台風どっち側が強い?なぜ右側?左側弱い?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

台風は、中心から左側(西側)・右側(東側)でどっちがが強いのでしょうか?

台風の進路に向かって右側と左側はどちらが風速や雨量が強く大きい被害が予想されるんでしょうか?

スポンサーリンク

台風どっち側が強い?なぜ右側?左側弱い?

台風は、進路に向かって右側(東側)の方が風が強いようです。

台風の進行方向に向かって右半円、右側(東側)の方がが一段と風速は強くなります。

これは台風自身の風と台風を移動させる風(大規模な風)が,台風の右半円では同じ方向に吹いているため加算されるからです。

台風の左半円、左側(西側)では2つの風が互いに逆の方向に吹いているため減算されます。

したがって,台風を移動させる風(大規模な風)が強いほど左半円と右半円の風速差は大きくなります。

台風は巨大な空気の渦巻きになっており,地上付近では上から見て反時計回りに強い風が吹き込んでいます。

そのため,進行方向に向かって右の半円では,台風自身の風と台風を移動させる周りの風が同じ方向に吹くため風が強くなります。

雨量は、日本列島に近づくころは特に東側の方が強いです。南からの暖かく湿った空気が北へ吹き上げるためです。

夏は太平洋高気圧の勢力が大きく強いです。
日本列島をすっぽり覆うくらいです。
なので南の方で台風が発生してもその台風は高気圧に押されて中国大陸寄りまで移動し、高気圧団の縁を通る「日本海側」ルートになります。

そして秋は太平洋高気圧の勢力は弱まります。なので台風はその縁を通るのですが、それがちょうど日本列島と重なるルートになるので秋台風はよく列島直撃、となります。これが「太平洋側」ですね。

偏西風が日本列島を右上(北東)の向きに吹いている秋はそれに乗って北へ行きます。

夏は偏西風は日本列島を西から東へ吹いています。台風は太平洋高気圧の方へ進みたいけれども偏西風に流されることにより南寄りに進みます。

まとめ:台風は右側・左側でどっち側が強い?

台風は進行方向の右側が強くなります。台風は左回りの渦ですから、台風が動く方向と台風の風の向きが同じになる右側が勢力が強くなります。

『台風に伴う風の特性
台風は巨大な空気の渦巻きになっており,地上付近では上から見て反時計回りに強い風が吹き込んでいます。そのため,進行方向に向かって右の半円では,台風自身の風と台風を移動させる周りの風が同じ方向に吹くため風が強くなります。逆に左の半円では台風自身の風が逆になるので,右の半円に比べると風速がいくぶん小さくなります。』
※気象庁「ホーム > 気象等の知識 > 天気予報・台風 > 台風について > 台風に伴う風の特性」http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/typhoon/2-1.htmlより。

「勢力」(中心気圧)は変わりません。

台風が日本付近にくるとグニャっ右に曲がるのは何故かというと、通常、日本がある中緯度付近には、西⇒東向きに偏西風が流れているからです。

台風の進路は大平洋高気圧の強弱、偏西風の位置で変わります。

一般に、太平洋高気圧が強い盛夏は、今回の8号のように曲がらずに朝鮮半島のほうへまっすぐ向かうことが多いが、秋になると太平洋高気圧が後退し偏西風も南下するので台風は日本の沿岸を東へ進むようになるのです。

タイトルとURLをコピーしました