鉄道フェスティバル2019日比谷の混雑状況口コミ!トーマスショー時間やスケジュールは?

スポンサーリンク

例年15万人もの来場者数を記録するという鉄道フェスティバル日比谷が2019年の今年も開催されます!

2019年は第26回鉄道フェスティバルで、
例年大人気の「きかんしゃトーマスキャラクターショー」がもちろん開催されるほか、
マスコットキャラクターの「テッピー&テッピーナ」も登場します。

鉄道:「鉄道の日」について - 国土交通省
国土交通省のウェブサイトです。政策、報道発表資料、統計情報、各種申請手続きに関する情報などを掲載しています。
スポンサーリンク

鉄道フェスティバル2019日比谷の日程・スケジュール

毎年10月14日は1872年10月14日に新橋駅・横浜駅間で
日本初となる鉄道(蒸気機関車)が開業したのを記念して
祝日ではないものの「鉄道の日」と制定されています。

第26回目を迎える鉄道フェスティバル2019日比谷は、

  • 2019年10月12日(土)
  • 2019年10月13日(日)

の2日間にわたって行われます。※雨天決行
(開催時間:開始10:00~終了17:00)

会場も2018年までと同じく「日比谷公園 大噴水広場周辺」で入場無料

  • 鉄道事業者,協賛企業などによる展示,物販ブース展開
  • トレインファミリーゲーム大会
  • きかんしゃトーマスキャラクターショー
  • きかんしゃトーマス ミニSL乗車コーナー
  • お楽しみ抽選会・PRステージ
  • 海上保安庁音楽隊コンサート

といった例年とほぼ同じような内容となっていて、
鉄道情報のパネル展示、鉄道関連グッズの販売ブースでは、
各鉄道会社や協賛各社の趣向を凝らした内容となっています。

協賛企業の一つである日本民営鉄道協会では、
合図灯・ダイヤグラムなどの実際に使用している仕事道具を展示や
運転台・方向幕の操作体験ができるほか、
へ民鉄各社の代表車両を集めたオリジナルクリアファイルをプレゼントしてもらえる
「鉄道お仕事クイズラリー」を実施しています。

日比谷公園の小音楽堂(日比谷野外音楽堂)で開かれる
ステージプログラムは下記のようになっています。

https://www.mlit.go.jp/common/001308079.pdf

10月12日(土)の鉄道フェスティバル2019日比谷ステージイベント

  • 10:00 オープニングセレモニー(テープカット、表彰式)
  • 11:15 PRステージ、抽選会
  • 12:15 きかんしゃトーマスキャラクターショー
  • 13:25 海上保安庁音楽隊コンサート
  • 14:15 PRステージ、抽選会
  • 15:05 きかんしゃトーマスキャラクターショー
  • 16:00 PRステージ、抽選会
  • 16:40 トレインファミリーゲーム大会

10月13日(日)の鉄道フェスティバル2019日比谷ステージイベント

  • 10:00 オープニング
  • 10:35 PRステージ、抽選会
  • 11:35 きかんしゃトーマスキャラクターショー
  • 12:40 PRステージ、抽選会
  • 13:45 音楽の旅 アンサンブルコンサート
  • 14:45 PRステージ、抽選会
  • 15:35 きかんしゃトーマスキャラクターショー
  • 16:30 トレインファミリーゲーム大会

鉄道フェスティバル2019日比谷もトーマスショーは混雑必至!

鉄道フェスティバル2019日比谷で
「きかんしゃトーマスのキャラクターショー」開催日時は

  • 10月12日(土)12:15
  • 10月12日(土)15:05
  • 10月13日(日)11:35
  • 10月13日(日)15:35

と1日目、2日目共に1日2回開催されます。
(開始時間が違う点に要注意!)

鉄道フェスティバル日比谷ではタダでさえ混雑しているうえに、
トーマスショーは人気コンテンツの一つとなっているため、
口コミでは開演30分前の時点ですでに席はほぼ埋まってしまうほど。

最前列など良い位置できかんしゃトーマスキャラクターショーを子供に見せてあげたい場合には、
余裕を持って開園時間の1時間前には関取をしておいたほうが良さそうです。

ちなみに、「きかんしゃトーマスのミニSL」も大人気コンテンツで、
ひどいときには1時間半も待たされる羽目になるのでできるだけ開園直後を狙って
遊びに行くようにしましょう。

鉄道フェスティバル2019日比谷の混雑状況口コミ

2018年までの鉄道フェスティバル混雑状況について、
ツイッターでもたくさんの投稿が見られます。

ネットの口コミでも、開場直後から人気ブースにはすぐに長蛇の列ができるほどで
駅弁売り場でも早いうちに長い行列ができるだけではなく、
人気の商品は早めに売り切れてしまいます。

鉄道フェスティバル2019日比谷を思う存分楽しむのはなかなか難しいものがありますが、
あらかじめ見てみたい協賛企業のを予習しておいたほうがよっそうです。

鉄道フェスティバル2019日比谷の詳しいマップがこちら

https://www.mlit.go.jp/common/001308078.pdf

鉄道フェスティバル2019日比谷の協賛企業のうち
鉄道関連の会社・団体は下記のとおりです。

  • JR北海道
  • JR東日本
  • JR東海
  • JR西日本
  • JR四国
  • JR九州
  • JR貨物
  • 日本民営鉄道協会
  • 第三セクター鉄道等協議会
  • 日本地下鉄協会
  • 鉄道建設・運輸施設整備支援機構
  • 鉄道総合技術研究所
  • PASMO協議会
  • 交通新聞社
  • 東京都交通局
  • 首都圏新都市鉄道
  • 鉄旅オブザイヤー実行委員会
  • 天夢人

鉄道フェスティバル2019日比谷公園へのアクセス(電車)

鉄道フェスティバル2019日比谷の最寄駅は、

  • 日比谷駅から徒歩1分(東京メトロ丸ノ内線・千代田線、都営地下鉄三田線)
  • 内幸町駅から徒歩3分(都営地下鉄三田線)
  • 霞ヶ関駅から徒歩2分(東京メトロ丸ノ内線・千代田線)
  • 有楽町駅から徒歩8分(東京メトロ有楽町線、JR山手線・京浜東北線)

と様々な駅がありますが、日比谷公園の会場付近では混雑が予想されるので、
家族連れの方は子供が迷子にならないように気を付けましょう。

鉄道フェスティバル2019日比谷周辺の安い駐車場

鉄道フェスティバル2019日比谷が行われる日比谷公園の周りには、
駐車場が充実しています。

日比谷駐車場(日比谷公園の地下に位置)
収容台数:463台
料金:30分300円・1日最大2700円)

日比谷シティパーキング(東京都千代田区内幸町2-2-3)
収容台数:689台
料金:30分 300円(当日1日最大2400円)

※土・日・祝は最初の1時間無料

タイムズ日比谷セントラルビル(東京都港区西新橋1-2)
収容台数:24台
料金:30分 300円(駐車後24時間3400円)

タイムズNBF日比谷ビル(東京都千代田区内幸町1-1)
収容台数:16台
料金:30分 400円(最大料金2800円、07:00-00:00)

日比谷マリンビル駐車場(東京都千代田区有楽町1-5-1)
収容台数:44台
料金:30分 300円(一日最大1500円、(前金制)

東宝ツインタワービル駐車場(東京都千代田区有楽町1-5-2)
収容台数:25台
料金:30分 250円(最大料金なし)

ただ、日比谷公園の地下にある日比谷駐車場に関しては、
例年15万人という来場者数のことを考えると、
会場時間の10時前には満車になっている可能性が高いです。

もしここで紹介をしている駐車場がどこも満車だった場合には、
奥の手として収容台数420台の東京国際フォーラムの駐車場に停めると良いです。

東京国際フォーラムは有楽町駅前にあるので、
鉄道フェスティバル2019日比谷まで歩いて10分もかかりません。

タイトルとURLをコピーしました