ウエストサイドストーリーでアニタ(アニータ)最後の伝言はなぜ?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

ウエストサイドストーリーでアニタ(アニータ)は最後になぜアニータはあんな伝言を言ったのでしょうか?

マリアが頼んだんでしょうか?

スポンサーリンク

ウエストサイドストーリーでアニタ(アニータ)最後の伝言はなぜ?

ウエストサイドストーリーの最後でマリアが頼んだのは、「少し遅くなるけど行くから待ってて」という伝言をトニーに伝えること。

アニタ(アニータ)はその直前に恋人ベルナルドを殺され、その時点で心が砕け散っていました。

ところが傷心のまま帰宅するとマリアがベルナルドを殺したトニーと恋仲である事を知り一時は激昂します。

「トニーだけはダメ。恋人なら仲間のシャークスから選びなさい」と繰り返し説得しますがマリアは聞かず、トニーと駆け落ちするというマリアの懇願を渋々受け入れます。

そして冒頭の伝言を預かるわけですが、こういった事情からアニタは元々マリアとトニーの仲に肯定的ではなく、むしろ否定的なのを無理やり押し殺して協力している状態です。
ところが、伝言を伝えに行くとトニーは見当たらず、トニーの仲間達ジェッツの男達に乱暴され人種差別を浴びせられます。

元々恋人を失い限界状態で、トニー率いるジェッツは恋人ベルナルドを殺した仇、加えて人種差別。

アニタの心は限界を超え、嘘を教えてしまったのです

タイトルとURLをコピーしました