android12バグ・不具合は?重い・wifi繋がらない・再起動ループは?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

android12正式版が日本時間の10月20日にリリースされました。

スポンサーリンク

android12バグ・不具合は?重い・wifi繋がらない・再起動ループは?

「Android 12」正式配信スタート、Pixelシリーズで

 グーグルは、「Android 12」の正式配信を開始した。編集部ではPixelシリーズで利用できることを確認した。

 「Android 12」は、これまでと比べ大きくデザインが一新され、新たに「Material You」と名付けられたコンセプトに基づいて、ユーザーインターフェイスが変更されている。
https://news.yahoo.co.jp/articles/405fb66e0c4e6168691bd505a33a8162d7caa271

Android 12は、これまでの多くのバージョンに比べて、ウィジェットを重視

ウィジェットセレクターは、スクロールや表示を容易にするために完全に見直されました。さらに、ウィジェットにはいくつかの新しいAPIが用意されており、パフォーマンスの向上、Material Youテーマとの連携、さらにはAndroid 12の新しいウィジェットをネイティブに扱うことができます。

新しいAPIは、開発者がウィジェットの外観や機能を改善するのに役立ちます。多くのウィジェットは、何年も前に作られたものと同じように見えるため、開発者がウィジェットを更新するようになることを願っています。さらに、Material Youによるテーマ設定により、ウィジェットのパーソナライズが容易になり、ホーム画面との親和性を高めることができます。これは、Android Honeycombでサイズ変更可能なウィジェットが登場して以来、Googleがウィジェットに最も力を入れている点です。

■クイック設定タイル

クイック設定も大幅に見直されました。これまでの小さなトグルがなくなり、代わりに大きな丸い長方形のボタンが採用されました。これらの新しいタイルは、従来のトグルのように、タップしてオン/オフを切り替えることができます。また、カメラやマイクへのアクセス(詳細は後述)、Google Pay、アラート、スマートホーム関連の新しいタイルも用意されています。
タイルの中には、動作が異なるものがいくつかあります。例えば、インターネットタイルは常にプロンプトが表示され、モバイルデータとWi-Fiデータの両方の情報が格納されています。全体的には、単なる美観の変化に過ぎません。しかし、タイルが大きくなったことで、より見やすく、より多くの情報が表示されるようになりました。もちろん、そのためにはスペースを犠牲にしなければなりません。トグルを多用するユーザーは、間違いなく複数のページが必要になるでしょう。

■設定
「設定」メニューは、デザインが変更されただけでなく、いくつかのマイナーな変更も加えられています。デザインの変更点としては、SamsungのOne UIを参考に、大きなヘッダーが大きなスペースを占めるようになりました。これにより、背の高い携帯電話でも、どのページでも一番上の設定に手が届きやすくなります。コードネーム「Silky Home」と呼ばれるこの新しいデザインは、開発者向けプレビュー版の初期段階ではADBによるアクセスが必要でしたが、Android 12では標準装備されています。

その他の注目すべき変更点としては、メインの「設定」ページに「安全と緊急」が追加されたことが挙げられます。これにより、緊急時の連絡先などを設定できるようになり、設定項目を増やす必要がなくなりました。

■通知機能とその他の変更
Android 12には、小さな変更点がたくさんあります。スムーズに動作するためのアニメーション、通知の有無に応じて変化する新しい常時表示、わずかに更新された通知、その他、OSをより流動的で生き生きとした反応のあるものにするためのちょっとした工夫などが含まれています。これらの変更は、OS全体に様々な形で反映されています。また、携帯電話を接続したときの充電アニメーションも新しくなり、とてもきれいになりました。
通知機能についても、今年はGoogleの愛情が注がれました。Android 12の美観に合うように微妙なデザインの更新が行われただけでなく、基盤の変更により、通知からアプリを開いたときの起動が速くなったほか、見た目と操作性が向上しました。

タイトルとURLをコピーしました