弱虫ペダル実写映画(弱ペダ)完成披露試写会・舞台挨拶は日程はいつ?抽選応募方法は?

弱虫ペダル実写映画(弱ペダ)完成披露試写会はいつごろ?

弱虫ペダル実写映画(弱ペダ)の完成披露試写会はいつごろ開催されるのか?
配給元の松竹では、どんな感じで試写会を行っているのかというと次のような感じです。

午前0時、キスしに来てよ:11月12日(火)【2019年12月6日(金)公開】
決算!忠臣蔵:2019年11月9日(土)【2019年11月22日(金)公開】
ブラック校則:2019年10月22日(祝・火)【2019年11月1日(金)公開】
引っ越し大名!:2019年7月23日(火)【2019年8月30日(金)公開】

映画公開日の1か月前が目安となりそうなので公開日の2020年8月14日から逆算して、

2020年7月中旬

頃となりそうで、具体的な日時は詳しい発表を確認次第、ブログに追記します。

完成披露試写会と言えば、監督や脚本家が登壇することが一般的ですが、
主演の賀来賢人さんと伊藤健太郎さん、清野菜名さん、橋本環奈さん、監督の福田雄一さんらが登壇してくれるとうれしいですね。

弱虫ペダル実写映画(弱ペダ)完成披露試写会の応募方法は?

完成披露試写会の応募方法に関しては、

配給会社HP(東宝)
出演者のファンクラブ
映画情報サイト
映画館雑誌
映画公式HPやSNS(ツイッター、インスタグラム)

といった手段で応募方法が告知されることが予想されます。

完成披露試写会と言えば、出演者や監督や脚本家が登壇することが一般的ですが、
逆に懸念されるのは当選倍率(当選確率)が高騰してしまうこと。

弱虫ペダル実写映画(弱ペダ)では、

伊藤健太郎さん
永瀬廉さん(King & Prince)
橋本環奈さん(橋本純情内科)

がそれぞれファンクラブを持っているので、それぞれのファンクラブ会員限定で、
試写会の募集が行われる可能性も高いです。

弱虫ペダル実写映画(弱ペダ)初日舞台挨拶応募方法は?

でも初日もしくは翌日に舞台挨拶が行われることが想定されますが、
応募方法は完成披露試写会と同じ感じです。

配給会社HP(東宝)
出演者のファンクラブ
映画情報サイト
映画雑誌
映画公式HPやSNS(ツイッター、インスタグラム)

といった手段で募集が行われることが多く、映画情報サイト、映画雑誌に関しては次のようなところがあります。

■映画情報サイト
yahoo試写会・プレゼント https://movies.yahoo.co.jp/present/
懸賞サイト https://www.knshow.com/movie/
anemo(アネモ)https://www.anemo.co.jp/
MovieWalker https://movie.walkerplus.com/shisyakai/
映画.com https://eiga.com/

■映画雑誌
CUT (カット)
SCREEN(スクリーン)
FLIX(フリックス)
キネマ旬報
ロケーションジャパン
映画芸術
ピクトアップ

弱虫ペダル実写映画(弱ペダ)試写会・舞台挨拶抽選応募の当選倍率は?

映画の完成披露試写会や初日舞台挨拶というのは通常のコンサートとは違い
座席数がうんと少ないため、当選倍率も必然的に高騰します。

たとえば2018年から映画ドラえもんの初日舞台挨拶が行われている「TOHOシネマズ六本木ヒルズ」は
最大定員のシアター7でも座席数は「521席」と非常に限られています。

ジャニーズアイドルが出演している映画でなおかつ出演者が登壇する初日舞台挨拶ともなると、
チケットの当選倍率は100倍近くに迫ることもあるようで、実際に長瀬智也さん主演「空飛ぶタイヤ」(2018年6月公開)では、
本人登場の試写会が開催され、350組700名の募集で当選倍率が52倍を超えたと言われています。

弱虫ペダル実写映画(弱ペダ)では、ファンクラブ会員数50万人以上とも言われるKing & Prince(キンプリ)の永瀬廉さんが出演していることや、
同じく橋本環奈さん、伊藤健太郎さんというファンを多く抱える俳優さんがそろっているので当選倍率が高騰するのは必至と言えるでしょう。

当選倍率は10倍、20倍は当たり前といった中で、
映画ドラえもん「のび太の新恐竜」の舞台挨拶・完成披露試写会の当選確率を0.1%を高めるにはどうすれば良いのかというと、方法は2つあります。

1.試写会・舞台挨拶の募集に片っ端から応募する
2.雑誌の試写会・舞台挨拶応募に何口分も応募する

募集が発表されたサイトやSNS、情報誌などにはもれなく応募をすること。

中でも雑誌からの応募を多くすることで当選確率は高める最大の秘訣となります。

雑誌で行われる試写会・舞台挨拶の募集方法は、基本的にハガキを投函する形になります。

雑誌だけではなくハガキと切手をわざわざ購入したうえで、
ハガキに必要事項を記入し、雑誌に印刷されている「応募券」も切り取って貼り付けなければいけません。

お金も手間もかかるので、ほとんどの人は敬遠しがちなので、
逆に言うと雑誌から応募をする人は、ツイッターやHPなどに比べると極端に人数が減ることが予想されます。

試写会・舞台挨拶の募集では、募集する媒体ごとに座席を確保しているのが通例なので、
雑誌から応募するようにすれば、他の媒体よりも競争率は必然的に低くなるし、
その上で何口分も応募をすると当選確率は嫌でも高くなりますね。

弱虫ペダル実写映画(弱ペダ)に関するツイッターの反応

[弱虫ペダル速報]【8月14日公開】漫画『弱虫ペダル』が実写映画化、主演はKing & Prince永瀬廉||主人公・小野田坂道のライバル今泉俊輔役は伊藤健太郎、寒咲幹役は橋本環奈が演じる。監督は三木康一郎氏が担当。

タイトルとURLをコピーしました