クーパー・アレックス失踪事件の真相は?#アンビリバボー

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

クーパー・アレックスというカナダ在住の男性が突如として失踪する事件が発生が「アンビリバボー」で紹介されました。

残された家族は警察に失踪届を出して行方を追いますが、驚愕の真相を知ることになります。

スポンサーリンク

クーパー・アレックス失踪事件の真相は?#アンビリバボー

ブリティッシュコロンビア州クランブルックに住むアレックス・クーパー(65歳)は、才能ある音楽家であり、献身的な夫であり、愛すべき父親でもありました。

5人の子供と数多くの孫の父親でもありました。1974年から1983年までは、地元でクリーニング店を経営していました。

1986年にセールスマンとしての仕事を引き受け、旅に出るようになりました。

1987年4月4日、アレックスの娘リエラと義理の息子ピートは、買い物のためにクランブルックを出発した。

ピートは、橋を渡った後、道路脇にアレックスの車が停まっているのに気づいた。ピートは橋を渡ったところで道路脇にアレックスの車が止まっているのに気づき、その近くで停車して話を聞くことにした。

そこで釣りをしているのではないかと思い、橋を通り過ぎて川岸まで歩いていった。しかし、到着してみると、彼の姿はなかった。

心臓病を患っている彼を心配したリエラは、母親のマーガレットに電話をかけた。彼は24時間以上彼を見ていないという。

いくつかの病院に問い合わせてみたが、どこにも入院していなかった。そして、当局に失踪届を提出した。

アレックスの車の周りには、足跡などの証拠は見つからなかった。車内には衣類や釣り道具があり、鍵もかかっていました。

空と陸から大規模な捜索が行われたが、彼は発見されなかった。失踪当日、車が発見された場所から1マイル以内のレストランで昼食をとっていたことが当局と家族によってすぐに判明した。

マーガレットは、彼がいつも多額の現金を持っているのを見て、それに気づいた誰かが強盗殺人を企てたのではないかと心配した。

リエラは、アレックスが川に行って心臓発作を起こし、川に落ちて溺れてしまうというシナリオを想像した。アレックスの話は、新聞やテレビで取り上げられた。

その結果、「アレックスの車の近くで、彼に似た男がヒッチハイクしているのを見た」という目撃情報が寄せられた。当局によると、彼は自由に出発した可能性があるという。

しかし、彼の家族は、心臓病の薬やクレジットカードを忘れていた彼を信用していませんでした。家族は、彼が失踪を企てたとは思えなかった。

彼は1年以上も何も言わなかった。マーガレットは、ブリティッシュ・コロンビア州の最高裁判所に、彼が法的に死亡したと宣言するよう求め、その申し立ては認められました。

その後、マーガレットはアレックスの出生証明書を手に入れようとしたが、彼の名前で発行されたものはないことがわかった。

1952年に結婚する前の彼の情報は何もなかった。高校の成績表も、軍隊の書類も、医療記録もなかったのです。

アレックス」が本名ではなく、理由は不明だが自分の過去を隠していたことがわかり、家族は愕然としたという。

アレックスの家族は4年間、常に不安を感じながら生活してきました。彼の謎が解明され始めたのは、1991年5月27日のことだった。

アメリカを半周したトロントで、別の男性が行方不明になった。彼もまた、旅回りのセールスマンで、名前は「デビッド・クーパー」、アレックスによく似ていた。

彼は前年までトロントの寄宿舎で過ごしていた。彼はトロントの寄宿舎で1年を過ごし、電話で家族に肉製品を提供していた。そんな彼が出張中に行方不明になったと友人が通報してきた。

当局は、彼の部屋を捜索中に、孫を抱きしめるアレックスのスナップ写真を発見した。デイビッド・クーパー」と「アレックス・クーパー」が同一人物であることが確認された。

デビッド/アレックスは1991年5月29日に出張を終えて帰宅した。自分の部屋に戻ると、指紋の粉やその他の警察の痕跡を発見したという。

大家さんに問い合わせたところ、失踪届が出ていることを知らされた。警察が下宿に到着したときには、彼は再び逃亡していた。

当局も家族も、彼が逃げなければならなかったのは、過去に何かあったからだと感じている。

マーガレットは当初、アレックスが大金を持っていることを見抜いた何者かに強盗殺人されたのではないかと疑っていた。

しかし、当局が彼の偽の身分を発見して以来、不正行為は疑われていない。

カナダのハミルトンに住む視聴者が、アレックスを発見し、当局に通報しました。

彼は1992年1月10日に逮捕され、本名がアルビン・アルセーヌ・アルスノーであることを当局に伝えました。

彼は26歳の時に、当時勤務していたユニオン・パシフィック鉄道の事務所を襲ったという冤罪である。無実の罪で逮捕されるのが嫌で逃亡したのだ。

逮捕を逃れるために、彼はアレックス・クーパーと名乗り、4年後にマーガレットと結婚した。彼は、自分に対する刑事告発が取り下げられたことを知りませんでした。

アレックスの正体は30年以上も隠されていた。65歳の誕生日を迎えた彼は、年金を受け取るために出生証明書を提出しなければならなかったが、偽名のために出生証明書を持っていなかったのだ。

家族に嘘をついていたことを告げるのは忍びないので、行方不明になった。

アレックスは、警察の取り調べを受けた2日後にブリティッシュ・コロンビア州に戻り、家族と再会した。家族は、最初はすべてを受け入れることができなかった。

しかし、家族はそれを乗り越えて、アレックスと一緒に新しい生活を始めようとしていた。マーガレットは1996年に亡くなり、アレックスは2007年に交通事故で亡くなった。

タイトルとURLをコピーしました