windows11アップグレード不具合は?元に戻す方法(ダウングレード)は?

スポンサーリンク
0未分類

Microsoftは、新OS「Windows 11」を発表。Windows11へのアップグレードは無料で可能となっています。

■windows11のハードウェア要件

1GHz以上で2コア以上の64ビット互換プロセッサやSoC、RAMは4GB、ストレージは64GB以上、グラフィックスカードはDirectX 12 以上、
ディスプレイは対角サイズ9インチ以上で8ビット カラーの高解像度(720p)

さらにWindows 11 Home Editionを初めて使用するとき、デバイスのセットアップを完了するには、インターネット接続とMicrosoftアカウントが必要となります。

スポンサーリンク

windows11アップグレード不具合は?

随時更新

windows10アップグレード時には次のような不具合が報告されていました。

キーボード、タッチパッドが使えなくなった
OS(Win10)が起動しなくなった
再起動を繰り返す
画面がチラつく
元のソフトが動かない
元のOSへの復元に失敗し起動しなくなった
リカバリープログラムが使用できなくなった
インターネットに繋がらない
ネットバンキングが使えない
Bluetooth機器が認識されない
Windowsアップデ-トが遅い、終わらない、失敗する
「重大なエラー」と画面に表示される
ライセンス認証エラー「0xC004C003」や「0xC004F050」が表示される
Windows Update 80240020 のエラーでインストールに失敗する
「エラー 0xC004F061」、「エラー 0xC004C008」、「エラー 80240020」などエラー画面になる
0xC1900101 エラー

windows11アップグレードを元に戻す方法(ダウングレード)・リカバリは?

windows11にアップグレードしたものの、パソコンの動作が重くなるなどの理由で元のバージョンに戻したい場合、スタートメニューから「設定」を選択し「更新とセキュリティ」から [以前のバージョンのWindowsに戻す]という方法があります。

ただし、Windows11をインストールしてから31日以上経つと、元のOSに戻すことはできなくなるとみられます。

元のOSのユーザーアカウントとパスワードが必要で、Windows11で新規で作成したユーザーからは元のバージョンに戻すことはできないので注意が必要です。

windows11の賢いアップグレード方法はクリーンインストール?

windows11アップグレードでも様々な不具合が予想されるため、不安があれば、不具合修正のwindowsアップデート・更新が一通り済むまでは様子見するのが懸命です。

もしくは、デスクトップパソコンであれば、HDDを新たに用意してwindows11をクリーンインストールするという方法もあります。

既存のHDDとは別の新規HDDにwindows11をインストールし、新規HDDからパソコンを起動させるのがクリーンインストール。

通常のHDDよりも高速なSSDも現在は値段がだいぶ手ごろになってきました。

知識のある人なら1分程度、PC自作の知識があまりなくてもネットで手順を調べると10分程度でクリーンインストールはできると思います。

何か不具合があれば、いつでも既存の状態に復旧できるのが最大のメリットですが、ただクリーンインストールはパソコンの設定をゼロからやり直さなければいけないので、実質的に初期化された状態からのスタートとなります。

そもそも、windows11に求められるハードウェア要件はwindows10で求められるスペックよりも高い水準となっていて、2,3年前に購入したパソコンでもスペックがぎりぎりかもしれません。

windows11に求められるハードウェア条件はあくまでも「インストール可能な最低基準」であって、windows11が快適に動作することを補償するスペックではありません。

最もおススメなのは、パソコン購入からすでに2年以上が経過していて、動作が以前よりも遅くなった・重たくなった印象がある場合、windows11アップグレードに合わせてパソコンを新調することです。

すでに触れたとおり、通常のHDDに比べて体幹的には10倍近いスピードのあるSSD搭載のパソコンが現在の市場では主流となりつつあり、windows11でも起動時間が数秒ですむようになります。

今まで処理に時間がかかっていたような操作もサクサクと進むようになるので、windows11アップグレードに合わせてパソコンを買い替えるのが一番のおススメです。

【amazon】ノートパソコン の 売れ筋ランキングはこちら

【amazon】 Office搭載ノートパソコン の 売れ筋ランキングはこちら

タイトルとURLをコピーしました