Amazonブラックフライデー買うべきものお得な対象商品はkindke,fire,タブレット,anker?

スポンサーリンク
0未分類

Amazonブラックフライデーといえば、

Amazon初売りセール
Amazonプライムデー

に並ぶAmazonの一大セール期間。

※以前はAmazonサイバーマンデーというのもありましたが2020年を持って廃止。

飲み物や食料品といった日用品の他、液晶テレビなどの家電、タブレットなどが目玉商品として登場します。

基本的に商品が通常よりも安くなるのに加え、Amazonポイントの還元率を上げるキャンペーンも同時開催。

Amazonプライムに会員登録したりamazonギフト券で購入するなどの条件を満たせば最大4.5%もポイント還元。

ポイントの有効期限は実質無期限なので、欲しかったものや生活必需品などをお得に通販で購入するチャンスです!

今年のAmazonブラックフライデー詳細はこちら

スポンサーリンク

Amazonブラックフライデーのポイントアップキャンペーン参加方法

厳密にはAmazonブラックフライデーとポイントアップキャンペーンは別々に実施されるイベントなんですが、これまでずっと同時に開催されてきました。

ただAmazonタイムセール祭り中に開催されるポイントアップキャンペーンに参加するためには、
期間中または予告期間中にamazonキャンペーンページにサインインしておく必要があります。

Amazonブラックフライデーと同時開催のポイントアップキャンペーンページはこちら

画面に「ポイントアップキャンペーンにエントリー済み」と表示されれば、ポイントアップキャンペーンが利用可能な状態になります。

その上で、Amazonの対象商品から、キャンペーン期間中に合計10,000円(税込)以上の買い物をすることで、
購入金額に応じてポイントが付与されます。

Amazonブラックマンデーでポイント還元率は最大8%!

Amazonブラックマンデーでは下記の条件を満たすことでポイント還元率がドンドン高くなっていきます。

amazonプライム会員 +2%
amazonショッピングアプリを使う +3%
amazonのクレカ(master card)で決済する +3%

Amazonブラックマンデーが開催される前に事前に、

amazonプライムに会員登録

amazonショッピングアプリをインストール。

後は期間中に欲しい商品を買い物かごに入れていくだけで合計で5%還元、さらにamazonクレジットカード(master card)で決済すれば合計8%のポイント還元となります。

amazonプライム会員ならAmazonブラックフライデーにフラゲできる!

amazonプライム会員になるとAmazonブラックフライデーのポイント還元率が+2%になるだけではなく、タイムセールに30分早く参加できるようになります。

たった30分だけかよ?と思うかもしれませんが、ディズニーランドの15分アーリーエントリーと同じくらいの利用価値がありますよ。

Amazonブラックフライデー開催期間中、1日のうちに何度も数量限定のタイムセール品が出品されるんですが、割引率は50%は当たり前。

70%、80%割引も珍しくはないいし、普段はめったに割引されないアイテムだってAmazonブラックフライデーだけのセール価格で出品されることもあります。

そのため、一般会員だとセールが始まった時点で既に完売・売り切れになってしまうほど。

プライム会員の会費は、年額4,900円(月額408円)ですが入会後の30日間は無料体験期間です。

Amazonブラックフライデー期間中だけamazonプライム会員になるのも良いですが、月額408円とは思えないほどアマゾンプライムはサービスが充実しています。

amazonプライムビデオの動画コンテンツが見放題
容量無制限のデータクラウドが使い放題
対象商品送料無料
お急ぎ便対象商品無料対応
Prime対象ゲームを無料でプレイ可能

特にamazonプライムビデオは驚異的な人気があり、新作アニメがリアルタイムで追加されたり、話題の映画なんかもいち早く無料で見放題に成ったりします。

月額408円くらいはすぐに回収できるほどのコストパフォーマンスに優れているので、まだamazonプライム会員になっていなければ、この機会に会員登録してみてはいかがでしょうか。

Amazonプライムの30日間の無料体験を試してみるにはこちら

※amazonアカウントがあれば2~3クリックで登録手続きは完了します。

Amazonブラックマンデー買うべきもの

kindke,firestick,fireタブレットなど

Amazonタイムセール祭りやamazonブラックフライデーなどamazonのタイムセールにはAmazonデバイスが毎回登場しています。

ただセール開始と同時にAmazonデバイスが一気に販売開始されるわけではなく、
最初はEchoが販売開始されて、続けてKindleやFireタブレットシリーズなどが投入される感じです。

■Kindle本体

Kindle:¥8,980→¥〇〇〇
Kindle Paperwhite:¥13,980→¥〇〇〇
Kindle Oasis:¥29,980→¥〇〇〇
Kindleキッズモデル:¥10,980→¥〇〇〇

■Echoシリーズ

Echo Flex:¥2,980→¥〇〇〇
Echo Dot:¥5,980→¥〇〇〇
Echo Dot with Clock:¥6,980→¥〇〇〇
Echo:¥11,980→¥〇〇〇
Echo Plus:¥17,980→¥〇〇〇
Echo Studio:¥24,980→¥〇〇〇
Echo Show5:¥9,980→¥〇〇〇
Echo Show:¥27,980→¥〇〇〇

anker,appleのお得な目玉商品

Ankerといえばモバイルバッテリーや充電器が特に人気がありますが、
スマホ関連アイテム以外にもロボット掃除機やモバイルプロジェクターなどもあります。

Amazonタイムセール祭りでは数十種類以上のアイテムを30%以上の割引で販売するのが恒例ととなっています。

タブレット,充電器,ドラレコなど

■amazon Fireタブレット

Fire TV Stick:¥4,980→¥〇〇〇
Fire TV Stick 4K:¥6,980→¥〇〇〇
Fire TV Cube:¥14,980→¥〇〇〇
Fire7:¥5,980→¥〇〇〇
Fire HD8:¥8,980→¥〇〇〇
Fire HD10:¥15,980→¥〇〇〇
Fire7 キッズモデル:¥11,980→¥〇〇〇
Fire HD8 キッズモデル:¥14,980→¥〇〇〇
Fire HD10 キッズモデル:¥19,980→¥〇〇〇

充電器・モバイルバッテリー

amazonの充電器・モバイルバッテリー最新ランキングはこちら

ちなみに、amazonで不動の人気を誇るモバイルバッテリーがPowerCore Essential 20000(アンカー・ジャパン)

サイズはスマホより一回り大きいですが、スマホを約5回も充電できる大容量を誇り、重さはほかの大容量の商品と比べると343gと軽量です。

2台までなら同時充電も可能で値段も1万円を切る低価格となっています。

ドラレコなど

amazonのドラレコ最新ランキングはこちら

国土交通省ではバックカメラや後方検知システムといった「後退時車両直後確認装置」の装備を新型車などに順次義務付けることを発表。

クルマがバックするときの事故を防ぐため、車両のすぐ後ろを確認できるカメラや検知システム、ミラーなどの装備が義務化されます。

タイトルとURLをコピーしました