造田博(通り魔)の現在・生い立ちは?池袋無差別殺人事件

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

造田博は池袋東急ハンズ1階入り口の目の前で女性2人が死亡したほか、通行人6人が負傷した「池袋無差別殺人事件(池袋通り魔殺人事件)」の犯人

平成時代に発生した8つの「通り魔殺人」の一つとされていますが造田博の現在・生い立ちは?

スポンサーリンク

造田博(通り魔)の現在は?池袋無差別殺人事件

池袋無差別殺人事件(池袋通り魔殺人事件)が発生したのは1999年9月8日午前11時40分頃

池袋の東急ハンズ前での造田博(当時23歳)が包丁と金槌で通行人を襲い、2人(66歳女性と29歳女性)を殺害し、6人に重軽傷を負わせました

造田博はその後の裁判で、判決を不服として控訴・上告をしますが

「無差別殺人を思い立ってから凶器を購入した際、店員から怪しまれないように犯行には必要ないものまで同時に購入したり、犯行途中で刃先が欠けた包丁を捨てるなど、無差別殺人という目的のために合理的な行動を取っている。事件前にそれなりに社会生活を営んでいたり、犯行を躊躇するような考えをしたりしていることから考えても、造田博の責任能力に問題があったとは考えられない」

として、2007年(平成19年)4月19日に最高裁で上告棄却の判決が下され、同年5月2日付で死刑が確定します。

2020年(令和2年)9月27日時点で、造田博は死刑囚として、東京拘置所に収監されています。

死刑確定後、犯行時は統合失調症の影響で心神喪失状態にあった旨を主張して東京地裁に再審請求したが、2012年(平成24年)11月29日付で棄却が決定。

同決定に対する即時抗告も東京高裁で棄却決定、同決定に対する特別抗告も2016年(平成28年)までに棄却されています。

造田博の生い立ちは?

造田博は1975年(昭和50年)11月29日生まれ、本籍地は岡山県児島郡灘崎町[12](現:岡山市南区灘崎)。

両親・兄とともに4人で生活していた。3歳の時に一家が引越しし、その後は児島郡灘崎町(現:岡山市南区)で育った。

造田博は小学校高学年の頃から、両親のギャンブルによる借金に苦しめられ続けます。

高校進学時には、進学校とされる学校に入学するも、両親がギャンブルで数千万円の借金を残して失踪。

経済的な困窮し高校は2年次の1993年(平成5年)5月31日付で退学し、大学進学をあきらめた後は、アルバイトに専念するなどひもじい生活をしながら塗装会社、照明器具工場、自動車部品工場など、各地で転職をくり返す。

なお、1996年(平成8年)12月にはナイフを携帯したとして銃砲刀剣類所持等取締法違反罪で罰金刑に処せられた前科(1犯)がある

日本での人生に絶望した造田博は、1998年(平成10年)にアメリカに短期渡航した。

ロサンゼルス・サンフランシスコ・ポートランドと向かったが、この時わずか200ドル足らずの滞在費を使い果たして所持金がなく、知人も居なければ英会話も出来ないので途中で行き倒れて日本大使館に保護された。

就職先もなかったので、大使館の紹介で、現地のキリスト教会の牧師に事情を話し、教会の仕事を手伝うのと引き換えに衣食の面倒を見てもらっていたという。

しかし、ビザの失効に伴って日本に帰国すると働きながらの大学への通学も考えたが、費用の面から頓挫。

犯行当時は東京都足立区に住んでいて新聞販売店を辞めた直後でした。

直接のきっかけは、事件直前に夜勤をしていた際、自分の携帯電話にかかってきた無言電話によるという。犯行当日、殺人を予告するレポート用紙をアパートの自室の扉の外側に張りつけた。

本人は、およそ「真面目な人がさらにさらに苦しむ一方で、遊んで楽をしていられる身分の人たちがいることに嫌気がさした」と供述していた。

1997年(平成9年)夏、造田博は外務省や警察庁にあてて支離滅裂な内容の手紙を送りつけていた。

〈日本の人口のほとんどが小汚い者達です〉
〈この小汚い者達は60年後、2057年にはすべて存在しなくなります〉
〈この小汚い者達から存在、物質、生物、動物が有する根本の権利、そして基本的人権を剥奪(はくだつ)する。これは存在するものでもなく、物でもなく、生物でもなく、動物でもなく、人間でもなく、何をやってもいい、何も許さないという意味だ〉

造田博の両親は?

造田博は事件当時、木造一軒家2階の一間に間借りしていて午前3時出勤、午後8時半に仕事を終える毎日だったそうです。

黒いデイパックひとつ、携帯用CDプレーヤーとわずかな着替えしか所持していなかったそうですが、元々は父が親の遺産を相続し、大金を手にしていました。

しかし大金の処遇を誤った両親がギャンブルで4千万円もの借金を抱え身をくらました後、一時は兄の下へ身を寄せ、パチンコ屋で住み込みで働くようになった。

高校を中退すると借金取りが脅しに訪れる家を捨て、弁当販売店のアルバイト、パチンコ店店員、造船所の塗装工、住宅美装会社など、判明しているだけでも14回の転職を繰り返した。

両親のギャンブル癖は止む事はないまま、造田を置き去りにして両親は二人で行方をくらましたまま現在も居場所などは分かっていません。

タイトルとURLをコピーしました