あべ静江の現在|病気(脳梗塞)の原因は?結婚相手・子供は?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

あべ静江さんは1973(昭和48)年にデビュー依頼、現在は歌手活動や舞台や映画、懐メロの番組等など幅広く活躍。

「徹子の部屋」に出演時には病気(脳梗塞)で緊急入院していたエピソードも披露していました。

スポンサーリンク

あべ静江の現在|病気(脳梗塞)の原因は?

あべ静江70歳 軽度の脳梗塞で救急搬送 22日から本格的に治療 現在は「顔色良く意識はっきり」

所属事務所によりますと、番組収録のため19日早朝にあべさんの自宅に迎えに行ったところ、少し様子がおかしかったそうですが、本人も大丈夫ということで都内のスタジオに向かったといいます。しかし、あべさんの体調不良を知った番組プロデューサーが収録の中止を判断。

言葉が出にくい、ろれつが回らないなどの症状があり、心配したマネジャーが主治医に連絡。症状を伝えたところ、脳梗塞の疑いがあるためすぐに病院へという指示を受け、都内の病院に救急搬送されたということです。

https://news.yahoo.co.jp/articles/1db78d5e0907fbfb848ea8169081721cdcfffddc

あべ静江さんは当時、朝から体調が優れなかったそうです。

周囲も「なんとなく様子がおかしい」と感じていたそうですが、それでも「生島ヒロシの健康マニア倶楽部」の収録で都内のスタジオに入ると現場であべ静江さんの体調不良を知った番組プロデューサーが収録を中止

あべ静江さん本人が主治医と相談したところ即座に救急車で病院に搬送され、検査の結果、軽度の脳梗塞と診断されています。

4月12日にリハビリ専門の病院に転院し、5月10日に退院。

その後、都内で行われたコンサート「青春プレイバック!日本歌手協会 輝け!歌の祭典2022」で軽度の脳梗塞から復帰しています。

あべ静江さんは芸能界きっての酒豪として知られ、アルコール度数75.5度のラム酒「ロンリコ」やテキーラの一気飲みも大好きとインタビューで答えているほど。

あべ静江の現在|結婚相手・子供は?

芸能人はスキャンダルとは無縁ではいられないのでしょうか、あべ静江さんの結婚歴について、現在に至るまで結婚歴がありません。

ただ若い時には清純なイメージのあべ静江さんも過去には歯医者と婚約を発表しています。

婚約を発表した次の日に相手の医者の「全裸」写真が写真週刊誌に掲載されるという「スキャンダル」が発覚し婚約破棄に発展。

あべ静江さんは「自分は男を見る目がない」と自信を失い、ショックで一時芸能活動を休止してしまったほど。

ちなみに、2013年のCS放送歌謡ポップスチャンネルの特番「はるな愛の熟女が集まるあぶないレストラン」制作発表会見では次のようにコメントしています。

あべはこれまで結婚歴がなく、この日「年下が好きなんで、(希望は)30代くらいにしておきますか。優しい人で、(一緒にいて)疲れない人で、自分の趣味を持って時を楽しめる人」とお相手に求める条件をあげた。

 もっとも、現在は意中の男性はいないとし、「探します!

 広い間口でお待ちしております」と呼び掛けた。

https://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20130629-1149834.html

あべ静江さんは歯医者さんとの婚約破棄騒動の以前にも、結婚には至らないまでも交際していた男性はいたようです。

まず芸能界にデビューする前、大学時代から付き合っていた人がいたそうですが、

あべ静江さんが東京で暮らし寝る時間がないほど忙しくなってしまったため、あべ静江さんの方から一方的に別れを告げて終わり。

この時の彼とは、現在は「いいパパしてる」とお友達の関係らしいです。

そのあと、30代の頃、スタジオミュージシャンのギタリストとの交際が発覚し会見も開くのですが、なんと他にも「私も彼と付き合っている!」という女性が3人も登場。

その中の女性1人が彼の全裸写真を週刊誌に持ち込み掲載されたことがきっかけに破局をしています。

あべ静江の現在までのプロフィール

本名:阿部静江

生年月日:1951(昭和26)年11月28日

年齢:70歳

出身地:三重県松阪市中町生まれ

血液型:A型

出身高校:三重高田高校

出身大学:東海学園女子短期大学

小学生の頃から子役でドラマに出ていましたが、中学校に入って友達と遊べなくて芸能界を辞めます。

大学在学中にFM愛知のディスクジョッキーに抜擢され芸能活動を再開すると、1973(昭和48)年に「コーヒーショップで」でデビュー。

あべ静江さんの母親が東海ラジオ局の専属歌手で父親がラジオ三重の専属ミュージシャンだっとことが少なからず追い風となったんでしょうね。

清涼感あふれるルックスと声で、オリコンチャートではベスト10入りを果たすと、1973年の日本レコード大賞新人賞を受賞しました。

同年9月には「みずいろの手紙」を出し、1974年に「NHK紅白歌合戦」に出場

近年は、日本歌手協会の理事を務め「同窓会コンサート」などで精力的に活動

歌手活動と並行してツイッターやインスタグラムなどのSNSも早い段階から使いこなしています。

タイトルとURLをコピーしました