スパイダーマン ノーウェイホームで最後のスーツの意味は?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

映画「スパイダーマン ノーウェイホーム」ではトム・ホランド扮するピーター・パーカーは初代スパイダーマンのようなスーツを自作しています。

トニー・スタークの用意したインテグレーテッドスーツを実質的に捨てた?ような描写となっていますが、このスーツの意味は?

スポンサーリンク

スパイダーマン ノーウェイホームで最後のスーツの意味は?

映画「スパイダーマン ノーウェイホーム」でピーターは今までのスーツを着ずに自作の新しいスーツ(原作のスパイダーマンのスーツに似てる)を着てスイングするシーンで終わります。

新居で余ったスーツ生地(切れ端?)とミシンを使い自作したと見られるスーツですが、アイアンマンことトニースタークから提供されたインテグレーテッドスーツは大きな被害を受けていました。

ダメージコントロール局の隊員に撃たれたり最終決戦でのダメージの蓄積で破損

アイアンスパイダースーツはナノマシンが少なくなっていた上にダメージコントロールに充電器事押収されたので結果補充も出来ず、ドクオクについていたのをアップグレードスーツにつけただけでした

ピーターが自作スーツを着用するようになったのは、単純にインテグレーテッドスーツが使い物にならなくなったからというのが理由の一つとして考えられます。

ナノマシンスーツではエラーかなにか関知してヴェノムが寄生できない可能性もありそうです。

辛い別れを経て、回りの大人たちからの卒業、トニー(トニーのテクノロジー頼り)からのピーター自身の一人立ちの意味が込められているのかもしれません。

また、スーツがクラシックスーツのようだったので二人の先輩ピーターへの敬意を表しているのかもしれませんね

※自作スーツにトニーのテクノロジーが組み込まれてるのかは現状不明です。

ただ、映画「スパイダーマン ノーウェイホーム」では最後にドクターストレンジによって世界中の人々の頭からピーターパーカーという存在が消されました。

ピーターパーカーを忘れられたのでスタークインダストリーズの支給もない状態です

それらには承認システムというものがあります。けれどその承認システムのカレンやaiなどに存在を認めてもらえずスーツに入れなくなってしまったのかもしれません。

mcu版のスパイダーマンでピーター・パーカーが以前から使ってた様々なスーツはほぼ全部トニー(アイアンマン)から貰ったものでした。

先日ソニーからは「トム・ホランドとマーベルと協力しスパイダーマンの新三部作の計画準備をしている」と言う旨の話がされたと言う記事が出てきましたね。
これが本当にあるのだとすればまぁMCUの続編と言うことになるのではないでしょうか。

ただトム・ホランド本人は「いつまでもスパイダーマンを演じ続けられるかわからない」と言う旨の後ろ向きな話をしていたと言う記事も出ており、まだ具体的に出演契約等が結ばれたのかどうかはハッキリ発表されてはいませんね。

しかしまぁヴェノムから落ちたシンビオートの一部がMCUの世界に取り残されていたりしますし、まだまだMCUでスパイダーマンを取り扱う気ではいるんだろうなぁと個人的には期待しています。

スターク社のネットワークが使えないとは言え、アイアンスパイダーはかなりスーパーなスーツですからね笑
勿体無いですね。

というかうまく言えませんがピーターが大人になったのかなと。

ちなみに、スパイダーマンはこれまで俳優が3回変わっています。

スパイダーマン1作目から3作目 トビー・マグワイア
スパイダーマン4作目と5作目 アンドリュー・ガーフィールド
スパイダーマン6作目と7作目 トム・ホランド

同じスパイダースーツの状態 だと3人のスパイダーマンの中で一番強いのは誰になるんでしょうか?

そもそもサムライミ版のスパイダーマン(トビー・マグワイアが主役)は自力で身体から蜘蛛糸が出せるので機械がないと糸を出せない他の二人と同じスパイダースーツを着る必要がないですね。

その時点でサムライミ版が一つ頭出ているのかもしれません。

・3人の中で一番戦闘経験が長い
・ウェブの使用回数に制限がない
・一番体格がいい(?)

仮に蜘蛛糸の条件を揃えたとしたら差は殆どない気はします。

サムライミ版は長年スパイダーマンやっているので戦闘経験が豊富である。

アメイジング版はそもそも蜘蛛に噛まれる前から運動神経がよかった設定。

MCU版は単純に若いから動けるのとアベンジャーズでの戦闘経験がある。

みんなそれぞれ強みは持ち合わせています。

最新版スパイダーマンのフィギュアに関しては、「『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』1/6スケールフィギュア スパイダーマン(インテグレーテッドスーツ版)」が2023年6月 発売予定となっています。

価格:45,000円(税込)

サイズ:1/6スケール、高さ約29cm

□付属品
・差し替え用ヘッド(ピーター・パーカー)
・差し替え用眼部パーツ(×4セット)
・ウェブ・ウィング(×2)
・マスク、スマートフォン
・ピンサー(×4)
・スパイダーウェブ(×6)
・スパイダーウェブ用エフェクトパーツ
・差し替え用ハンドパーツ(×9)
・特製台座

仮に他にもフィギュアが出るとしてマーベルレジェンドのブランドは1シリーズ5~7種セット各商品オマケ付きで全部集めてオマケを合体させてその中の誰かが使うアイテムが完成したりボディのパーツであれば新たにもう1人が完成するものです。

○パターン1
・ドクターオクトパス(アーム4本付き)
・グリーンゴブリン(初登場版/グライダー付き)

その他3人が3000円台で他のNWHと関係ないコミックのキャラクター3,4人かもしくはラストのクラシックスーツスパイダーマン、NWH衣装のMJやピーター、フラッシュなど?というのが1つのシリーズにセットで

○パターン2
NWHのヴィラン5人が1シリーズ5種で
・ドクターオクトパス(アーム無し)
・グリーンゴブリン(最終決戦版)
・その他3人

ゴブリンと3人にアーム1本ずつ付けて5人集めないとドクターオクトパスが完成しない仕様

○パターン3
パターン2と似ていて
・グリーンゴブリン(最終決戦版+グライダーの真ん中)
・ドクターオクトパス(アーム無し)
・その他3人
ドクオックと3人にアーム2本ずつ2セットとグライダーの右翼と左翼それぞれ1セットに分けてたもの

タイトルとURLをコピーしました