杉田陽平の実家や元カノを調査!出身高校や大学もチェック!

スポンサーリンク
未分類

杉田陽平さんは『バチェロレッテ・ジャパン シーズン1』の人気メンバーの一人で本業はアーティスト(画家)。

個展を開けば即完売する人気を持つ杉田陽平さんの気になるプロフィールをまとめています。

スポンサーリンク

杉田陽平の実家は?

杉田陽平さんは父親、母親、姉の4人兄弟で、すごいお金持ちだとか、父親・母親のどちらかが著名人とかそういったわけではないようです。

家族全員揃って一般の方のようで、杉田陽平さんが際立って芸術面での才能を発揮しメディアでも注目される人物となったようです。

「バチェロレッテ」では杉田陽平さんの実家を訪れるシーンも放送されていて、
その時の動画を見る感じでは杉田陽平さんの母親は天然キャラといった雰囲気を持っていました。

ビールの缶を開ける前に振ったかと思いきや、そのことを指摘されると「(私は)振ってない、振ってない」と弁明している一幕がありました。

父親の方はすでに定年退職をされているということで、杉田陽平さんの実家は極めてごく一般的な家庭といった様子です。

杉田陽平の元カノは?

杉田陽平さんは「バチェロレッテ」第4話で元カノにまつわるエピソードを紹介していました。

「東京に出た時に初めて出来た」元カノにとって特別な記念日に、杉田陽平さんはバラの絵を描いてプレゼント。

かなり思いを込めた力作で喜んでくれるかと思いきや、
『嬉しいんだけど、私はもっとブランドものじゃ無いけど自慢できるものの方がいいわ』とさらっと言われ、プライドも恋心もズタズタにされてしまったんだとか。

さらに東京での初彼女とはおそらく別の元カノについては『ベジドル』という野菜の魅力を伝えるアイドルをしていたとツイッターで話しています。

『ベジドル』について調べてみると、どこかの芸能事務所やテレビ局が考えたネーミングではなく、あくまでも『ベジドル』と名乗る自称アイドルがちらほらいる程度。

杉田陽平さんの元カノは少なくとも芸能界で脚光を浴びるような人物ではなさそうです。

杉田陽平は盗作パクり疑惑で被害に

杉田陽平さんは以前からたびたび盗作パクり疑惑が指摘され、一連の騒ぎを受けて公式に謝罪もしています。

お詫び

この度は、ツイッター上で、匿名の方から、ご指摘を受けました、ティム・ウォーカー氏と宮永愛子氏、山田詠美氏、中島みゆき氏の作品をわたくし杉田陽平が盗用しているというご指摘を受けました。
上記四名の方の作品に大変影響を受けており、尊敬する存在として、実際に作品を参考にさせて頂いたのは事実です。
結果的に、その方々、及び関係者の皆様にご迷惑をおかけする事になってしまい、本当に申し訳ありません。
心より深く御詫び申し上げます。今後このような事がないよう、真摯に反省し受け止めようと思います。
(引用:杉田陽平ブログ

杉田陽平さんが2012年に開いた個展「スプラウトキュレーション」での作品が「TIM WALKER」の作品と似ていたり、
2013年の個展作品「Kristy Mitchell」や2009年の展示会作品がイエローモンキーのジャケット写真に似ていると、画像を比較すると確かにパクリ・盗作と言われても仕方のない作品が見受けられます。

画像
引用: https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12120634452

ただ、杉田陽平さんの手掛ける作品がすべて、何らかの作品をモチーフにしているわけではなく、
そもそも杉田陽平さんが大学時代に在籍していた「じゃぽにか」は「パクリ・コピー炎上集団」として紹介されていました。

「オリジナルと称して、ものすごい数のパクリを合成しているし、ものすごい数のコピペを重ねているだけだ。」

じゃぽにかの活動は、集団としても表現としても故意的に軽薄なイメージを装っているが、注目を集めた「炎上アート」というテーマについては、軽薄さを装いながらも「ネタ」ばらしとも言える「ガチ」な論述を展開させるなど、「ガチ」と「ネタ」の境界の再定義に迫っている。

引用:https://qetic.jp/art-culture/japonica-160511/190222/

つまり、杉田陽平さんはもともと意図的に「ぱくり」「盗作」をしていたことから、それがいつしか自分の作風の一部と化してしまった結果、
知らず知らずのうちに、過去の著名なアーティスト作品をモチーフにするだけではなく構図などを引用するようになってしまったんじゃないでしょうか。

杉田陽平wikiプロフィール

『バチェロレッテ・ジャパン』 ーアートで愛を奪い取れ/杉田 陽平

名前:杉田陽平(すぎた ようへい)
あだ名:杉ちゃん
出身地:三重県津市
生年月日:1983年10月28日
年齢:37歳
身長:175cm前後
血液型:B型
出身高校:三重県立飯野高等学校・応用デザイン科
最終学歴:武蔵野美術大学造形学部油絵科
職業:画家

杉田陽平さんは高校卒業後、東京の美術予備校「新宿美術学院」に通い、そこで知り合ったメンバー6人で「じゃぽにか」というアート集団として活動していました。

■アート集団「じゃぽにか」とは?
「悪ふざけやパロディ、そして軽薄なシミュラークルを撒き散らかすアート集団」を自称し、SNSと展示空間を横断する活動をつくり出している。
「炎上アート集団」「悪ノリアート集団」などど評され、杉田陽平さんはそのメンバーの中で「杉様」と呼ばれるキレキャラ担当。

杉田陽平の経歴

■杉田陽平の受賞歴

『トーキョーワンダーウォール賞』
『三菱商事アート・ゲート・プログラム』
『第3回 四万十映画祭最優秀賞』 など多数

杉田陽平のツイッターやインスタグラム

杉田陽平のツイッター
@sugitayouhei

杉田陽平のインスタグラム
@sugitayoheiart

杉田陽平のブログ

杉田陽平の高校や大学など学歴は?

杉田陽平さんの通っていた高校は地元にある三重県立飯野高等学校・応用デザイン科です。

2002年高校卒業後、新宿美術予備校で2年間の予備校生時代を経て、武蔵野美術大学へ進学しています。

杉田陽平の身長・体重は?

杉田陽平さんの体重については具体的な数字は公表されていないものの身長は様々なメディアで紹介されている写真から日本人の平均的な身長よりもやや高め、といった感じなので175㎝前後とみられます。

杉田陽平の年収は?

杉田陽平さんは在学中に革新的な絵画を次々と考案し、コンクールでたくさん受賞するなど早くからその才能を開花させています。

個展を開くと即完売し、杉田陽平さんのオンラインショップでも作品はソールドアウトが並ぶ人気ぶり。

石原慎太郎さんなどの著名人にも高く評価されもっとも高く売れた作品は300万。

年に100点くらい売れるということですが、作品一つあたりの価格はおそらくは30万円程度だとみられます。

※もっとも高く売れた作品が300万なので、日常的に制作している作品はそれよりもずっと低価格、おそらくは10分の1程度じゃないかと推定します。

つまり年収にすると杉田陽平さんは3000万円程度ではないかと推測され、
ランボルギーニのアヴェンタドールに乗ってるツイッターの画像も決して無理しているわけではなく、収入に見合う車だとみて良さそうですね。

タイトルとURLをコピーしました