徳島市立高校サッカー部メンバー2020|出身中学や進路は?監督は?

スポンサーリンク
0未分類

徳島市立高校が第99回全国高校サッカー選手権大会の本選に出場。初戦は4年連続11回目の出場を誇る栃木県代表の矢板中央高校と対戦します。

スポンサーリンク

徳島市立高校サッカー部メンバー2020

徳島市立高校は第99回全国高校サッカー選手権徳島県予選の決勝で鳴門渦潮と対戦。

立ち上がりの前半4分には、CKからDF前田俊のクロスをDF渡邉浩章が頭で合わせて先制すると直後の7分にも、前田俊のクロスが起点となりリードを2点差と広げます。

試合はそのまま2得点を守り切った徳島市立が2-0で勝利し、3年連続18回目の選手権出場を決めました。

1 GK 岩本侑真 3年 徳島FCリベリモ
17 GK 藤澤芭琉 1年 那賀川中
23 GK 楠龍斗 2年 セレッソ大阪和歌山U-15
2 DF 稲川陽友 1年 フレスカ神戸
3 DF 花房玲遠 1年 フレスカ神戸
4 DF 山本紘輝 3年 川内中
5 DF 前田俊 3年 上板中
21 DF 三倉頼真 3年 国府中
22 DF 渡邉浩章 3年 シーガルFC
25 DF 諏訪一玖巳 2年 シーガルFC
26 DF 河合侑馬 1年 伊丹FC
30 DF 野々村泰成 1年 徳島ヴォルティスJrユース
6 MF 小林直人 3年 レオSC
7 MF 前川泰聖 3年 徳島ヴォルティスJrユース
10 MF 中田舜貴 3年 徳島ヴォルティスJrユース
13 MF 川上楓雅 2年 川内中
14 MF 佐藤秀一 2年 リベラールE.C
15 MF 柴田侑茉 1年 羽ノ浦中
16 MF 宮崎英史 2年 宮田中
18 MF 井口智貴 2年 伊丹FC
19 MF 織田大翔 1年 FC.Livent
20 MF 大野龍功 3年 市場中
27 MF 日野主義 1年 FC.Livent
28 MF 河村壮真 1年 徳島FCリベリモ
29 MF 吉田壮汰 1年 城西中
8 FW 藤島涼介 2年 徳島ヴォルティスJrユース
9 FW 中山湧愛 3年 徳島FCリベルモ
11 FW 石井嵩也 3年 阿南一中
12 FW 林秀太 1年 シーガルFC
24 FW 秋月大和 1年 愛媛FC U-15新居浜

基本フォーメーション・スタメン【3-5-2】

徳島インハイ代替大会 徳島市立 中田 舜貴主将コメント

徳島市立高校サッカー部の注目選手は?

MF中田舜貴

中田舜貴選手は、中学までは2020年に7年ぶりにJ1昇格を果たした徳島ヴォルティスの下部組織(ジュニアユース)でプレーしていましたが、
「高校サッカーで頑張った方が成長できると思った。」からユース昇格を蹴って徳島市立高校に入学。

状況判断とパスセンスに優れたボランチで、ロスなく攻撃を組み立てる能力を持ち合わせています。

2019年の徳島市立高校サッカー部メンバー

No. Pos. 選手名 学年 身長/体重 前登録チーム
1 GK 中川 真 3 188/80 徳島ヴォルティスジュニアユース
2 DF 渡邉 浩章 2 182/69 シーガルFCジュニアユース
3 DF 土田 桜介 3 181/73 FC今治U-15
4 DF 川人 太陽 3 183/72 プルミエール徳島SC
5 DF 田内 悠貴 3 173/63 徳島FCリベリモ
6 MF 中田 舜貴 2 176/60 徳島ヴォルティスジュニアユース
7 MF 大野 龍功 2 171/60 市場中学
8 MF 平 佑斗 3 175/67 FC Livent
9 DF 前田 俊 2 168/65 上板中学
10 MF 阿部 夏己 3 166/62 愛媛FC U-15
11 FW 木村 広也 3 165/60 Liberal Esporte Clube de Junior
12 DF 三倉 頼真 2 186/68 国府中学
13 FW 石井 嵩也 2 176/65 阿南第一中学
14 DF 二宮 蒼士 3 181/70 FC Livent
15 MF 野口 蓮太 3 162/56 プルミエール徳島SC
16 MF 佐野 博紀 3 177/62 川内中学
17 GK 米田 世波 3 182/70 徳島FCリベリモ
18 FW 槇野 秋也 3 172/59 徳島FCリベリモ
19 DF 工藤 壮太 2 175/64 徳島ヴォルティスジュニアユース
20 DF 久井 光太朗 3 177/68 レオSC
21 MF 岡田 優哉 3 175/61 徳島JFC吉野川SCオーレ
22 MF 黒田 昂誠 2 184/65 帝人SS
23 GK 岩本 侑真 2 189/80 徳島FCリベリモ
24 MF 小林 直人 2 177/67 レオSC
25 MF 佐藤 秀一 1 177/63 Liberal Esporte Clube de Junior
26 FW 前川 泰聖 2 160/60 徳島ヴォルティスジュニアユース
27 FW 中山 湧愛 2 173/69 徳島FCリベリモ
28 DF 山本 紘輝 2 175/68 川内中学
29 MF 藤島 涼介 1 166/51 徳島ヴォルティスジュニアユース
30 DF 大地 勇悟 3 178/68 プルミエール徳島SC

徳島市立高校は2019年、インターハイ、選手権共にベスト8に輝き、
公立高校としてはここ最近でも類を見ない活躍を見せています。

徳島市立高校サッカー部の監督は?

徳島インハイ代替大会 徳島市立 河野 博幸監督コメント

徳島市立高校の監督は河野博幸さんです。

徳島市立高校時代には高校2年生の時に2年生主体の若いチームでありながら全国高校総体(インターハイ)優勝や
1991年の高円宮杯全日本ユース選手権(現・高円宮杯プレミアリーグ、チャンピオンシップ)で優勝を果たしています。

ただ徳島市立高校はその後、低迷が続き、選手権では2001年の11回目の出場を最後に10年間も県予選を突破できずにいました。

徳島市立高校の選手権出場を阻んでいたのが、秋田商と常に争うように選手権最多出場記録を更新していた徳島県の古豪・徳島商業高校で、
その名門のオレンジ軍団を率いていたのが、河野監督でした。

河野博幸が徳島市立高校にのサッカー部監督に就任して以来、7年間で6度の選手権出場を果たし、2005年度の選手権ではベスト16まで勝ち進んでいます。

河野博幸監督の指導方針は、その年にいる選手のタイプによって戦い方を変えているそうで、
「繋ぐ、蹴らない」年もあれば「まずは守備を重視して、ドンドン前に出ていく」年代もあるとのこと。

2020年の選手権大会の予選決勝に関しては、後半に入って前半のように相手ゴールに迫る回数が少ないまま試合を終えたことに関しては危機感をあらわにしていました。

「今年の悪い所が全部出た試合」と振り返るのは、河野監督。本気で全国の上位を狙うには、緩みがちになっていた学校生活を含めて改善すべき点はたくさんあると厳しい言葉を続ける。特に重要となるのは、守備の強度アップだ。打倒・徳島市立を目指し、守備を固めてくる相手が多かった予選を勝ち抜くため、攻撃の練習だけをしてきたが、立場が入れ替わる全国に向けて、ここから一気に個人として、組織としてのレベルアップしなければいけない。「今が底。ここから上がっていくしかない」。

https://web.gekisaka.jp/news/detail/?316341-316341-fl

歴代の徳島市立高校サッカー成績

全国高校選手権出場17回
8強(19年度)

全国高校総体出場18回
優勝1回(92年)

全日本ユース(U-18)選手権
優勝1回(91年)

タイトルとURLをコピーしました