平船智世子wikiプロフ|奇祭ハンターでスクール革命に出演!

スポンサーリンク
未分類

平船智世子さんとは、「ひとりイッテQ」をしている奇祭ハンターで、100ヵ国100祭り達成を目標にこれまでに数多くの国をめぐり様々な祭りを体験しています。

もともとはおとなしい性格で人と違う言動は控えていたという平船智世子さんの気になるプロフィールをまとめています。

スポンサーリンク

平船智世子wikiプロフィール

宮古島の奇祭!パーントゥ・プナハ 2017

名前:平船智世子(たいらぶねちよこ)
生年月日:1986年2月14日
年齢:34歳

平船智世子さんは高校まではどちらかというと「目立たない」「みんなと同じが一番安心」という毎日を送っていたタイプだったそうです。

周りの子たちのペースに合わせていたそうですが、そんな平船智世子さんにとって転機となったのが音楽の専門学校に通ったこと。

学校では年齢はおろか人を見た目で判断するような人はおらず、瞼・鼻・ベロと色んなところにピアスを開けてる子や頭がレインボーの色した子などまさに多種多様の世界。

平船智世子さんもすっかり周りの目を気にすることがなくなり、イベント会社に意気揚々と勤務するも「社会人ツラすぎる。」という感情が支配するようになります。

「自由になりたい…」という思いがとうとう抑えきれなくなったことから退職すると、様々な活動をする中で東北地域の復興祭というお祭りもお手伝いするようになります。

ボランティア帰りにプラっと青森のねぶた祭りに寄ったそうですが、そこで祭りに参加する人間の情熱にすっかり心を奪われると、
「日常に祭りというスパイスを。」というコンセプトで2013年11月3日、お祭り巡り世界一周の旅をスタートさせています。

北朝鮮の世界最大マスゲーム〝アリラン祭〟2018

平船智世子の経歴

平船智世子さんにとって初の奇祭となったのがイケメン遊牧民「ボロロ族」の婚活祭り。

ボロロ族の間で出会いの場として行われる婚活祭りが「ゲレウォール」で、目指す国はニジェール。

平船智世子さんは砂漠がある国というくらいの情報しか持たないまま現地入りをすると、人づてにボロロ族のことを聞きながら捜索するという電波少年のような体当たり。

何とかボロロ族に出会うことに成功すると、平船智世子さんが見たのは、コンテストに参加するためにファンデーションやら、ヘアセットやら、装飾品選びやら、自分を美しく見せる為におめかしするに「青年」たち。。

「ゲレウォール」とは何を隠そう女性が男性を選ぶというスタイルで女性から選んでもらうために年ごろを迎えた男たちが必死に多くの装飾品に身を包み、黄色や赤色などの粉末を顔に塗り、目や歯をなるべく大きく剥き出しにしながら、背伸びをするように身長の高さをアピールするダンスを披露。

ボロロ族では目や歯の白さが際立てば際立つほどイケメンという扱いになるそうで、平船智世子さんが撮影した美男子コンテストの様子をyoutubeに投稿すると、テレビ番組から映像提供の依頼をうけます。

それがテレビ東京「世界193カ国を完全制覇!全世界の衝撃映像SP」という番組で、平船智世子さんの試みは主に業界関係者を中心に知れ渡ることとなりました。

平船智世子さんは2020年は目指せ100ヵ国100祭りを目標にしているそうですが、これまでに訪れた国や奇祭は次のようになっています。

■2013年~2014年 1回目の世界旅行
1インド:ホーリー(Holi)
2タイ:イーペンサンサーイ祭(Yeepeng Sansai)
3.タイ:ロイクラトン(Loy Krathong)
4.ラオス:モン族の正月(Hmong New Year)
5.ラオス:フィルムフェスティバル(Film Festival)
6.ドバイ:カウントダウン(Count down for World Records)
7.ブータン:トンサ・ツェチュ(Trongsa Festival)
8.ブータン:ルンチェ・ツェチュ(Lhuentse Festival)
9.フランス:ニースのカーニバル(Nice Carnival)
10.フランス:マントンのレモン祭り(Menton Lemon Festival)
11.イタリア:ヴェネチアのカーニバル(Venezia Carnival)
12.スイス:リゾットカーニバル(Risotto Carnival)
13.スイス:ベルンのカーニバル(Bern Carnival)
14.スイス:バーゼルのカーニバル(Basler Fasnacht)
15.ギリシャ:ロケット花火戦争祭り(Rocket War)
16.ブラジル:W杯(FIFA World Cup 2014)
17.ペルー:インティライミ(Intiraymi)
18.ペルー:聖体祭(corpus cristi)
19.コロンビア:メデジンの花祭り(Feri de Las Flores Medelin)
20.コロンビア:なまけもの祭り(Festividad Dia Mundial de la Pereza)

■2015年  2回目の世界旅行
21.スペイン:バレンシア火祭り(Las Fallas)
22.スペイン:トマティーナ(La Tomatina)
23.スペイン:ブエルタエスパーニャ(Vuelta a Espana)
24.スペイン:カスカモラス(Cascamorras)
25.ニジェール:美男子コンテスト(Gerewol)
26.ニジェール:犠牲祭(Eid ul-Adha)
ドイツ:オクトーバーフェスト(Oktober Fest)
チェコ:シグナルフェスト(Signal Festival)
イタリア:ミラノ万博(Miran EXPO)
イラン:イマーム・レザー殉教日(The Martyrdom of Imam Reza)

■2016年
タイ:水かけ祭り(Songkran Water)
韓国:泥かけ祭り(Mud Festival)
メキシコ:死者の日(Dia De Los Muertos)

■2017年
34.イギリス:イースター(Easter)
35.ポルトガル:アントニオ祭り/イワシ祭り(Antonio)
36.スペイン:アリカンテの火祭り(San Juan)
37.スペイン:ワインかけ祭り(Wine Fight)
38.パプアニューギニア:ゴロカショー(GorokaShow)
39.ベナン:エグングン(Egungun)
40.ブラジル:リオのカーニバル
41.チリ:タパティ(Tapati)
42.ブルキナファソ:仮面祭り(Festima)
43.北朝鮮:太陽節/金日成主席生誕祭(Day of the Sun)
44.ベルギー:猫祭り(Kattenstoet)
45.オランダ:チーズ市(Kaasmarkt)
46.ラトビア:ブロンド祭り(Go Blonde)
47.スリランカ:ペラヘラ(Perahera Festival)
48.北朝鮮:アリラン祭(Arirang Festival)

■2018年 1月~3月(3回目の世界旅行)
偽物ドゴン族 事件
ブラジルリオカーニバル
チリ タパティ

引用:http://pale.co.jp/tv/4091/

平船智世子のツイッターやインスタグラム

平船智世子のツイッター
@tailovene

平船智世子のインスタグラム
@earth_festival

平船智世子のフェイスブック
@tai.love.ne

平船智世子のyoutube
Chiyoko Tairabune
チャンネル登録者数 2010人

平船智世子の高校や大学など学歴は?

平船智世子さんの通っていた高校について学校名は明らかになっていません。

ただ小学校の頃は超がつくほどの勉強嫌いだったそうでオマケにつられて進研ゼミを入ったり辞めたりを幾度となく繰り返すし、
学校のテスト勉強時も友達と夜中に長電話を楽しんで終了するような学生生活を送っていたそうです。

大学にも進学をしていますが、その時に並行して音楽の専門学校とのダブルスクールをしています。

平船智世子の家族構成は?母親と父親の仕事は?

平船智世子さんは両親・姉とも揃って公務員一家だったそうで、
姉たちはとても努力家で、控えめに言ってとても優秀なんだそうです。

平船智世子の彼氏は?

平船智世子さんはツイッターで彼氏がいないことを報告しています。

ちなみに、平船智世子さんが「ボロロ族」の婚活祭りに参加してようと思ったきっかけは、当時、付き合っていた彼氏の存在があります。

会社を辞めて世界の珍しいお祭りを巡る世界一周の旅に出かけるるようになり、付き合っていた彼氏はなんと3カ月に1度は会いに来てくれていたそうです。

平船智世子さんは「世界中旅をしてる私に会いに来てくれるなんて、私相当愛されている」と感じていたものの、
ある日、彼から「実は、君とは別れたい」と別れを告げられてしまい、なかば自暴自棄になって「ボロロ族」の婚活祭りに赴いたようです。

タイトルとURLをコピーしました