三次元マスク偽物・類似品の見分け方は画像?識別方法はJHPIAマーク?

スポンサーリンク
未分類

マスクが日本だけではなく世界中で品薄になっている今、中国など海外製のマスクも流通するようになっています。

日本では以前から三次元マスクの評価が口コミで高く、花粉症や黄砂の時期には愛用者がたくさんいたものの、
コロナ騒ぎの今、三次元マスクの偽物・類似品が出回っているようです。

スポンサーリンク

三次元マスク偽物・類似品の見分け方は画像?JHPIAマーク?

三次元マスクの偽物・類似品が出回っていることに関して公式サイトがアナウンスしたことによって、
現在は逆に混乱を招くような結果となっています。

興和株式会社が販売している「三次元マスク」を模した類似品の存在を確認いたしました。
興和グループとは一切関係がございませんので、くれぐれもご注意くださいますようお願い申し上げます。

https://www.kowa.co.jp/

興和の公式サイトでは三次元マスクの偽物・類似品を見分ける方法について一切触れられていないため、
消費者としては本物の三次元マスクと偽物・類似品をどのように判別すれば良いのわかりません。

素直に考えると興和の公式サイトで、

三次元マスクの偽物・類似品の具体的な画像
三次元マスクの偽物・類似品の見分け方

を案内すべきじゃないの?と思いますが、あえて見分け方を公表していないのにはおそらく理由があります。

詐欺被害のニュースで詐欺の手口まで詳しく説明してしまったら、
模倣犯を無駄に増やしてしまうのと同じ理屈で、三次元マスクの偽物・類似品がさらに増える危険性があるからです。

すでに三次元マスクの偽物・類似品を販売している悪徳業者としても、
公式サイトが案内する見分け方に対してさらに対策を講ずることができます。

実際にツイッターに投稿された情報によると、
識別方法の一つになりそうな「マスク工業会マーク(JHPIA)」が表記されていたものの、
印字がにじんでいたり、マークを偽造するなど偽物らしい三次元マスクの画像が投稿されていました。

つまり、公式サイトから三次元マスクの偽物・類似品の見分け方についてアナウンスがない現時点では、
正確な識別方法はなく、私たち自身が気をつけなければいけません。

正規品・本物の三次元マスクをより確実に購入・通販するには?

三次元マスクの偽物・類似品だと性能は落ちる点は否めませんが、マスクとしての機能は果たしてくれるものと思われます。

もしかしたら、下手な激安のマスクを購入するよりも三次元マスクの偽物・類似品の方が実は効果が高い可能性もあいますが、
正規品・本物の三次元マスクじゃなきゃ絶対に嫌だ!という場合。

より確実に正規品・本物の三次元マスクを購入・通販するにはどうすれば良いのかと言うと、
信頼できる大手販売店から購入・通販するのが良さそうです。

企業と言うのは大手になればなるほど、取引先企業を厳選するようになり、下手な業者とは取引をしようとはしません。

粗悪な商品を納品されて、逆に被害をこうむることを極端に嫌うからです。

大手販売店は基本的に、以前から取引関係があって信頼できる業者と繋がっているものなので、
三次元マスクの偽物・類似品が大手販売店に納品される可能性は極めて低いと考えられます。

具体的には、

マツモトキヨシ
コスモス
スギ薬局
ツルハドラッグ
ココカラファイン
コストコ
西友
ダイエー
マルエツ
サミット
イトーヨーカドー(セブンイレブン)

などなど、名前の聞いたことのあるチェーン店で販売されている三次元マスクならば、
ほぼ間違いなく正規品・本物であると思われます。

同様にこれらの大手販売店が運営する
ネットショップで販売されている三次元マスクも正規品・本物だと考えて良さそうです。

逆に気を付けたいのが楽天やアマゾンといったショッピングモールで、楽天・アマゾン事態は間違いなく大手ではあるものの、出店しているお店の信頼性は必ずしも担保されているわけではないので、どこのお店が三次元マスクを出品しているのか?をまずは注意深くチェックする必要がありそうです。

三次元マスク偽物・類似品に関するツイッターの反応

タイトルとURLをコピーしました