1級電気通信工事施工管理技士 解答速報2020|平均点・難易度や合格基準点は?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

1級電気通信工事施工管理技士は通信設備に関する施工管理業務にあたり必要な施工技術・知識を問う新たな資格。

2022年の1級電気通信工事施工管理技士試験は下記のような日程・内容で行われました。

■1級電気通信工事施工管理技士試験の日程・時間

2022年9月4日(日)

午前: 10時15分から12時45分(2時間30分)
午後: 14時15分から16時15分(2時間)

■1級電気通信工事施工管理技士試験の出題範囲・問題数

設問数:92問(うち必須問題を含め60問を選択)
出題形式:択一式(マークシート方式)

※令和元年度の例
午前の部:
電気工学 15問中10問
電気設備 33問中15問
関連分野 8問中5問
設計・契約関係 2問中2問※必須問題

午後の部:
工事施工 9問中6問
施工管理 12問中12問※必須問題
法規 13問中10問

○電気工学等
気工事の施工に必要な電気工学、土木工学、機械工学および建築学に関する一般的な知識を有すること。
発電設備、変電設備、送配電設備、構内電気設備等に関する一般的な知識を有すること。
設計図書に関する一般的な知識を有すること。

○施工管理法
電気工事の施工計画の作成方法および工程管理、品質管理、安全管理等工事の施工の管理方法に関する一般的な知識を有すること

施工の管理を行うために必要な能力
(1級:監理技術者補佐として必要な応用能力)

○法規
建設工事の施工に必要な法令に関する一般的な知識を有すること。

スポンサーリンク

1級電気通信工事施工管理技士試験解答速報

2022年の1級電気通信工事施工管理技士試験は下記のような手段で解答速報を知ることができます。

九州建設専門学院

5ch

twitterのハッシュタグ「#1級電気通信工事施工管理技士解答速報」

twitterのハッシュタグでは他にも「#1級電気通信工事施工管理技士」や「#1級電気通信工事施工管 解答速報」で解答が続々と投稿されるし、5ch掲示版にも解答がドンドン投稿されていきます。

最終的に完成度の高い解答速報が出来上がるスピードで言えば、例年だと5ch掲示版が最も速くなります。

一般財団法人 建設業振興基金 施工管理技術検定のホームページでも後日、1級 電気通信工事施工管理技術検定の正式な解答が過去問として発表されます。

1級電気通信工事施工管理技士試験の合格率,合格ボーダーラインは?

1級電気通信工事施工管理技士試験の学科試験では、すべて四肢択一形式の出題で、合格基準点は60%以上の得点(60問中36問以上正解)となっています

試験項目により選択解答して出題数90問中60問を選択解答。

合格ラインは正答率60%で60問中36問以上が基準となっています。(令和3年度例)

■ 試験項目 解答方式 解答数/出題数
1 電気通信工学 選択問題 11/16
2 電気通信設備 〃 14/28
3 法規 〃 8/14
4 設計図書 必須問題 2/2
5 関連分野 選択問題 5/8
6 施工管理法 〃 15/17
7 施工管理法(応用能力) 必須問題 5/5

実施年 受験者数 合格者数 合格率
2021年 8,076人 4,730人 58.6%
2020年 8,532人 4,190人 49.1%
2019年 13,538人 5,838人 43.1%

平均合格率は45.6%。

1級電気通信工事施工管理技士試験の難易度,受験生感想まとめ

1級電気通信工事施工管理技士の資格を取得すると、特定建設業の「営業所ごとに置く専任の技術者」及び現場に配置する「監理技術者」として認められます。

タイトルとURLをコピーしました