アタアタ・モエアキオラwiki経歴(出身,大学,所属チーム)は?ラグビーW杯2019日本代表

ラグビーW杯2019日本代表には2015のラグビーW杯出場者だけではなく今回が日本代表初選出となった選手もいます。

アタアタ・モエアキオラは年齢が20代前半と若く、
今回がラグビーW杯2019日本代表初選出で、ウィングでの快速プレーが期待されています。

アタアタ・モエアキオラwiki経歴(出身,大学,所属チーム)は?

  • 本名:Ataata MOEAKIOLA
  • 身長:185cm
  • 体重:114kg
  • 生年月日:1996年2月6日
  • 年齢:23歳
  • 高校:目黒学院高校
  • 大学:東海大学
  • 出身国:トンガ
  • 所属チーム:神戸製鋼コベルコスティーラーズ
  • ポジション:センター(CTB)、ウィング(WTB)、スタンドオフ(SO)

好きな歌手は小田和正。試合前には音楽を聴いて集中力を高めている。愛称は「アタ」「キオラ」。

アタアタ・モエアキオラは高校ラグビーの古豪として知られる
目黒学院高校に留学生としてトンガより2015年に来日。

目黒学院高校ラグビー部は高校ラグビー選手権(花園)で優勝5回の実績を残していて、
アタアタ・モエアキオラは2年生の時に花園に出場を果たしています。

高校時代は主にSOとしてプレーしていたようですが、
東海大学在学中にセンター(CTB)、ウィング(WTB)での出場が増えたようです。

2018年の大学4年時は東海大学のキャプテンとして関東大学リーグ戦で優勝に導くものの、
大学選手権では準々決勝敗退というほろ苦い形で大学ラグビーを卒業します。

しかしアタアタ・モエアキオラは翌年の2019年には、
東海大学に在学中のままスーパーラグビーのチーム「チーフス」に入団。

2月15日のハイランダーズ戦でリザーブとしてスーパーラグビーデビューを果たすという、
日本のラグビーの歴史上、国内トップリーグを抜いて
大学からスーパーラグビーで直接デビューした最初の1人となりました。

3月にスーパーラグビーシーズンが終了し東海大学も卒業をすると、
国内トップリーグの神戸製鋼コベルコスティーラーズに加入し現在に至ります。

ラグビーW杯2019日本代表ではおそらく右ウィング14番での起用が多いんじゃないかと思われます。

アタアタ・モエアキオラのプレー動画集(youtube)

Japan's U20 powerhouse Ataata Moeakiola bags hat-trick!

U20日本vs南ア戦ではアタアタ・モエアキオラは3トライを記録。

スーパーラグビーのブランビーズ戦では初先発&初トライを決めます。

ROUND 2 HIGHLIGHTS: Brumbies v Chiefs – 2019

14番をつけたアタアタ選手が前半28分に、
2対2の状況でしなやかなステップで相手を置き去りトライを決めます。

アタアタ・モエアキオラの日本代表歴は?

  • 高校1年 高校日本代表には
  • 高校2年 高校日本代表
  • 東海大学1年 U20日本代表

日本代表にいは2016年4月30日に行われた
2016年アジアラグビーチャンピオンシップ第1戦となる韓国戦の途中出場で
日本代表デビューを果たしています。

今回は残念ながらラグビーW杯2019日本代表選手とはならなかった
テビタ・タタフという選手とは、同じトンガで中学3年からのラグビー中まで、
同じタイミングで目黒学院高校に留学し、大学もアタアタ・モエアキオラと同じ東海大学に進学。

NO8(ナンバーエイト)のテビタ・タタフも、2016年アジアラグビーチャンピオンシップ第1戦韓国戦で
先発出場で日本代表デビューを果たしていて、現在は、サントリーサンゴリアスでプレーをしています。

アタアタ・モエアキオラと同じくまだ23歳という若さですから、
次のラグビー日本代表候補となるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました