金谷拓実wiki|父親や出身高校は?飛距離やスポンサーもチェック!

スポンサーリンク
未分類

金谷拓実選手は2019年に世界アマチュアランキングで1位を獲得するなど、プロ転向後の活躍が大いに期待されています。

現時点では大学卒業を待たずにプロ転向するのか、それとも大学の先輩当たる松山英樹と同じく卒業後にプロ転向するのか?その去就が注目されています。

そんな金谷拓実選手のプロフィールなどをまとめています。

スポンサーリンク

金谷拓実wikiプロフィール

名前:金谷拓実
出身地:広島県
生年月日:1998年5月23日
年齢:22歳
中学校:呉市立昭和北中学校
出身高校:広島国際学院高校
最終学歴:東北福祉大学
身長:172cm
体重:67kg
血液型:O型
得意クラブ:パター
ベストスコア:63

金谷拓実選手は母親と父親がそろってゴルフを趣味にしていてゴルフの練習についていったのがゴルフを始めるきっかけ。

3歳からバンカーで遊ぶようになり5歳からクラブを持ってゴルフを始めています。

ちなみに、金谷拓実選手には今のところ彼女の存在を思わせる情報はなく、堀北真希さんが好みのタイプのようです。

金谷拓実の経歴

金谷拓実選手は小学生だった2010年の中国小学生ゴルフ大会で優勝すると、
2015年の日本アマチュアゴルフ選手権では最年少となる17歳での優勝を果たしています。

ちなみに、決勝では15歳の中島啓太選手と接戦を繰り広げていたので、どちらが優勝しても最年少優勝の快挙という珍しい大会でした。

「日本オープンゴルフ選手権競技」では17歳148日という若さでローアマチュア(アマチュア選手の中で一番成績がよかった選手)に輝いています。

金谷拓実の戦績

2010年 中国小学生ゴルフ大会年 優勝
2011年 広島県高等学校ゴルフ選手権新人戦(中学生大会)年 優勝
2013年 中国ジュニアゴルフ選手権(全国中学校ゴルフ選手権中国予選)年 優勝
2013年 広島県高等学校ゴルフ選手権中学生大会年 優勝
2014年 広島県総合体育大会年 優勝
2015年 全国高等学校ゴルフ選手権春季大会年 優勝
2015年 日本アマチュアゴルフ選手権競技年 優勝
2016年 全国高等学校ゴルフ選手権年 優勝
2016年 文部科学大臣杯争奪全国高等学校ゴルフ選手権春季大会(男子)年 優勝
2018年 ネイバーズトロフィーチーム選手権年 優勝
2018年 アジア・パシフィックアマチュア選手権年 優勝
2019年 三井住友VISA太平洋マスターズ 優勝 史上4人目となるアマチュア優勝

他にも2位(準優勝)や上位入賞も入れると数が多すぎるのでここでは優勝した大会のみを記載しています。

2014年前期年から各年代のナショナルチームに選出され、
2019年には世界アマチュアランキングで1位を獲得しています。

金谷拓実のツイッターやインスタグラム

金谷拓実選手はツイッターやインスタグラムにはアカウントを開設していないようです。

金谷拓実の高校や大学は?

金谷拓実選手は呉市立昭和北中学校から広島国際学院高校に進学をしています。

広島国際学院高校といえば、矢沢永吉さんの母校として知られています。

大学は松山英樹、池田勇太らも通っていた東北福祉大学に進学しゴルフ部で腕を磨いています。

金谷拓実のプロ転向は?

金谷拓実選手は2020年現在、東北福祉大学の3年生ですが、ゴルフ界としてはいつプロ転向するのか?が注目されています。

石川遼選手のようにアマチュアで実績を上げて早々とプロ転向するゴルフ選手もいますが、松山英樹選手のように大学卒業を待ってからプロ転向する選手もいます。

金谷拓実選手の場合、大学の先輩にあたる松山英樹選手に倣って、プロ転向するのはやはり大学卒業後で、最短で2022年シーズンからではないでしょうか。

金谷拓実の身長・体重は?

金谷拓実の身長体重は、

身長:172cm
体重:67kg

となっています。

決して体格が良いわけではなく、世界を相手にするにはパワー不足を感じさせるものの、金谷拓実選手はそのハンデを補って余りあるほどのテクニックの持ち主です。

金谷拓実の父親は?

金谷拓実選手の父親はもしかしたら、プロゴルファーの金谷多一郎選手ではないのか?と推測する人がいるようですが、実際には何の関係もないようです

金谷拓実選手の苗字の読み方は「金谷(かなや)」なのに対して金谷多一郎選手は「金谷(かねたに)」と違っています。

金谷拓実のドライバー飛距離は?

金谷拓実選手のドライバーの平均飛距離は290ヤードと日本の男子ツアーでも決してボールが遠くに飛ぶ選手ではありません。

実際に2019年マスターズに出場した際のティショットの飛距離は、初日と3日目が291ヤード、2日目は289ヤードと全体平均を下回っていました。

ただ驚くべきは、3日間通してのフェアウェイキープ率は88.10%で世界のトッププロを押しのけて堂々の1位を誇る正確性で、
3日間でなんと5回しかフェアウェイを外していない計算になります。

金谷拓実のクラブセッティングは?

金谷拓実選手のショットを中島啓太選手は「全部うまいけど、特にパッティングが本当にうまい」と評価しています。

ラインに乗ったらすべて入るんじゃないかと思うほどだそうです。

そんな金谷拓実選手のクラブセッティングは史上4人目となるアマチュア優勝を果たした2019年の三井住友VISA太平洋マスターズでは下記のようになっていました。

1W:PING G410プラス(9°)
(ジ・アッタス7S / 45.25インチ)
3W:PING G410 LST(14.5°)
UT:PING G410(19°)
5I:PING G700(4Iの代わり)
5I~PW:PING i210
A,SW:PINGグライドフォージド(52,58,60°)
PT:PING SIGMA2 ARNA
BALL:ブリヂストン TOUR B X

アマ4人目の偉業達成。金谷拓実の優勝ギアは14本すべてがPING!【WITB】 | ギアニュース
ゴルフギアニュースをチェックするならゴルフのポータルサイトALBA.Netが便利!国内・海外男女プロゴルフツアーのニュースは勿論、ゴルフツアー結果や詳細、ニュースフォトが見れるのは、ゴルフ情報ALBA.Netならでは!

金谷拓実のスイング動画

金谷拓実選手のスイングはしっかり振ってもブレない下半身の強さが特徴として挙げられます。

下半身からバックスウィングを始動させると、その動きに上半身を合わせて、上下の捻転差をスウィングの初期段階から作っています。

スイングトップからにスムーズに切り返しの動きに入るとクラブヘッドはターゲットのやや左を向くレイドオフの位置に。

しっかりスウィングプレーン上に乗ってインサイドからクラブが入ることで、エネルギーロスのないインパクトを実現しています。

ダウンスウィングも下半身から動き始め、腕が体に巻き付くように下りてくる。体の回転を活かしたスウィングです。

金谷拓実 ゴルフ スイング スローモーション
金谷拓実のゴルフスイング(スローモーション)【takumi kanaya golf swing slowmotion】
金谷拓実のゴルフスイング バンカーショット編(スローモーション)【takumi kanaya golf swing slowmotion】

金谷拓実のスポンサーや獲得賞金は?

金谷拓実選手は2020年現在、まだアマチュア選手なのでスポンサー契約はないようです。

タイトルとURLをコピーしました