愛工大名電野球部メンバー急死?瀬戸勝登の死亡の原因は?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

愛工大名電野球部は高校野球愛知大会で東邦高校を破り2年連続14度目の優勝。

夏の甲子園出場を決めましたが愛工大名電野球部メンバーの一人、瀬戸勝登さんが急死していたそうです。ご冥福をお祈り申し上げます

スポンサーリンク

愛工大名電野球部メンバー急死?瀬戸勝登の死亡の原因は?

大会直前にチームメート急死、ポケットの写真に「ありがとう」…愛工大名電が甲子園へ

瀬戸勝登さんの「思いも背負って」先制打…愛工大名電3年 山田空暉選手
 一回一死一、二塁の好機。打席に入る前、ポケットの写真にそっと触れた。6月に急逝したチームメート、瀬戸勝登さんの写真だ。

 追い込まれた3球目、内角の直球に自然と手が出た。詰まった打球は一、二塁間を抜けて先制の適時打に。「ありがとう」。思わずつぶやいた。「勝登を感じながら打席に入った。勝登が間を抜かせてくれたかな」

 夢だった甲子園の舞台。先輩が導いた昨夏は背番号15でベンチ入り。出番はなかったが「球場のオーラに圧倒された」。新チームでは長打力を買われて4番に。今春の県大会で準優勝するなど実績を上げていた中、突然の訃報が飛び込んだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/1e47576173777d23c843cb9f1824823d810c5d89

愛工大名電野球部メンバーの瀬戸勝登さん(3年・外野手)は、チームのムードメーカーだったそうですが、大会直前の6月に寮から一時帰宅していた際に自宅で倒れ急死。

死亡の原因・死因は急性心不全だったそうです。

急死した瀬戸勝登さんは逆方向へのバッティングを武器に今春の東海大会では背番号20でベンチ入りしていました。

愛工大名電野球部は高校野球愛知大会でも甲子園でも瀬戸勝登さんの遺影をベンチの傍らにおいていました。

愛工大名電野球部メンバー急死・瀬戸勝登の死亡にネットの口コミは?

タイトルとURLをコピーしました