イングランド・フランス戦のラグビー試合中止!勝ち点・順位は?再試合は?

台風19号(ハギビス)の接近に伴い、日本列島各地で次々とイベント開催の中止が発表されていますが、
やはりというか当然というか、ラグビーワールドカップ2019もとうとう試合中止が発表される模様です。

10月12日に試合が行われる予定だった

  • イングランド・フランス戦
  • ニュージーランド・イタリア戦

の2試合が試合中止となるようです。

イングランド・フランス戦試合中止で勝ち点・順位は?

ラグビーワールドカップ2019では試合中止となった場合には、
日程の関係で試合延期・再試合は行わずに「引き分け」として扱うこととなっていました。

引き分けの場合の勝ち点は両チームに2点が与えられることになります。

イングランドとフランスが争う予選リーグのプールCの現時点の順位・勝ち点は

  • 1位 イングランド 勝ち点15
  • 2位 フランス 勝ち点13
  • 3位 アルゼンチン 勝ち点11
  • 4位 トンガ 勝ち点1
  • 5位 アメリカ 勝ち点0

となっていました。

3位のアルゼンチンは10月9日にすでに全4試合を終えていましたので、
1位から3位までの順位が変わることはなかったため、
プールCではイングランドとフランスの予選突破・決勝進出が決まっていました。

ただ、引き分けとなった場合、順位は1位イングランド、2位フランスとなるため、
ベスト8で戦う相手が現在の順位で決まることになります。

イングランド・フランス戦試合中止で代替会場での再試合は?

ラグビーワールドカップ2019のもともとの規定では試合中止となった場合は
再試合を行わずに試合中止・引き分け扱いとされていましたが、先日の報道で、
代替会場で無観客試合を行う可能性が示唆されています。

代替会場の無観客試合という形で再試合が行われるのであれば、
おそらく試合中止・引き分けとするのではなくて、
ラグビーワールドカップ2019公式試合を行い、
きっちりと勝ち点・順位を決めるのではないかと思われます。

イングランド・フランス戦の試合中止に関するツイッターの反応

ラグビーワールドカップ2019でイングランド・フランス戦が試合中止となれば、
一番うれしいのはイングランドでしょうね。

戦わずして1位を確定させることができたわけだし、
決勝トーナメントまでしっかりと選手は体を休めることができます。

逆に試合中止にならずに決勝進出を最後まで争い4試合を消化したチームは、
休息日が短くなったり、怪我のリスクもある分、不利になったと言えます。

タイトルとURLをコピーしました