あめくみちこの若い頃から現在!出身高校や子供は?

スポンサーリンク
未分類

あめくみちこさんは薬師丸ひろ子さんのものまねが似てる!と評判となり、『オレたちひょうきん族』にも出演し当時はずいぶんと話題となった女優・タレント。

ただテレビ出演が減ったことから一時は病気を患って死去・死亡説も流れたあめくみちこさんの気になるプロフィールをまとめています。

スポンサーリンク

あめくみちこwikiプロフィール

かもめ あめくみちこさんインタビュー

名前:あめくみちこ
出身地:沖縄県宜野湾市
本名:佐藤 美智子(旧姓 天久)
所属事務所:オフィスボードビル
生年月日:1963年11月14日
年齢:57歳
血液型:B型
身長:161㎝
中学校:玉川学園中等部
出身高校:神奈川立生田高校

あめくみちこさんは8歳だった小学2年生の夏休み、父の仕事の関係で上京しました。

突然「東京に行く」と言い出したようで、当時はまだ返還前だったので、パスポートを取得して船に家具一式を積み込み、なかば夜逃げような引っ越しだったようです。

あめくみちこさんがまだ沖縄にいた当時はベトナム戦争中で、沖縄から爆撃機が毎日飛んでいて、騒音が凄かったと話しています。

東京で生活するようになったあめくみちこさんは高校に進学すると、友達に誘われて見に行った舞台に影響されて女優を目指すようになると、1983年に劇団東京ヴォードヴィルショーに入団。

オーディションでは劇団を主宰する佐藤B作さんから「若くてきれいだから問題なし!」と一発合格をもらうと、すぐに頭角を現したちまち看板女優に成長していきます。

以降は、女優として数多くのドラマや映画に出演し、ドラマ「弁護士高見沢響」では長らく久松啓子役として出演を続けていますが、
一時期は、急性肝炎。という病気を発症し入院している時期もあります。

ただ長期入院していたわけでもなく、2週間程度の入院で無事回復し、その後もコンスタントに映画・ドラマに出演を続けています。

あめくみちこの薬師丸ひろ子が似てる!

第5回ひょうきん歌謡大賞歌唱賞

あめくみちこの名前が世間に知れ渡るようになったのが、80年代の人気お笑い番組『オレたちひょうきん族』です。

あめくみちこさんは中学生の頃から薬師丸ひろ子によく似てる美人という評判が多く、
「ひょうきん歌謡大賞」というコーナーに参加をしたときには、薬師丸ひろ子さんと区別がつかない人もいたほど。

■薬師丸博子のプロフィール
本名:薬師丸 博子(やくしまる ひろこ)
生年月日:1964年6月9日
現在年齢:54歳
出身地:東京都
血液型:A型
身長:154.5㎝
所属事務所:個人事務所

あめくみちこの経歴

2017/8 『チック』あめくみちこさんコメント動画

あめくみちこさんは女優として2013年には「第20回読売演劇大賞優秀女優賞」を受賞し、1988年のドラマ「男が泣かない夜はない」から2021年まで毎年何らかの映画やドラマに出演を続けています。

■あめくみちこの出演映画
2010年
「歌うヒットマン!」 佐伯月子役

2005年
「竜馬の妻とその夫と愛人」

1999年
「豚の報い」

1995年
「BeRLiN」

1989年
「君は僕をスキになる」

■あめくみちこの出演ドラマ
2020年
「おかしな刑事 京都スペシャル 2」 夏井寧子役

2019年
「警視庁・捜査一課長スペシャル 正月スペシャル」 伊達巻役

2018年
「再捜査刑事・片岡悠介」 姉川恵津子役

2014年
「アリスの棘」- 有馬晴子

2013年
「孤独のグルメ」第一亭・店員

2012年
NHK朝ドラ「カーネーション」川上(元看護婦長)

2010年
「おふくろ先生の診療日記3~瀬戸内・小豆島編~」 井川智恵役

2009年
「いじわるばあさん」坂下松代

2007年
「地獄の沙汰もヨメ次第」 矢口徹子

2004年
「離婚弁護士」 高橋涼子

1999年
「検事霞夕子 「早朝の手紙」」 槙みさき役
「古畑任三郎」 日下部薫子

1996年
「ナースのお仕事」 加納洋子役

1995年
「新・女検事霞夕子 「輸血のゆくえ」」 志方希(志方範夫の妻)役

1994年
「警部補古畑任三郎」 安藤マネージャー

1993年
「地方記者 立花陽介」
「お目にかかれてうれしいわ」
「ポケベルが鳴らなくて」村上真奈美
NHK朝ドラ「かりん」 原口祥子

1992年
「素顔のままで」 高木麻子役
「悲しくてやりきれない」

1991年
「それでも家を買いました」 斉藤緑役
「太平記」新田保子

1989年
「明日はアタシの風が吹く」
「君の瞳をタイホする!」
「君が嘘をついた」

1988年
「男が泣かない夜はない」 清沢恵

あめくみちこのツイッターやインスタグラム

あめくみちこさんはツイッターやインスタグラムにはアカウントを開設していないようです。

あめくみちこの高校や大学など学歴は?

あめくみちこさんは大学に進学していないものの、玉川学園中等部から神奈川立生田高校に進学しています。

劇団東京ヴォードヴィルショーに入団したのは、ちょうど高校卒業が機会となっています。

あめくみちこの身長・体重は?

あめくみちこさんの体重については具体的な数字は公表されていないものの身長は155㎝です。

あめくみちこの結婚した旦那は佐藤B作

あめくみちこさんの旦那は俳優の佐藤B作さんです。

佐藤B作さんといえば、あめくみちこさんも所属する劇団「東京ヴォードヴィルショー」の主催者で、入団オーディションでももちろん審査員を務めていました。

佐藤B作さんは、(その見た目に反して)モテモテで女性関係はかなり乱れていたようです。

劇団の稽古が終わるやいなや、お金を持っていそうな女性を捕まえては飲み屋に足を運び、料理やお酒を奢ってもらって豪遊。

結婚も、あめくみちこさんが初めてではなく離婚経験がありますが、バツイチどころか離婚は少なくとも4回(5回という説もあります)。

佐藤B作さんの4度目の結婚相手の嫁が亡くなったことをきっかけにあめくみちこさん結婚を決意されたようです。

佐藤B作さんは福島県福島市出身で、商社マンもしくは外交官を目指して早稲田大学商学部に進学し上京するも、喫茶店で見たドラマに刺激を受け俳優を志すように。

早稲田大学の演劇サークル「劇団木霊」に入部して演技のキャリアを積むと、
1982年から放送がスタートした萩本欽一さんの冠番組「週刊欽曜日」のレギュラー出演をきっかけに全国的な人気を獲得しています。

あめくみちこさんと佐藤B作さんは同じ劇団に所属していることから、やはり衝突することが多いらしく、
過去には、あめくみちこさんと佐藤B作さんと夫婦のケンカがあまりにもひどかったことから、マンションの上の階に住んでいる方が仲裁に入ったこともあるほど。

ただ、あめくみちこさんと佐藤B作さんは「喧嘩するほど仲が良い」のとおりで、あめくみちこさんが急性肝炎で入院を余儀なくされたときには、
普段家のことは全くやっていなかったため佐藤B作さんが、病気の奥さんを支えるために奮闘。

あめくみちこさんが下着類などの手配を佐藤B作さんにお願いしたところ、ガードル下着ような入院生活では避けたいものばかりで、結局、自分ですべてそろえたそうです。

逆に、佐藤B作さんが2007年頃人間ドックで胃がんになっていることがわかったときには、やはり、あめくみちこさんが献身的に支えています。

佐藤B作さんはすぐに手術を受ける必要があったものの、地方公演中だったことことから、2008年4月の千秋楽を終えてから胃の2/3を摘出する手術を受けます。

しばらくの療養生活を経て仕事にも復帰していますが、2010年に再びお腹の中に小さな肉芽が見つかりまた長期休養を余儀なくされていました。

佐藤B作さんは2000年代まで数多くの映画やドラマに出演をしていましたが、病気を機に出演数は減ってしまったものの、
2019年3月にはドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」の最終話に物語のキーマンとなる草津寛治役として出演しています。

あめくみちこの子供は?

あめくみちこさんと佐藤B作さんの間には佐藤銀平さんという息子がいますが、あめくみちこさんにとっては血のつながりがありません。

佐藤銀平さんの生年月日が「1977年10月19日」と佐藤B作さんと結婚する前であるように、佐藤B作さんが2番目の嫁「幸子さん」との間に授かった子供になります。

佐藤銀平さんは学習院大学中退後、サスペンデッズという劇団を設立し、父親と同じく俳優業をしています。

あめくみちこは継母に当たるわけですが、実母は心臓内科の開業医をされていましたが、持病があり療養のためによく沖縄を訪れていたそうです。

ところが、息子さんが大学生の頃に沖縄の離島でスキューバーダイビングの事故で命を落としています。

そんな佐藤銀平さんも、父親に負けず劣らずのプレイボーイのようで、結婚して2人の子供さんに恵まれたものの女性問題で離婚してしまったようです。

ワケあり親子の家族秘話
黒柳徹子が佐藤B作と息子の佐藤銀平についてトーク。佐藤銀平は劇団の舞台に出ていたがB作に内緒で辞めたことを話した。B作は67で銀平は38歳だと話し、黒柳徹子は若く見えると語った。銀平はB作と親子だと言いたくなかったとし、小さいころにB作が有名になり言われたことが嫌だったと明かした。2人は小学6年生までは一緒に住んでいたが、B作が家出してしまったという。また、萩本欽一の別荘に招かれたときの写真が公開された。
佐藤B作が妻が亡くなったことについてトーク。胸が悪く、離島に行くと楽になると話して良く行っていた。B作の妻は1人で離島に行きダイビング中間と海へ出たときに船から突然いなくなったという。B作は応援してくれていたことを振り返った

親子で反省…“女性問題”を激白
佐藤銀平が父B作の家出についてトーク。黒柳徹子はB作が妻以外の女性を好きになってしまったのが問題だと話した。B作は妻は自分が家を出て少し帰るときも怒らずに優しく言われたと語った。優しく言われたが家出は続けていて、銀平はしょうがないところもあるが母は辛かったのではないかと話した。実は銀平も離婚していて、父と同じ道を踏まないように気をつけていたが気付いたら同じ道にいたと明かした。

https://datazoo.jp/
タイトルとURLをコピーしました