大林美和(ザ・ノンフィクション)年収は?私が守りたいもの~北の大地 牧場一家の12年~

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

大林美和さんは「大林ファーム」を経営していてフジテレビの「ザ・ノンフィクション」にもたびたび取り上げられてきました。

2021年11月にも「私が守りたいもの~北の大地 牧場一家の12年~」で取り上げられた大林美和さんと大林ファームについて。

スポンサーリンク

大林美和のザ・ノンフィクション「私が守りたいもの~北の大地 牧場一家の12年~」

大林美和さんの「大林ファーム」が初めてザ・ノンフィクションで取り上げられたのは2017年のこと。


北海道日高地方。番組は、小さな牧場を見つめ続けてきた。8年にわたる記録。両親から受け継いだ大林ファームを懸命に守ろうとする若い夫婦、大林弘明さん、妻は美和さん。そして保育園に通う子ども2人は2人の宝物。夫婦で助け合い幸せそうな家族に見えますが、信じられない出来事が起こった。牧場を支える馬の安楽死、レース馬が売れない。更に、一家の大黒柱弘明さんの身体に異変が起こった。子どもたちはそれでも成長、ゆとりのない生活を幼いなりに感じていた。しかし、家族にビッグチャンスが舞い込んだ。大林ファーム出身のアサティスボーイがビックチャンスを掴んだ。その時、まさかの出来事が起こった。

大林ファームは北海道新冠町にあるサラブレットの生産牧場。母馬に仔馬を産ませて売れることで収入になる。2009年8月、日高軽種馬農協サマーセールが行われた。3頭のうちの1頭のセリが始まろうとしていた。家族の生活を左右する瞬間、大林ファームの馬のスタートは200万円からだったが落札されなかった。弘明さんから電話があった。結局一頭も売れず値段を下げて買い手を探さなければならない。ここ数年はそれを繰り返している。2人の出会いはパチンコ店、美和さんのアプローチから始まった。実は牧場を継ぐか迷っていた弘明さん、決意のきっかけは牧場をつくる若き日の父の苦闘が掲載されていた。馬が大好きな父弘光さんは牧場を手に入れた。支えたのは妻の千鶴子さん、しかし母千鶴子さんはがんで父もその後あとを追うように亡くなった。末っ子の弘明さんは両親の夢を引き継いだ。しかし、2009年8月、スケアヘッドラインが放牧中にケガを負ってしまった。大林ファームのエースだった。

翌日、けがの治療中だったスケアヘッドラインが治りかけていたけがが悪化していた。痛々しく腫れ上がっている。あとは楽にさせるしかないと言った。安楽死。美和さんには家族のように大切な馬だった。そして、スケアヘッドラインとの別れの時がやって来た。獣医さんが重い足取りで厩舎へ。安楽死の準備をする。スケアは天国に旅立った。スケアとの最後のお別れ。そして、追い打ちをかけるように2010年4月、弘明さんに腫瘍が見つかった。耳下線深葉腫瘍、難しい手術だった。手術は成功し腫瘍が綺麗にとれた。悪性ではなかった。2010年6月、福島競馬場に弘明さんの姿があった。スケアヘッドラインの仔がデビューしたが、応援も虚しい結果に終わった。そして、美和さんは家計を支えるため保育園でパートの仕事を始めた。一方牧場では弘明さんが20頭の馬の世話を1人ですることになった。2012年4月、次男の和真くんが小学1年になった。生活が苦しいことを小さいながらに子どもたちは気付いていた。子どもたちの成長に幸せを感じた。美和さんは保育園が休みの日は弘明さんをお手伝いしていた。体が心配だと言う。ほぼ1人で牧場を切り盛りしていた弘明さんに心配が現実となった。

大林ファームに飛び込んだビックニュース。11番アサティスボーイがレースに勝った。賞金がぐんと高くつくレースでG1はトップレースの最高峰のレースになる。38年目で初の重賞だった。2013年10月、さらにG2をねらっていく。

しかし大林ファームの命運をかけたアサティスボーイ、落馬してしまった。絶好調だったアサティスボーイの落馬だった。夢は砕け散った。これが現実。2017年の冬、日高地方は連日厳しい寒さに襲われた。冬の作業は相変わらず厳しい。でも、子どもたちはすくすくと育っていた。長男の諒太くんは中学に進学、次男の和真くんは6年生になった。大林ファームは去年生産馬のシゲルテングダイが大活躍、牧場は始まって以来の最高の収入を得た。また仔馬も生まれる。弘明さんが継いでから10年でようやく活気がでてきた。こつこつと誠実に仕事を続けてきたことが馬主さんへの信頼へと繋がった。美和さんは保育園のパートをやめる事ができ、今はまた夫婦で一緒に馬を育てている。家族の夢はもちろん、「オグリキャップのように大きなレースを制する馬を家族でつくること」と言う。


そして2021年11月28日には「ザ・ノンフィクション 私が守りたいもの~北の大地 牧場一家の12年~」として再び放送されることになりました。


北の大地で生きる家族の12年…小さな牧場に嫁いだ妻は2児の母となった…都会で傷つき不登校となった双子のきょうだいと息子たちとの共同生活…一家に別れの時が迫る

私たちがその家族に出会ったのは12年前…
大林美和さん(当時34歳)が嫁いだのは、北海道・新冠町の小さな牧場。札幌で生まれ育ち、スローライフに憧れた美和さんは結婚して7年。父がつくった牧場を継いだ夫と保育園に通う2人の息子とともに、競走馬を育てる毎日。
命と向き合う仕事は、早朝から深夜まで続く重労働。もちろん休日もない。嫁いで来た当初、毎日馬房で泣いていたという美和さん。長引く不況で競争馬は売れなくなり、生活は苦しくなるばかり。そんな時、稼ぎ頭だった牝馬が放牧中に足を骨折してしまい、やむなく安楽死処分に。牧場経営を揺るがす大ピンチに陥り、夫は経営難で無気力になってしまう。美和さんはそんな夫を支え、経営を少しずつ立て直していくのだが…

そして2017年、美和さんは、都会に住む不登校の小学生、双子のきょうだいを預かる決意をする。雄大な自然や馬に囲まれたこの場所なら、2人の傷ついた心をいやすことができると美和さんは信じていた。美和さんの息子2人との不思議な共同生活。次第に息子たちと一緒に学校へ通い始めるきょうだい。大林家で暮らし始めて1年、この地で卒業式を迎えることになる…

美和さんが子供たちに伝えたいこと。そして、どうしても守りたいものとは…カメラが見つめた北の大地で生きる家族の12年の物語。

ザ・ノンフィクション - フジテレビ
ザ・ノンフィクション - オフィシャルサイト。番組紹介 - 2011年の東日本大震災から、何かが変わった。その何かがこの国の行方を左右する。その「何か」を探るため、「ザ・ノンフィクション」はミクロの視点からアプローチします。普通の人々から著名人まで、その人間関係や生き方に焦点をあて、人の心と社会を描き続けていきます。

大林美和の(ザ・ノンフィクション)年収は?

大林美和さんは2017年時点では、保育園のパートに出ることになりますが、保育園の給料ってどれくらいなのかというと、900円~1200円程度の時給。

週5で8時間働いたとしても192000円(時給1200円計算)で20万円には届かないし、もちろん、大林美和さんはそれだけフルタイムで保育園で働いていたわけではありません。

「大林ファーム」の収入に関しても、馬の生産価格は一頭当たり平均600万程度なのに対して売価が500~600万程度。

つまり高く売れても1頭当たり100万円の利益が残るかどうかといった感じ。

ただ「大林ファーム」の競走馬で得た収得賞金は波はあるものの良い時には3000万円を超える時もあったので、現在は2017年時点よりも経営は安定しているのかもしれませんね。

年度 総合ランキング 出走頭数 出走回数 勝利頭数 勝利回数 勝率(%) AEI 収得賞金(円) 代表産駒
2021 564 18 157 6 10 6 0.23 16,452,000 シゲルコウモリ
2020 493 14 128 8 15 12 0.40 23,983,000 ビナジャンボ
2019 429 18 199 7 17 9 0.43 32,825,000 サンダーマックス
2018 516 18 177 7 18 10 0.29 22,543,000 サンダーマックス
2017 652 20 202 4 6 3 0.16 13,827,000 サンダーマックス
2016 414 17 258 8 12 5 0.45 32,806,000 アイファーサラオー
2015 559 16 216 8 12 6 0.29 19,258,000 シゲルテングダイ
2014 609 13 165 8 14 8 0.30 15,814,500 アイファーサラオー
2013 285 10 136 4 7 5 1.36 53,366,000 アサティスボーイ
2012 649 11 103 4 8 8 0.35 14,885,000 リアライズドリーム
2011 631 16 133 5 13 10 0.28 17,416,000 アサティスボーイ
2010 383 19 173 7 11 6 0.60 45,394,000 アサティスボーイ

タイトルとURLをコピーしました