながるセンタリングの質も良く、それでいてシュートもきちんとゴールの枠をとらえる制度の高さがあります。

相馬勇紀選手は、体幹の強さを活かして身体の遠心力で回し込むようにボールの蹴るフォームになっていることから、強烈なカーブを加えることができる上に、
その蹴り方を両足で同じように行うことが出来るから、前線では相手ディフェンダーにとって大きな脅威となってます。

【相馬勇紀(名古屋)プレー集】2018-2020 明治安田生命J1リーグ

相馬勇紀のスパイクは?

相馬勇紀選手が愛用しているスパイクはミズノのモレリアネオ2です

軽量、柔軟、素足感覚をさらに研ぎ澄ませた
モレリアネオの第二世代モデル。

■ウォッシャブルカンガルーレザー
前足部にカンガルーレザーを使用し、ボールタッチが足指にダイレクトに伝わるようにしています。また、カンガルーレザーを使用しながら、195g(27.0cm)の軽量性を実現しました。

■屈曲時よりもフィットする形状
ハトメ端部の形状を再設計したことで、屈曲させたときでも足に沿うようにフィットします。

■吸い付くようにフィットするヒール部
履き口の内側を足に沿うようなゆるやかなカーブを形成する構造にすることで、曲線によりしっかりとフィットします。

■2層硬度DFC
DFCの硬度を上部と下部で異硬度になるように設計することで動作時のボールド感とフィッティングを両立させました。※DFC=ダイナミックフットカウンター

■刺さりやすくなった新設計スタッド
スタッドトップとベース部の段差を無くすことで、ピッチに対して刺さりやすくなりました。より自分の思い通りにプレーできるようにサポートします。

相馬勇紀wikiプロフィール

名前:相馬勇紀(ソウマ ユウキ)

生年月日:1997年2月25日

年齢:24歳

出身地:東京都調布市

身長:165cm

体重:66kg

利き足:右足

出身中学:調布市立第三中学校

出身高校:東京都立調布南高等学校

最終学歴:早稲田大学

ポジション:FW/MF

在籍チーム:名古屋グランパスエイト

背番号:11

アマチュアチーム経歴:布田SC-三菱養和調布SS-三菱養和SC調布Jrユース-三菱養和SCユース-早稲田大

相馬勇紀選手は幼稚園生の時に三菱養和会のサッカースクールでサッカーを始めると、
小学校1年の6月には並行して地元の布田SCというサッカー少年団にも通いはじめ、まさにサッカー漬けの人生をスタートさせています。

三菱養和会はJリーグチームの下部組織でもな蹴れば高校サッカー部とも関係のない町クラブとしてスタートしたものの、少年サッカーでは長らく名門チームとして知られています。

相馬勇紀選手は小学校6年生の時には参加者約50名のうち合格者2名という難関を潜り抜けて中学年代も三菱養和SC調布ジュニアに入団

高校年代には三菱養和SCユースに所属し、

2013年10月、第68回国民体育大会 優勝(東京都選抜)
2014年8月 日本クラブユースサッカー選手権 (U-18)大会 優勝(三菱養和SCユース)

といった記録を残し、年代別U18のサッカー日本代表選手として試合に出場しています。

ただ、高校卒業時にはJリーグチームから声がかかることなく早稲田大学に進学。

ア式蹴球部(サッカー部)でMFを務め様々な実績を遺しています。

■早稲田大学時代の記録
関東大学サッカーリーグ戦1部:2回(2015年、2018年)
関東大学サッカーリーグ戦2部:1回(2017年)
関東大学サッカーリーグ戦2部・アシスト王(2017年)
関東大学サッカーリーグ戦1部・ベストイレブン(2018年)
関東大学サッカーリーグ戦1部・アシスト王(2018年)
トゥーロン国際大会・ベストイレブン(2019年)

相馬勇紀の経歴

相馬勇紀選手は2018年に名古屋グランパスの2種登録選手となると、2018年8月11日に大学4年生でJリーグデビューを果たすと同時にいきなり初アシストを記録

同年11月6日のリーグ戦セレッソ大阪戦で初ゴールを記録しています。

2019年に晴れて名古屋グランパスへ正式に加入となったものの、監督交代の影響もあって出場機会から遠ざかり、8月からは鹿島アントラーズへ期限付きで移籍しています。

ただ半年の期限付き移籍期間はケガの影響で思うようにプレーできず、2019年シーズンはリーグ戦5試合1得点、AFCチャンピオンズリーグ1試合出場に終わります。

2020年はリーグ戦では34試合のうち9試合に出場し、3試合はスタメン起用されました。
限られた出場機会の中で、1ゴール3アシストを記録し、相馬勇紀選手は早くも名古屋グランパスエイトで確固たるポジションをずいています。

相馬勇紀さんのプレー動画を見るなら動画配信サービス「DAZN」を利用するのがオススメです。

DAZN なら、Jリーグのすべての試合を観戦することができます。

1ヶ月間無料のお試し期間も用意されているので、一度、試してみるのはいかかでしょうか。

相馬勇紀の代表歴

相馬勇紀選手が初めて年代別日本代表で試合に出場したのはU-22日本代表で、2019年6月のトゥーロン国際大会でした。

チームを準優勝へと導き大会ベストイレブンに選ばれると2019年のE-1選手権では中国戦でA代表デビューを果たしています。

相馬勇紀選手の年代は東京五輪出場ぎりぎりというタイミングですが、五輪代表では、MF三笘薫・MF久保建英らとポジションを争うことになりそうです。

相馬勇紀選手は精度の高いキックとスピードを武器としていますが、難点を揚げると、スピードは確かに驚異的な速さを誇るものの、トップスピードを維持する時間がやや短く、スタミナに不安を感じます。

逆に言うと、後半終了間際まで走り続けられる体力を身に着けると、日本代表でも不動のポジションとなるかもしれませんね。

相馬勇紀のツイッターやインスタグラム

相馬勇紀のツイッター

相馬勇紀のインスタグラム

相馬勇紀のフェイスブック

相馬勇紀の高校や大学など学歴は?

相馬勇紀さんの通っていた学校は次のとおりです。

出身中学:調布市立第三中学校

出身高校:東京都立調布南高等学校

最終学歴:早稲田大学

相馬勇紀選手は高校サッカーの名門とされる学校ではなく、自宅から徒歩4分の調布南高校に進学をしています。

相馬勇紀選手の母親が何よりも睡眠を大事にする考え方をしていて、小学生の時は7時か8時に、中学生の時は9時に寝るように厳しく伝えていたそうです。

相馬勇紀選手の住む家から三菱養和SCユースの練習場まで約1時間、往復で2時間かかることから睡眠時間を多く確保するためには通学時間をできるだけ短縮できる学校を選んだそうです。

タイトルとURLをコピーしました