泣きたい私は猫をかぶる(映画)完成披露試写,舞台挨拶抽選応募方法は?日程はいつ?

スポンサーリンク

■泣きたい私は猫をかぶる(映画)スタッフ・キャスト
監督 佐藤順一、柴山智隆
脚本 岡田磨里
出演者 志田未来、花江夏樹
制作会社 スタジオコロリド
配給 東宝

泣きたい私は猫をかぶるは、「あの花」の原作者としても知られる岡田磨里さんのオリジナル脚本で、
ムゲ(無限大謎人間)と呼ばれる笹木美代が猫となり、ひそかに思いを寄せていた同級生で自分が思っていることをなかなか素直に出せない日之出賢人の2人が主人公です。

スポンサーリンク

泣きたい私は猫をかぶる(映画)完成披露試写会はいつごろ?

映画「泣きたい私は猫をかぶる」でも映画公開前に完成披露試写会が開催されるものとみられますが、
試写会の実施に関しては基本的に映画の配給会社がスケジュールや段取りを決めるようです。

映画「泣きたい私は猫をかぶる」の配給元は東宝となっていて、
過去にどんな日程で試写会を行っているのかというと次のようになっていました。

タイトル試写会映画公開
ペンギン・ハイウェイ2019年7月3日(火)2019年8月17日
記憶にございません2019年8月19日(月)2019年9月13日
ルパン三世 THE FIRST2019年11月11日(月)2019年12月6日
マチネの終わりに2019年10月7日(月)2019年11月1日
カイジ ファイナルゲーム2019年12月16日(月)2020年1月10日
ラストレター2019年12月19日(木)2020年1月17日

東宝配給の映画の場合、映画公開日のおよそ1か月前が目安となりそうなので
映画「泣きたい私は猫をかぶる」の公開日2020年6月5日から逆算して、

2020年5月中旬

頃となりそうで、具体的な日時は詳しい発表を確認次第、ブログに追記します。

完成披露試写会と言えば、監督や脚本家が登壇することが一般的ですが、
主演の志田未来さん、花江夏樹さん、監督の佐藤順一さん、柴山智隆さん、脚本・原作の岡田麿里さんも登壇するんじゃないでしょうか。

泣きたい私は猫をかぶる(映画)完成披露試写会の応募方法は?

完成披露試写会の応募方法に関しては、

配給会社HP(東宝)
出演者のファンクラブ
映画情報サイト
映画館雑誌
映画公式HPやSNS(ツイッター、インスタグラム)

といった手段で応募方法が告知されることが予想されます。

通常の試写会とは違い完成披露試写会と言えば、出演者が登壇するケースも良くあって、
ファンとしては至近距離で触れ合うことができるのでうれしい限りですが、
気になるのは当選倍率ですよね。

ジャニーズアイドルが出演するわけでないので、そこまで当選倍率が高騰することはなさそうですが、
志田未来が所属する事務所では「研音Message」というファンクラブのような会員サービスがあるので、
ファンクラブ会員限定で、どのメディアよりも早く試写会の募集が行われる可能性は高いです。

泣きたい私は猫をかぶる(映画)初日舞台挨拶応募方法は?

映画「泣きたい私は猫をかぶる」でも初日もしくは翌日に舞台挨拶が行われることが想定されますが、
応募方法は完成披露試写会と同じ感じです。

配給会社HP(東宝)
出演者のファンクラブ
映画情報サイト
映画雑誌
映画公式HPやSNS(ツイッター、インスタグラム)

といった手段で募集されるのが一般的で、映画情報サイト、映画雑誌に関しては次のようなところがあります。

■映画情報サイト
yahoo試写会・プレゼント https://movies.yahoo.co.jp/present/
懸賞サイト https://www.knshow.com/movie/
anemo(アネモ)https://www.anemo.co.jp/
MovieWalker https://movie.walkerplus.com/shisyakai/
映画.com https://eiga.com/

■映画雑誌
CUT (カット)
SCREEN(スクリーン)
FLIX(フリックス)
キネマ旬報
ロケーションジャパン
映画芸術
ピクトアップ

以前は「映画秘宝」という雑誌もありましたが2020年に廃刊となってしまいました。

泣きたい私は猫をかぶる(映画)試写会・舞台挨拶抽選応募の当選倍率は?

映画の完成披露試写会や初日舞台挨拶というのは通常のコンサートとは違い
座席数がうんと少ないため、当選倍率も必然的に高騰します。

たとえば初日舞台挨拶が頻繁に行われている「TOHOシネマズ六本木ヒルズ」は
最大定員のシアター7でも座席数は「521席」と非常に限られています。

ジャニーズアイドルが出演している映画でなおかつ出演者が登壇する初日舞台挨拶ともなると、
チケットの当選倍率は100倍近くに跳ね上がることがしばしば。

実際に天海祐希さんが声優として出演した『名探偵コナン 純黒の悪夢』の完成披露試写会も当選倍率は185倍だったようです。

当選倍率は10倍、20倍は当たり前といった中で、映画「泣きたい私は猫をかぶる」の舞台挨拶・完成披露試写会の当選確率を0.1%を高めるにはどうすれば良いのかというと、方法は2つあります。

1.試写会・舞台挨拶の募集に片っ端から応募する
2.雑誌の試写会・舞台挨拶応募に何口分も応募する

募集が発表されたサイトやSNS(フェイスブックやツイッターなど)、情報誌などにはもれなく応募をすること。

中でも雑誌からの応募を多くすることで当選確率は高める最大の秘訣となります。

雑誌の募集に応募するには、雑誌を購入しなければいけないうえにハガキと切手をわざわざ購入しなければいけません

ハガキに必要事項を記入し、雑誌に印刷されている「応募券」も切り取って貼り付けてハガキをポストに投函しなければいけないので、
ツイッターなどSNSからの申し込みに比べてお金も手間もかかるので、ほとんどの人は敬遠します。

逆に言うと雑誌から応募をする人は、ツイッターやHPなどに比べると極端に人数が減ることが予想されます。

試写会・舞台挨拶の募集では、募集する媒体ごとに座席を確保しているのが通例なので、
雑誌から応募するようにすれば、他の媒体よりも競争率は必然的に低くなるし、
その上で何口分も応募をすると当選確率は嫌でも高くなりますね。

泣きたい私は猫をかぶる(映画)感想

タイトルとURLをコピーしました