ラグビーW杯2019オールブラックスのキャンプ地見学や宿泊ホテル・練習場は?#ニュージーランド代表

ラグビーワールドカップ2019では3連覇のかかる
オールブラックス(ニュージーランド代表)は9月7日にトンガとの代表戦を終えると、
9月9日(月)に早くも来日する予定となっています。

ラグビーワールドカップ2019期間中のキャンプ地・宿泊ホテル・練習場・移動手段などの詳細は、
セキュリティ確保の観点から非公表となっているものの事前キャンプについては、
かなり詳しい情報が発表されているのでキャンプ地見学も出来そうです。

ラグビーW杯2019オールブラックスのキャンプ地はどこ?

ラグビーワールドカップ2019本大会開催に先駆けて、
オールブラックス(ニュージーランド代表)が下記の日程で事前キャンプを行います。

2019年9月10日(火)~14日(土)

千葉県柏市にある「柏の葉」と呼ばれる地域で、

  • 柏の葉総合競技場(屋外練習場)
  • 柏の葉カンファレンスセンター(ミーティング)
  • 三井ガーデンホテル柏の葉(宿泊ホテル)
  • 柏の葉小学校(屋内練習施設)

といった施設がオールブラックス(ニュージーランド代表)のキャンプ地として使用される予定となっています。

また、キャンプ最終日となる9月14日(土)11:00-16:00には
オールブラックス(ニュージーランド代表)選手5名が登場する
応援イベントが開催されることが決まっています。

内容や場所、登場する選手についてはについてはまだ明らかになっていないものの、
場所に関しては柏の葉総合競技場で、ラグビー体験などが主な内容になってくるんじゃないでしょうか。

オールブラックス(ニュージーランド代表)の宿泊ホテルは?

オールブラックス(ニュージーランド代表)の総勢約60名の選手、スタッフが宿泊するホテルは、

三井ガーデンホテル柏の葉(〒277-0871 千葉県柏市若柴178?4 柏の葉キャンパス148街区2)

だと発表されています。

柏の葉キャンパス駅より徒歩2分という立地で電車移動には抜群に良いものの、
オールブラックス(ニュージーランド代表)の選手が電車に乗ることはなさそうですね。

三井ガーデンホテル柏の葉には天然温泉も備えた部屋があるようで、
他にも調理スタッフ用にキッチンや各種家電などを備えた29室のサービスアパートメントも完備しているとのこと。

宿泊ホテルの三井ガーデンホテル柏の葉と、ミーティング施設の柏の葉カンファレンスセンターは
建物が続いているようで、最大400名収容可能な大型ホールなどが用意されています。

オールブラックス(ニュージーランド代表)の練習場は?

ラグビーワールドカップ2019に備えてオールブラックス(ニュージーランド代表)が最終調整を行う練習場は、

  • 柏の葉総合競技場(屋外練習場)
  • 柏の葉小学校(屋内練習施設)

が用意されています。

柏の葉総合競技場は日本のラグビートップリーグでも使用されるスタジアムで、
収容人数は2万人。

オールブラックス(ニュージーランド代表)のキャンプ期間中には
競技場内に仮設のジムスペースも設置されるとのこと。

柏の葉小学校は「屋内練習施設」として使用される予定で、
水深調整も可能な屋根付きの最新プール施設があるなど、
2012年に環境に配慮した建築物に贈られる千葉県建築文化賞を受賞しています。

オールブラックス(ニュージーランド代表)キャンプ地までのアクセスは?

オールブラックス(ニュージーランド代表)の宿泊ホテルや練習場は、
いずれも「柏の葉キャンパス」駅が最寄駅となっています。

秋葉原からだとつくばエクスプレスで30分
車なら常磐自動車道「柏IC」が最寄ICで、
首都高速道路に乗ると羽田空港・成田空港にもスムーズに移動できる立地です。

ちなみに、オールブラックス(ニュージーランド代表)のキャンプ期間中には、
「オールブラックスシティドレッシング」として、電車やバスが
オールブラックス(ニュージーランド代表)カラーに染まります。

  • つくばエクスプレスのトレインジャック
  • 東武バスのラッピングバス

などが施されるほか、柏駅周辺や柏の葉キャンパス駅なども、
オールブラックスのビジュアルで装飾されます。

ラグビーW杯2019オールブラックス(ニュージーランド代表)試合日程

ラグビーWC2019オールブラックス(ニュージーランド代表)は、
下記の日程で予選の試合が予定されています。

  • 9月21日(土)18:45 ニュージーランド×南アフリカ 横浜国際総合競技場(プールB)
  • 10月2日(水)19:15 ニュージーランド×カナダ 大分スポーツ公園総合競技場(プールB)
  • 10月6日(日)13:45 ニュージーランド×ナミビア 東京スタジアム(プールB)
  • 10月12日(土)13:45 ニュージーランド×イタリア 豊田スタジアム(プールB)

これらの試合で上位に入ることができれば、
決勝トーナメントに駒を進めることができます。

なお、ラグビーWC2019の大会期間中の宿泊ホテル・滞在先などは明らかにされていないものの、
ツイッターでは下記のような感じになるのでは?と予想されています。

  • 9月21日(横浜):浦安市(アークス浦安パーク)
  • 10月2日(大分):別府市(実相寺多目的グラウンド)
  • 10月6日(東京):東京C(秩父宮ラグビー場)
  • 10月12日(名古屋):一宮市(光明寺公園球技場)

ラグビーW杯2019オールブラックス(ニュージーランド代表)メンバー一覧

フッカー(HO)
デイン・コールズ(32歳、ハリケーンズ/ウェリントン、184cm/108kg、60キャップ)
コーディー・テイラー(28歳、クルセイダーズ/カンタベリー、183cm/111kg、41キャップ)
リーアム・コルトマン(29歳、ハイランダーズ/オタゴ、185cm/109kg、4キャップ)
アサフォ・アウムア(22歳、ハリケーンズ/ウェリントン、177cm/108kg、初選出)

プロップ(PR)
オーウェン・フランクス(31歳、クルセイダーズ/カンタベリー、185cm/118kg、106キャップ)
ジョー・ムーディー(30歳、クルセイダーズ/カンタベリー、188cm/112kg、37キャップ)
オファ・トゥウンガファシ(27歳、ブルーズ/オークランド、195cm/129kg、26キャップ)
ネポ・ラウララ(27歳、チーフス/カウンティーズ・マヌカウ、184cm/116kg、17キャップ)
カール・トゥイヌクアフェ(26歳、ブルーズ/ノースハーバー、185cm/135kg、13キャップ)
アンガス・タアヴァオ(29歳、チーフス/タラナキ、194cm/124、3キャップ)
アトゥ・モリ(24歳、チーフス/タスマン、189cm/127kg、初選出)

ロック(LO)
サム・ホワイトロック(30歳、クルセイダーズ/カンタベリー、203cm/120kg、108キャップ)
ブロディー・レタリック(28歳、チーフス/ホークスベイ、204cm/121kg、75キャップ)
パトリック・トゥイプロトゥ(26歳、ブルーズ/オークランド、198cm/120kg、21キャップ)

ロックorフランカー(LOcm/FL)
ジャクソン・ヘモポ(25歳、ハイランダーズ/マナワツ、195cm/112kg、3キャップ)

フランカーor no8(FLcm/NO8)
キアラン・リード(33歳、クルセイダーズ/カウンティーズ・マヌカウ、193cm/110kg、118キャップ)※キャプテン
サム・ケイン(27歳、チーフス/ベイ・オブ・プレンティ、189cm/103kg、60キャップ)
アーディー・サヴェア(25歳、ハリケーンズ/ウェリントン、188cm/102kg、35キャップ)
マット・トッド(31歳、クルセイダーズ/カンタベリー、185cm/105kg、17キャップ)
ヴァエア・フィフィタ(27歳、ハリケーンズ/ウェリントン、196cm/111kg、9キャップ)
シャノン・フリゼル(25歳、ハイランダーズ/タスマン、195cm/108kg、4キャップ)
ダルトン・パパリイ(21歳、ブルーズ/オークランド、193cm/113kg、2キャップ)
ルーク・ジェイコブソン(22歳、チーフス/ワイカト、189cm/103kg、初選出)

スクラムハーフ(SH)
アーロン・スミス(30歳、ハイランダーズ/マナワツ、169cm/83、82キャップ)
TJ・ペレナラ(27歳、ハリケーンズ/ウェリントン、184cm/94、55キャップ)
ブラッド・ウェバー(28歳、チーフス/ホークスベイ、172cm/75、1 cap)

スタンドオフ(SO)
ボーデン・バレット(28歳、ハリケーンズ/タラナキ、187cm/92kg、73キャップ)
リッチー・モウンガ(25歳、クルセイダーズ/カンタベリー、176cm/86kg、9キャップ)
ジョシュ・イオアネ(23歳、ハイランダーズ/オタゴ、176cm/85kg、初選出)

センターバック(CTB)
ソニービル・ウィリアムズ(33歳、ブルーズ/カウンティーズ・マヌカウ、194cm/108、51キャップ)
アントン・レイナートブラウン(24歳、チーフス/ワイカト、185cm/96 、33キャップ)
ンガニ・ラウマペ(26歳、ハリケーンズ/マナワツ、178cm/103、10キャップ)
ジャック・グッドヒュー(24歳、クルセイダーズ/ノースランド、187cm/100、7キャップ)
ブライドン・エノー(24歳、クルセイダーズ/カンタベリー、187cm/94、初選出)

ウィングorフルバック(WTBcm/FB)
リーコ・イオアネ(22歳、ブルーズ/オークランド、189cm/102kg、24キャップ)
ジョージ・ブリッジ(24歳、クルセイダーズ/カンタベリー、186cm/96kg、1 cap)
セヴ・リース(22歳、クルセイダーズ/ワイカト、179cm/87kg、初選出)
ベン・スミス(33歳、ハイランダーズ/オタゴ、186cm/91kg、76キャップ)
ジョーディー・バレット(26歳、ハリケーンズ/マナワツ、196cm/96kg、9キャップ)

ユーティリティバック(Utility BK)
ジョーディー・バレット(22歳、ハリケーンズ/タラナキ、9キャップ)
ブライドン・エノー(21歳、クルセイダーズ/カンタベリー、初選出)

このうち、ラグビーワールドカップ2015優勝メンバーは、

  • デイン・コールズ
  • コーディー・テイラー
  • オーウェン・フランクス
  • ブロディー・レタリック
  • サム・ホワイトロック
  • サム・ケイン
  • アーロン・スミス
  • TJ・ペレナラ
  • ソニービル・ウィリアムズ
  • ベン・スミス

がいます。ダミアン・マッケンジーも代表メンバーの期待があったものの、
残念ながら前十字靭帯断裂の怪我で代表に漏れてしまいました。

タイトルとURLをコピーしました