ベンジャミン・バトン実話?あらすじは?映画 数奇な人生

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

映画「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」は実話?

ベンジャミン・バトンには実在モデルがいるんでしょうか?

生まれたときはおじいちゃんで年を重ねるごとに若くなっていくベンジャミンの数奇な人生を物語りにした映画「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」は実話?

スポンサーリンク

ベンジャミン・バトン実話?映画 数奇な人生

映画「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」は実話ではなくF・スコット・フィッツジェラルドの短編小説で、

勿論フィクションです

生まれながらに、老人の体質という子供は存在するけれど、それが成長とともに若返るということは現代では考えられません。

時代設定は正確ですが、人間も動物も若返ることはありません。

年老いるのが早い病気とか、そういうものはありますが。

ベンジャミン・バトンあらすじ

ハリケーンが近づく病院で、老女が娘に向かって語りはじめる。
それは80歳の老人として生まれ、次第に若返っていった男の数奇な半生の物語だった。
その男、ベンジャミン・バトン(ブラッド・ピット)は1918年、ニューオリンズで生を受けた。
産むと同時に母は死に、父は呪われた赤ん坊と彼を老人養護施設に捨てる。それを拾ったのは、黒人の介護士であるクイニー(タラジ・P・ヘンソン)だった。
彼女は、その赤ん坊をベンジャミンと名付け、自分の子供として育てることを決める。
12歳になったベンジャミンは、施設の入居者の孫娘であるデイジーと出会う。
6歳のデイジーは、老いた子供であるベンジャミンに親しみを感じた。やがて、ベンジャミンは船で働きはじめる。
女と酒の味を覚えた彼は、ボタン工場のオーナーと知り合う。
その男は、ベンジャミンの父だった。
ベンジャミンのその後が気になり、彼に接近したのだ。
36年、施設から独立したベンジャミンは恋を知り、第二次世界大戦の戦火もくぐり抜けた。
45年、施設に戻ったベンジャミンは、成長してバレエダンサーとなったデイジー(ケイト・ブランシェット)に再会する。
デイジーに思いを寄せるベンジャミンだが、彼女はバレエに夢中だった。
そんなデイジーが交通事故に遭い、ダンサー生命を絶たれたとき、二人は結ばれる。
やがて、デイジーは娘を産む。
父から受け継いだボタン工場を売ったベンジャミンは、デイジーと娘に財産を残して放浪の旅に出る。
それは、自身の人生を確認するためのものだった。
旅から帰ってきた時、デイジーには夫がいた。
外見は少年ながら、内面は老人になり果てたベンジャミンを見守るのは、夫を亡くしたデイジーだった。
そして、赤ん坊の姿でベンジャミンはこの世を去る。
長い物語を娘に語り終えて、老いたデイジーも息をひきとった。
外では、カトリーナ台風が近づいてきていた。

映画ベンジャミン・バトン実話?感想は?

タイトルとURLをコピーしました