イリノイ州のゴリラエリアに男児転落するもビンディが救出!

スポンサーリンク
0未分類

1996年8月16日、アメリカ・イリノイ州の動物園「ブルックフィールド動物園」ゴリラの展示ブースの柵から3歳の子供が転落する事故が起こります。

ゴリラは一般的に縄張り意識はなく攻撃的ではないものの、それでも慎重で警戒心が強い生物です。

他の動物が近くに寄って来たり、それが動きが素早く活発な動物であれば脅威・ライバルと見て威嚇するほかエネルギーの余った若いオスのゴリラは手荒に扱ってくることもあります。

柵は10メートル近い高さがあり、転落した子は意識を失っていたことから、絶体絶命!と思われたものの、奇跡的な生還をとげます。

Brookfield Zoo gorilla rescues little boy who fell into the ape pit At Zoo
スポンサーリンク

イリノイ州のゴリラエリアに男児転落するもビンディが救出!

1996年8月16日、ブルックフィールド動物園では、幼児が15フィート以上の高さから転落し、7頭のゴリラの近くに着地するのを、大勢の来園者が恐怖の眼差しで見守っていました。

コンクリートの上に倒れている3歳の男の子に最悪の事態が起こることを予想して、動物園の利用者が助けを求めていると、思いがけないヒーローが現れました。

ビンディ(Binti Jua)と呼ばれる母ゴリラが、ほかのどのゴリラよりもすばやく駆け寄ると、やさしく子供を抱き上げ、他のオスゴリラが近づかないようにします。

職員たちが回収できるようにと飼育員用のドアの前まで連れて行きました。スタッフらが救助に現れるまで側にいて守り続けたという。

その後飼育員によって子供は救出されました。

落下して意識を失っていた男の子は救急隊員が到着したときには意識を取り戻していて泣いていたものの、病院で治療を受け、完全に回復したとのことです。

一部始終は撮影され、当時世界中で報道された。

なお、同様の事故は1986年にもイギリス領ジャージー島でも起きている。5歳の男の子が転落したこの事件では、シルバーバックのオスゴリラが群れの他のゴリラを牽制し、救助に一役買っている。このゴリラは一躍ヒーローとなり、切手にもなったそうだ。

しかし別のケースでは、転落した男児をつかんで引きずり回してしまったため、やむを得ずゴリラを射殺した事故もありまsう(ニシローランドゴリラ・ハランベ)

当時の様子を撮影した動画にでは、ハランベは子どもを守るような行動も映っていたことから、ハランベは本当に射殺される必要があったのか?大きな議論となりました。

アトランタ動物園の元園長テリー・メープル氏によると「オスのゴリラは赤ちゃんゴリラの足首や手を掴んで走り回ることがある」と話しています。

ただ一方で、彼女は子どもの命を優先した動物園側の決断に理解を示しています。

ビンティ・ジュア

ビンティ・ジュアは、アメリカ・シカゴ郊外のイリノイ州ブルックフィールドにあるブルックフィールド動物園にいるニシローランドゴリラのメスです。

ビンティ・ジュア(スワヒリ語で「太陽の娘」の意)は、ゴリラのココの姪であり、ココの言語能力は科学的な研究の対象となっています。

母親のルルはブロンクス動物園出身で、コロンバス動物園・水族館で暮らしていましたが、2011年1月24日に亡くなりました。父親は、サンフランシスコ動物園のサンシャイン。

ビンティ・ジュアには、エイブという野生生まれのシルバーバックとの間にクーラという娘がいます。

また、ジャック・バーダルが赤ちゃんのときに購入し、サーカスのスタントをするように訓練された野生のシルバーバック、ラマーとの間にもバカリという息子がいます。

ラマールは『Jungle to Stage』という本に影響を与えました。バカリは異母兄のナダヤとともにセントルイス動物園にいる。ビンティには3人の孫娘がいる。

娘のクーラとシルバーバックのラマールとの間に生まれたカンバ、クーラとシルバーバックのジョジョとの間に生まれたノラ、そして同じくクーラとジョジョとの間に生まれたアリです。

また、Kambaとの間にはZacharyという名の曾孫がいます。

1996年8月16日、ビンティ・ジュアが8歳のとき、3歳の男の子がゴリラの展示室の壁をよじ登り、24フィート(7.3メートル)の高さから下のゴリラの囲いの中に落下し、手を骨折し、顔の横に大きな傷を負った。

観客が悲鳴を上げる中、ビンティは意識を失った少年に向かって歩き出しました。ビンティはその子を抱きかかえて横になっていると、階下の囲いへのシフトドアが開く音が聞こえた。生後17ヶ月の赤ちゃん、クーラは事件の間中、彼女の背中にしがみついていました。ビンティはこの事件で国際的なメディアに注目され、その後何ヶ月もの間、動物園の職員から特別なご馳走や食べ物をもらい、来場者からも注目されていた

この事件の後、ビンティの行動が動物園の訓練によるものなのか、動物の利他主義によるものなのか、専門家の間で議論になった。ビンティは、他のゴリラが野生で育てたのではなく、人間の手で育てられたため、乳児の世話をしたり、子供を人事部に連れて行って検査を受けさせたりするために、特別な訓練を受けなければならなかったのだ。一方、霊長類学者のFrans de Waalは、Binti Juaを動物の共感性の例として挙げている。

動物(特に霊長類)が見かけ上の利他性を示す例は他にもたくさんある。ビンティとよく似た状況で、ジャージー動物園のジャンボというオスのゴリラが、囲いの中に落ちてきた5歳の子供を保護した。ジャンボは子供の世話をする訓練を受けておらず、飼育下で自分のゴリラの母親に育てられたため、子供が自分の助けを必要としていることを本能的に感じての行動だったのかもしれません。同じような行動は、チンパンジーにも見られ、襲われた後などにお互いを慰めるように見えます。

タイトルとURLをコピーしました