縞模様のパジャマの少年の最後ネタバレ|復讐はわざと?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

縞模様のパジャマの少年のラスト(最後)をネタバレ気味に解説!

復讐はわざとだったんでしょうか?

スポンサーリンク

縞模様のパジャマの少年の最後ネタバレ|復讐はわざと?

■縞模様のパジャマの少年あらすじ
ブルーノは軍人である父親の仕事の都合でベルリンから遠く見知らぬ土地へ引っ越してきたが、遊び相手もおらず、退屈な日々を過ごしていた。そんな状況に限界を感じ始めたブルーノだったが、家から少し離れた場所に農場のような施設を発見する。大人の目を盗んでその施設へ行くと、そこには縞模様のパジャマを着た少年、シュムエルが地面に座っていた。シュムエルはユダヤ人であり、ドイツ軍によって迫害を受けていた。つまらない生活に退屈を感じていたブルーノと強制収容所で寂しい思いをしていたシュムエルに友情が芽生える。しかしその施設へ行くことは大人達に禁じられており、シュムエルの存在は家族には秘密だった。ある日、軍人の父親がユダヤ人に対して残虐な行為をしていることを見かねたブルーノの母が、父親を置いて子供達と一緒に別所へ移動することを決定する。姉は母の案に概ね賛成だったものの、ブルーノはシュムエルのことが気にかかっていた。ブルーノは引越しの当日、シュムエルの父を探す為、シュムエルのいる強制収容所にシュムエルと同じ縞模様のパジャマを着て紛れ込む。そしてシュムエルとブルーノは誤って他のユダヤ人と共に「シャワー室」に入ってしまう。何も知らない家族はブルーノを懸命に探すのだった。

縞模様のパジャマの少年のラスト(最後)は、主人公の少年(ドイツ軍のお偉いさんの息子)が収容所の友達に会いに行き、収容所に忍びこみます。

その時友達が貸してくれた収容所の服(縞模様のパジャマ)を着ていたため、ブルーノとシェムエルは収容所の中で他の大勢のユダヤ人たちと一緒にシャワー室へ。

父親(ドイツ軍のお偉いさん)が息子が収容所に忍びこんだのに気付いた時には時既に遅し

といったところです。

もう少しネタバレ気味に最後までのあらすじを紹介すると、ブルーノは軍人である父親の仕事の都合でベルリンから遠く見知らぬ土地へ引っ越してきたが、遊び相手もおらず、退屈な日々を過ごしていた。

そんな状況に限界を感じ始めたブルーノだったが、家から少し離れた場所に農場のような施設を発見する。

大人の目を盗んでその施設へ行くと、そこには縞模様のパジャマを着た少年、シュムエルが地面に座っていた。

シュムエルはユダヤ人であり、ドイツ軍によって迫害を受けていた。

つまらない生活に退屈を感じていたブルーノと強制収容所で寂しい思いをしていたシュムエルに友情が芽生える。

しかしその施設へ行くことは大人達に禁じられており、シュムエルの存在は家族には秘密だった。

ある日、軍人の父親がユダヤ人に対して残虐な行為をしていることを見かねたブルーノの母が、父親を置いて子供達と一緒に別所へ移動することを決定する。

ブルーノはシュムエルのことが気にかかっていた。ブルーノは引越しの当日、シュムエルの父を探す為、シュムエルのいる強制収容所にシュムエルと同じ縞模様のパジャマを着て紛れ込む。

そしてシュムエルとブルーノは誤って他のユダヤ人と共に「シャワー室」に入ってしまう。

なぜガス室に入ったかというと、ブルーノが引っ越す前にいなくなった父親を一緒に探して欲しいとシュムエルに頼まれ(その前にシュムエルのことを裏切った出来事があったため償いの意味も含めて)、収容所で人の流れに流されるままに進むと、そこはガス室。そしてたまたまその日その時間が『ガス殺の日』だったため。

一人のマスクをした兵隊が上から何か粉?みたいなものをいれますがツィクロンB(チクロンB)という、青酸ガス(毒ガス)を発生させる溶剤だと思います。

青酸化合物に、吸着剤と安定剤などを混ぜて精製したものです。

放置すると揮発して死に至る、と言う取り扱う側としては便利な代物(行為の是非はともかく)だったようです

缶を開けただけでも、効果はありますが、熱を加えるとより速く、広範囲に効き目があるので、映画の中では、シューッとガスが吹き出す方が一般的なイメージなのであの描写だったのでしょう。

いずれにしても救いの無い映画です。

縞模様のパジャマの少年 感想は?

タイトルとURLをコピーしました