Tweetdeck死んだ?落ちた原因は?使えないTweetdeck障害復旧はいつごろ?

ツイッターではapiが割と頻繁に更新・アップデートされるため、
そのたびにツイッターAPIを利用した様々なサービス・アプリが影響を受けることになります。

8月にもツイッターAPI仕様変更の嬰起用を受けてJanetterが使えなくなり、
ネットでは「死んだ」「落ちた」という口コミが相次いでいましたが、
10月2日にはツイッター公式アプリであるTweetdeck(ツイートデック)に障害が発生した模様です。

なお日本だけではなく世界中で同様のTweetdeck(ツイートデック)障害が発生しているようです。

Tweetdeck(ツイートデック)死んだ?落ちた原因は?

絡むごとに特定のツイートを並べて一覧表示できたり、
1つのアカウントを複数人で共有するといった機能を便利に使えるので
人気のあるTweetdeck(ツイートデック)が突然、使えなくなったという声が相次いでいます。

  • ログインできなくなった
  • 死んだ
  • 終わった
  • 落ちた
  • つながらない
  • 挙動がおかしくなり、1ツイートだけ読み込んだまま死んだ
  • TweetDeckログイン画面のループ
  • Twitter公式に飛ばされる

などなどの口コミが相次いでいますが、ツイッターAPIの仕様が変更されるといったアナウンスはありません。

ついっぷるトレンド https://tr.twipple.jp/
トゥギャッター https://togetter.com/

といったサービスにも特に影響が出ていないようなので、
Tweetdeck(ツイートデック)のサーバーにシステム障害が出ている可能性も考えられます。

Tweetdeck(ツイートデック)はアプリを端末にインストールして使用するクライアント型サービスではあるものの、
一部の機能に関してはもしかしたらサーバーサイドなのかもしれません。

Tweetdeck(ツイートデック)はアプリ版だけではなくchrome版など、
ウェブブラウザでも動作しないようです。

使えないTweetdeck(ツイートデック)障害復旧はいつごろ?

Tweetdeck(ツイートデック)がいつ頃復旧するのか?詳しい情報はまだ発表されていません。

janetterのケースでは、数日くらいのうちにアップデート版が配布されたので、割とすぐに復旧を済ませていました。

現時点でできるのは、Tweetdeck(ツイートデック)以外の
ツイッタークライアント(アプリ)を利用することじゃないでしょうか。

完全に代替することはできないものの、たとえば、先ほど紹介したjanetterなら、
Tweetdeck(ツイートデック)が使えない今でも利用できるようです。

国産Twitterクライアント「Janetter」
おしゃれで速いTwitterクライアント「Janetter」を公開。 無料で人気のフリーソフトです。

Tweetdeck死んだ?落ちた?使えない?障害発生?に関するツイッターの反応

タイトルとURLをコピーしました