迫田孝也の父や結婚した嫁の画像は?ドラマ相棒や真田丸で話題

スポンサーリンク
未分類

迫田孝也さんは様々な芸能人に似てるという噂もありますが、ドラマ相棒や真田丸などの演技が高く評価されていますよね。

アンサングシンデレラにも出演をする迫田孝也さんですが、気になる結婚した嫁の情報や父親について調べてみました。

スポンサーリンク

迫田孝也wikiプロフィール

名前:迫田孝也(読み方:さこだ かつや)
生年月日:1977年4月6日
出身地:鹿児島県鹿児島市
身長:170cm
高校:鹿児島県立鶴丸高等学校
大学:広島大学教育学部(最終学歴)
所属事務所:ホリプロ
資格:自動車免許(AT限定) 、中学高校保健体育教員免許

薩摩隼人を絵にかいたような厳格な父の背中を見て育ったさんは最初から俳優を目指していたわけではなかったようです。

もともとは父親と同じく教師を目指して鹿児島県ではトップクラスの進学校として知られる鶴丸高校に進学。

高校時代はバレーボール部に所属し、ポジションはリベロでキャプテンを務めていたことから体育教師になることを目的に保健体育の専門コースがある広島大学に進学しています。

迫田孝也の経歴

迫田孝也さんが俳優の経歴(キャリア)を積み重ねるきかっけとなったのは大学生の時に奄美大島の旅館で住み込みのバイトをしたこと。

具体的に大学何年生なのかは定かでははないものの、山田洋次監督を率いるロケ隊が映画撮影のために旅館に長期滞在しており、
スタッフや俳優らと接するうちに役者になろうという気持ちを強く抱くようになります。

ちなみに、山田洋次監督といえば「男はつらいよ」が代表作の一つで、迫田孝也さんの大学生のころにはちょうど奄美大島を舞台にした「寅次郎紅の花」が公開されているので、その撮影のために滞在していたんじゃないでしょうか。

迫田孝也さんは大学を卒業して中学高校の保健体育教員免許は取得するものの、上京して劇団「STRAYDOG」に入団。

他の劇団員と比べて自分の演技の経験経験が浅飼ったことから一時は人前で演技ができなくなって引っ込み思案になったそうですが、
初舞台 半神(2002年)を皮切りに、舞台に立つ回数が増えていくにつれて苦手意識も克服され、次第に「外に出て、もっと仕事の幅を広げたい」といった野心を持つようになります。;

意を決して所属事務所を移し、心機一転を図ったのはよいものの、「警察官A」など名前のない役しか回ってこない不遇の時代を迎えることになりまsう。;

仕事は増えない日々を変えようと30代なかばでフリーとなり新しい事務所の面接試験を受けるも落とされる日々が1年以上も経過。

役者として続けていこうかどうか、心が折れそうになったとき、すがる思いで電話をしたのが、以前に舞台で知り合ったあの三谷幸喜さんです

迫田孝也さんの思いが通じたのか、三谷幸喜作・演出の舞台『酒と涙とジキルとハイド』に起用され、
さらに制作を担っていた大手芸能事務所のホリプロからも声がかかり、迫田孝也さんにとって大きな転機となりました。

迫田孝也のツイッターやインスタグラム

迫田孝也のツイッター

迫田孝也の高校や大学など学歴は?

迫田孝也さんが通っていた高校は1894年に開校された鹿児島県の中で最も古い高校です。

学校の歴史は島津の藩校「造士館」の流れをくみ、校名も旧薩摩藩主・島津家の居城「鶴丸城」に由来している鹿児島県随一公立進学校で偏差値74はと超難関校。

迫田孝也さんと同じ高校の出身の有名人・芸能人には、

辛島美登里
西田淳裕(キンボシ)

といった方のほか、県知事や衆議院議員など多数、名を連ねています。

迫田孝也の家族は?両親(母親と父親)の仕事は?

迫田孝也さんはテレビドラマや映画に出演する俳優としてタレント業を営んでいるものの、父親は芸能界とは無縁の仕事をしています。

迫田孝也さんの父親の職業は高校教師で、迫田孝也さんの生まれは鹿児島県川内市ではあるものの、田代→指宿→鹿児島市内と小さい頃は転勤・引っ越しを繰り返していたそうです。

迫田孝也は結婚した嫁は?子供はいる?

迫田孝也さんには子供がいるのかどうかまでは調査しきれなかったものの、少なくとも2011年に結婚していることがわかりました。

お相手は劇団STRAYDOGで一緒だった「多々良光洋」さんのブログから、
モデルとして活躍している「みくり」さんという方です。

さらに、以前まで“浅井みくり”という芸名で活動されていたモデルの浅井久美子さんではないか?と推測されます。

迫田孝也さんには撮影現場のムードメーカーとして愛されるエピソードが数多くあるので、
みくりさんとの家庭も笑顔に絶えないんじゃないでしょうか。

迫田孝也と似てる芸能人を画像で検証!

迫田孝也さんは、なぜか様々な芸能人に似てる!という目撃情報が相次いでいます。

中には「兄弟じゃないか?」と言われるほど迫田孝也さんにそっくりで似てる人の名前が挙げられていますが、確認できる範囲では、

坂口健太郎
原晋(青学陸上部監督)
イ・ジェリョン
あべこうじ

といった方々がいます。

迫田孝也の本やテレビ出演歴

迫田孝也さんは2004年10月11日に放送された「こちら本池上署4 第1話」がテレビドラマ初出演となっています。

代表作としては、

真田丸
西郷どん

などがあり、真田丸では脚本の三谷幸喜さから直々に「(僕の)矢沢三十郎頼幸に恥をかかせるなよ」というメールが送られています。

「西郷どん」では佐賀藩士・江藤新平役として出演しつつ、薩摩ことばの指導も担当し、スタッフロールに名前が2回登場する珍事だったようです。

ちなみに迫田孝也さんと三谷幸喜さんとの出会いは映画『ザ・マジックアワー』のオーディションで、
以後、『踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを開放せよ!』『清州会議』や『本能寺ホテル』などなど脇役の脇役が多いものの、三谷作品に起用されることが多いです。

「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」では主人公の葵みどり(石原さとみ)らがたびたび通う中華料理店「娘娘亭(にゃんにゃんてい)」の店主、辰川秀三(たつかわ・しゅうぞう)役を演じます。

タイトルとURLをコピーしました