浅草キッドでたけし役は特殊メイク?誰が最後・最初?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

ネットフリックス「浅草キッド」でビートたけし役は特殊メイク?

スポンサーリンク

浅草キッドでたけし役は特殊メイク?誰が最後・最初?

Netflixで「浅草キッド」で最初と最後に現在(晩年)のビートたけしさんが登場しますが主演の柳楽優弥さんが特殊メイクをして演じました。

回想シーンのビートたけし役も主演の柳楽優弥さんが特殊メイクをして演じたようです。

声は吹き替えで、たけしさんのモノマネをする松村邦洋さんがやっています。

その松村さんが柳楽さんにマンツーマンでたけしさんの演技指導を行い、後ろ姿や歩き方はビートたけしさんにそっくり。

そこにビートたけし愛の強い劇団ひとりさんが演出したわけですから、あれだけのクオリティーを出せたのだと思います。

本物のたけしさんに演じてもらってもよさそうですが、やはりたけしさんの心情を描いているシーンで本人に演じてもらうのはおこがましく思ったのかもしれませんし、たけしさんもあえてこの映画制作には関わらないようにしたようです。

そのかわり『好きなように作っていいから。』と言ってくれたそうです。

ちなみに、首をひねるような仕草は若い頃からありました。当時もよく明石家さんまさんとかB&Bの洋七さんとかに真似されネタにされていましたから。

顔のほうのチックはたしかに事故の後遺症からだと思います。

【80s】 懐いお笑い ツービート 伝説の漫才

劇団ひとり×大泉 洋×柳楽優弥。3人が語るビートたけしと『浅草キッド』

劇団ひとりが監督・脚本を手掛け、大泉 洋と柳楽優弥が共演する、ビートたけしの原点を描くNetflix映画『浅草キッド』が12月9日から世界一斉配信される。話題作の裏側と作品に込めた想いを3人に伺った。

かつては浅草の劇場で前座芸人をしながら芸を磨き、テレビに進出するや漫才コンビ「ツービート」で一世を風靡。その後は俳優や映画監督など活躍の場を次々と広げ、今や「世界の」と冠して呼ばれる北野 武さん。その成功の陰には彼が永遠の師匠と慕う幻の浅草芸人・深見千三郎の存在がありました。

そんな浅草時代の深見師匠との思い出をたけしさんが自ら綴った自伝小説『浅草キッド』がこの度、Netflixで映画化されることに。
https://news.yahoo.co.jp/articles/0131b337d94cfa4683d457276a952f9939c4f5e9

タイトルとURLをコピーしました