罠の戦争(ドラマ)原作・あらすじネタバレ

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

ドラマ「罠の戦争」は「銭の戦争」「嘘の戦争」に続く“戦争シリーズ”第3弾

草なぎ剛さんが主演を務めますがドラマの原作となる小説やマンガはあるんでしょうか?

スポンサーリンク

罠の戦争(ドラマ)原作

ドラマ「罠の戦争」は議員秘書・鷲津亨(草なぎ剛)が、息子を瀕死の重体に追いやった事件の犯人とそれを隠蔽(いんぺい)しようとする国会議員への復讐に燃えるという弱者による強き権力者へ復讐するリベンジ・エンターテインメント

「銭の戦争」「嘘の戦争」に続く「戦争シリーズ」第3弾ということで原作のないオリジナル脚本だとみられます。

ただ「銭の戦争」「嘘の戦争」は韓国のテレビドラマ『銭の戦争』(2007年制作)を原作としているので、何らかのモチーフになっている可能性はあります。

罠の戦争(ドラマ)あらすじ

随時更新

■参考:銭の戦争あらすじ
青池梢(木村文乃)との婚約も整い人生の絶頂期にあったエリート証券マンの白石富生(草彅剛)は、
ある日突然全て失い、借金まみれのホームレスに転落してしまった。
人生の勝ち組から負け組へ一気に転落した男の大逆転劇を描く。

■参考:嘘の戦争あらすじ
母と弟を殺し、自らも無理心中した父。だが、それは仕組まれた殺人事件だった。真犯人の顔を見た9歳の少年・千葉陽一は、警察に真実を証言するが、信じてもらえないどころか、「嘘つき」と呼ばれ、親戚からも孤立してしまう。やがて、陽一は海外に渡って一ノ瀬浩一と名を変えて詐欺師になり、真犯人との再会を経て復讐のため、日本に帰国する。30年の時を経て事実を知った浩一は、詐欺師ならではの手法で罠を仕掛ける。

罠の戦争(ドラマ)ネタバレ

随時更新

タイトルとURLをコピーしました